9月21日オープンキャンパスプログラムを掲載しました

2008/08/26更新

08open_0921_date

公募推薦入試問題分析講座 開催!

受験生必見!!基礎学力方式の「英語」「数学」について、本学教員が昨年度入試問題を使って出題傾向の分析と問題の解説を行います。試験までに何をすればいいのか、どのポイントを押さえればいいのかがわかります。なお「国語」の分析は入試ガイダンスの中で行います。

openprogram02

※「英語」分析講座の1回目と2回目は同じ内容です。

 

 

・入試ガイダンス~募集要項説明&直前期の受験勉強~

今回は完成したばかりの推薦・一般募集要項を配布して説明します。また残り2ヶ月を切った公募推薦入試までの勉強法についてレクチャーします。

 

・学科紹介

学科の特長や学べる内容、めざす資格や就職などについて各学科の教員が直接お話しします。

 

・学科別体験授業

めざす職業分野が明確なのが畿央大学の特徴です。各学科のミニ授業・実習を体験すると、あなたの描く将来像がもっと具体的にイメージできるかも。
志望する学科や興味をもったテーマの授業にぜひ参加してください。

テーマ紹介

学科 テーマと概要
理学療法学科 ~「運動」と「感覚」と、時々、「思いやり」~

正常な身体を持つヒトは、自分の思い通りに身体を操れますが、その反面、知覚入力を操作すると容易に騙される身体を持ちます。脳に対する入力と出力の関係を上手に使い分けているのが我々の身体です。「文武両道」を自身の身体に置き換えると、「感覚」と「運動」になります。「感覚」と「運動」の側面からみなさんの日常を考えてみましょう。同時に、ヒトらしい「感情」や「思いやり」についても一緒に考えてみましょう。

看護医療学科 あなたの手洗い方法だいじょうぶ?

「院内感染」という言葉を聞いたことがありますか?身体の抵抗力が低下している患者さんを援助する上で、看護師が行わなければならないことのひとつとして、“感染予防”の技術があります。これは患者さんの安全と看護師などの医療従事者の安全を守る技術であり、「院内感染」を防止するために必要な技術です。この“感染予防”の技術の中で最も基本的かつ重要な手洗いの方法について学びましょう。きれいに洗っているつもりでも洗い残しは?

健康栄養学科 人体を顕微鏡レベルから肉眼レベルで探検してみよう

当日は「人体の構造と機能」の学習の一端として、人体の観察をヒトの骨を用いて人体各部に存在する骨の形、大きさ、硬さやそのつながりを自分の目と手で触ることにより実体験して理解する授業を予定しています。また骨を作る細胞をはじめ体の細胞共通に存在する遺伝子DNAを染色体として可視化しその大きさや形を観察して、人体を構成する分子から器官の大きさや形などを理解してみよう。

人間環境デザイン学科 パーソナルカラー ~色の持つ視覚効果~

生活全般にわたって、色彩は大切な関わりを持っています。では、あなたは自分に合う色=パーソナルカラーを知っていますか?実は、本当に自分に合う色は、好き嫌いや思い込みでは決まらないのです。この授業では、色彩が私たちの行動や快適性に「なぜ」「どのようにして」影響するのか、その科学的原理を理解して、積極的に色彩を使えるようになるための技法(カラーコーディネート)について体験します。

現代教育学科 錯覚で成り立つ楽しいビジネス

「あれ!勘違いした!」「見間違えた!」。このように、客観的事実と私たちの知覚が異なることを錯覚といいます。人は、いくら用心しても、どんなに心構えをしても錯覚をしてしまいます。そんな錯覚のいろいろを体験してみましょう。また、錯覚をタネにして人に喜ばれるビジネスをしている人たちもいます。そんな楽しいビジネスのいくつかも見てみましょう。

 

・各種個別相談コーナー

教員と入試・編入・奨学金・就職・下宿の各担当者があなたのご相談に応じます。「こんなこと聞いてもいいのかな?」と思わずに、どんなことでもお気軽にご相談ください!

 

・キャンパスライフ座談会・キャンパスツアー

大学を知るには在学生と話すのが一番!学生スタッフの本音や体験談、普段の大学での過ごし方など、畿央大生の
素顔が見られる座談会とキャンパスツアーは、「先輩の話が聞けて受験の参考になった」「案内してくれた学生がとてもおもしろかった」「先輩最高!」と毎回大好評です。