一般・センター利用入試後期日程合格へのチェックポイントを掲載しました。

2008/02/25更新

一般入試・センター利用後期日程へのチェックポイント

受験生の個性にあわせて一般後期は3方式、センター利用入試は2~3教科を用意
しかも一般入試は、1回の試験ですべての方式を併願できる 
一般入試は1回分の検定料で健康科学部内の2学科に出願可能

その1 一般後期の科目は英・数・国のみ 判定方式は3パターン!

  • 判定方法は
     3科目型A方式  英語60分+数・国120分

     2科目型A方式  英・数・国から選択2科目120分

     2科目型S方式  英・数・国から選択2科目120分
     の3パターンで、3科目を受験すればすべての方式を併願可能!

その2 一般入試は1回の試験で健康科学部の2学科まで出願可能(検定料は1学科分と同じ)

  • (注)1回の試験で健康科学部と教育学部にまたがる出願はできません。

その3 一般入試は1回の試験で複数の方式を併願できて、検定料も割安!

  • 出願パターン例.3科目型A方式・2科目型A方式・2科目型S方式に出願した場合
     英語 65点  数学 80点  国語 92点 の場合

     3科目型A方式 65点+80点+92点 = 237/300点

     2科目型A方式 (80点+92点)×1.5 = 258/300点

     2科目型S方式 80点+(92点×2) = 264/300点
     の3つのパターンでそれぞれ合否判定。
     検定料は2方式目から10,000円   35,000円+20,000円=55,000円

     

POINT  複数方式受験者の合格率の例 (2007年度)
  • 理学療法学科 1方式のみの受験者9%  2方式以上の受験者の合格者16%
  • 現代教育学科 1方式のみの受験者23%  2方式以上の受験者の合格者34%

その4 一般入試とセンター利用入試を同時に出願すれば、センター試験検定料 1方式分を免除

  • ex. 一般後期3科目型A方式受験 検定料35000円
      一般後期3科目型A方式+センター利用後期1方式受験しても 検定料35000円

 

 

その5 一般入試で目標とする出題レベル・傾向と対策は?

  • ◆目標とする出題レベル
    大学入試センター試験と同レベル 教科書+標準レベル問題集で十分
    ※平均点の目標は50点台前半から60点
    ◆傾向と対策
    マークシート方式で、センター試験に近い形式・傾向

その6 合格最低点・合格者数の予想は?

  • 理学療法学科…75%前後
  • 健康栄養・看護医療・現代教育学科…60%前後
  • 人間環境デザイン学科…45%前後
  • 合格者数は定員の1.5倍~3倍前後!

その7 後期日程は意外と穴場!?

  • 後期日程は合格者の抜けたリターンマッチとなり、レベルは必ずしも高くない
  • ※ただし前期日程や中期日程の入学手続率に左右される
  •  
  • 詳しくは募集要項で(PDF)