畿央大学が求める学生像

畿央大学では、建学の精神及び教育目標に即した学生を受け入れるために、アドミッションポリシーを定め、次のような学生を求めています。

大学

畿央大学のすべての学部、学科は生命の尊厳を基盤に、豊かな人間性と徳性を培い、専門的知識と的確な技術をもって地域社会及び国際社会に貢献する人材を養成することを目標としています。そのためには幅広い教養と高い専門性に加えて、相互の理解や連携をすすめ、問題解決能力を育てることが必要です。授業では体系的な教養教育、専門教育とともに、学外実習・インターンシップ・ボランティア活動など、理論と実践の一体的理解を図るための取組が多くなされます。
求める人材は以下のような学生です。

 

1.本学の各学科で学ぶのにふさわしい基礎的な知識や学ぶための技能を身につけた者

2.高校までの学習を通して思考力や表現力などの能力を身につけた者

3.自ら主体性を持って学ぶ態度、知的探求心を身につけた者

 

本来は3つの能力がすべて備わることで本学における高度な学びが可能となります。しかし一方で、大学教育には多様な学生が他者と協働して切磋琢磨することで成長する側面があります。ゆえに入学者選抜では上記3つの能力について、多面的、あるいは総合的に評価できる入学者選抜を行い、将来性のある多様な学生を受け入れます。

学科毎の求める人材は以下の通りです。

 

健康科学部 理学療法学科

  • 理学療法士の仕事について関心があり、基本的な内容を理解している者
  • 理学療法の知識や技術を深め、さらに発展させようとする意欲や科学的探究心を有する者
  • 高等学校における教科・科目を文理ともに広く学習し、高い基礎学力を有している者

 

健康科学部 看護医療学科

  • 人間に対する深い愛情と洞察力を有し、職業人として医療に携わるのにふさわしい人格と豊かな人間性を備える者
  • チーム医療を担うための協調性と柔軟性を有する者で、チームの中核となり社会に貢献することをめざす者
  • 高等学校における教科・科目を文理ともに広く学習し、高い基礎学力を有している者

 

健康科学部 健康栄養学科

  • 健康と食、栄養の関わりについて深い関心を有する者
  • 将来管理栄養士として栄養管理や栄養指導を行うことのできる情報収集、分析、伝達能力の資質を有する者
  • 高等学校における教科・科目の中でも特に化学について基礎学力を有している者

 

健康科学部 人間環境デザイン学科

  • 快適な住まいづくりやまち(地域)づくり、身のまわりのデザインに興味を有する者
  • 住む人、使う人の立場で居住環境と健康の関わりについて深い関心を有する者
  • 高等学校で履修する教科・科目全般にわたる基礎学力を十分に身につけた者

 

教育学部 現代教育学科

  • 学校生活の経験をとおして、学校や教育への親しみや関心を抱いている者
  • 子どもに対して深い愛情と思いやりの心を持ち、将来教育、保育の現場に従事することの重大性を認識している者
  • 高等学校で履修する教科・科目全般にわたる基礎学力を十分に身につけた者

大学院

健康科学もしくは教育学の各分野における高度な知識、技術等を一体的に修得し、他の専門職や関係者と連携する能力を備えて、課題解決への指導的役割を果たすことができる能力を身につけることを目標にしています。教育方法として、当該分野において活躍している社会人を大学院の学生として受け入れ教育を行うために、インターネットによる授業の配信や夜間開講を行っています。求める人材は以下の通りです。

 

1.自ら課題を設定して探求するための充分な基礎学力を備えており、専門分野で積極的な研究をおこなう意欲をもった者

2.高度な実践力をもった専門的職業人として、自律的に社会に貢献したいという態度を有している者

3.専門領域の内容について、学士課程卒業相当(博士後期課程では修士課程修了相当)の知識及び研究方法を身につけている者

 

研究科・課程毎の求める人材は以下の通りです。

 

【健康科学研究科 修士課程】

  • 健康科学分野の活動において指導力を発揮するために、論理的思考評価、企画能力、表現能力をみがこうとする者
  • 高度専門職業人、教育研究者として健康科学の実践の発展に貢献する意欲のある者
  • 人々の尊厳と健康が保障される社会をつくるために倫理的な判断と行動ができる者

 

【健康科学研究科 博士後期課程】

  • 健康科学分野にかかわる問題を探知・評価・分析・解決するために必要な学術課題を考究することのできる者
  • 課程修了後は新たな学際的研究分野を開拓し、新しい学問を構築していける高い能力と意思を持つ者

 

 【教育学研究科 修士課程】 

  • 学校教育に携わることへの使命感と熱意を持ち、学部教育の上に、さらに実践的指導力を身につけることをめざす者
  • 経験に裏付けられた理論的知識と実践的知識を省察し、さらに高度な専門的能力、資質を探求しようとする者
  • 学校・地域社会との連携のもと、教育をめぐる教科や発達・学習に関する現代的諸課題について、論理的に考察しようとする者

 

助産学専攻科

生命の尊厳を基盤に専門的知識と的確な技術を修得し、周産期のみならずライフサイクル全般で女性に寄り添い貢献することのできる助産師の養成を目標としています。そのため以下のような者の入学を求めて、推薦入試と一般入試を実施します。

 

1.生命の誕生に責任を持ち真摯に向き合うことのできる者

2.助産師としての実践能力の基盤の修得に強い意欲を有する者

3.何事にも誠実に取り組み、責任ある行動をとることができる者

4.他社と協働して学ぶことができる者