卒業生が語る“現在”

看護医療学科 2012年3月卒業|大阪市立総合医療センター 勤務|三木 須未佳さん

失敗と経験を繰り返しながら、一歩ずつ自分のペースで前へ。

大好きだった祖母の入院がきっかけで、「看護師になる」という夢を持ちました。毎日優しく祖母に声をかけてくれる看護師さんの姿を見て、「私もあんなふうになりたいな」って自然に思うようになったんです。昨年その夢が叶い、今は大阪にある総合医療センターで看護師として患者さんと向き合っています。現場では失敗と経験を繰り返す毎日。正直なところ、今はまだ思うようにいかないこともたくさんあります。でも、そんな時は大学の実習で学んだことを振り返ったりしながら、一歩ずつ自分のペースで前に進んでいます。

実習を現場に活かす“実践型”看護の強み。

入職後に配属されたのは、一般病棟とICU(Intensive Care Unit/集中治療室)の中間にある病棟です。中には声が出せない患者さんもいらっしゃいますから、全室モニター管理のもと、チーム全員が緊張感を持って働いています。はじめのうちは会話ができない患者さんへの看護に戸惑い、よくチームの先輩に相談していました。病院は患者さんの命をお預かりしている現場なので、病棟の雰囲気に馴染むまでに少し時間がかかってしまうこともあります。ただ、私の場合は大学で看護の“実践力”を叩き込んでもらったおかげで、現場の看護師が行っている基本的なケア方法についてはスムーズに実行することができました。今の医療現場に求められているスキルを学内外の実習で学べるのは、畿央大学の強みですね。

身を持って教えてくださる患者さんがいるから、私たちは看護師でいられる。

とはいえ実習は「とにかく辛かった!」というのが今の正直な感想です。いちばん印象に残っているのは、「慢性期看護学実習」です。私が担当した患者さんは肺がんを患っていて、精神的にも少しナイーブな状態でした。ある日突然、「あなたは嫌だから来ないで!」と言われてしまい…本当に落ち込みましたね。患者さんから拒否されたのは、それが初めてのことでした。でも、「そうなった原因は必ず自分にもある」って考え直したんです。だから諦めずに病室を覗いてみたり、些細なことでもこちらから笑顔で声をかけてみたりと、いろんな方法でその方と向き合い続けました。そして実習最後の日。最後のご挨拶をしようと病室に顔を出すと、患者さんの方から「ありがとう。頑張ってね。」と声をかけてくださったんです。私たちは患者さんがいるから看護師でいられる―。そんなことを教えていただいた出来事でした。

実習を現場に活かす“実践型”看護の強み。

私は看護医療学科の一期生として入学したんですが、今思えば同じ学科の80人全員が仲良しというのはすごいことですよね。みんなで食堂に集まって、ありったけの知恵をふり絞りながらテストに臨んだ毎日がすごく懐かしい!大学で過ごした4年間は、みんなとの絆で乗り越えた思い出でいっぱいです。こんなことを話していると、またみんなに会いたくなっちゃいますね。もう一つの魅力は、先生との距離が近い環境で実習に臨めるということ。わからないところは目の前の先生がその場で解決してくれたので、課題に疑問を残さずに次のステップに進むことができました。看護師が活躍できる場所は病院だけではありません。資格があれば、街の小さなクリニックや介護施設でも同じように働くことができます。看護師は、自分の可能性をどこまでも広げられるやりがいのある仕事です。私は病院の看護師として、これからも目の前の患者さんをひとりの人間として尊重する気持ちを大切にしていきたいと思っています。

  • 学部・大学院・専攻科一覧へ
  • 卒業生が語る現在一覧へ
  • 看護医療学科ページへ