教職サポート

「合格×即戦力」を実現する、畿央大学の教職サポート。

 

優れた教師となるには①教職に対する強い情熱 ②教育の専門家としての確かな力量 ③総合的な人間力などが重要です。当然、教員採用試験ではこのような点が試されます。筆記試験がどんなに優秀でも実技試験や面接ができなければ合格できないし、逆に模擬授業などがどんなに上手くても、学校の仕組みや教育法規などを知らなければ合格できないのが教員採用試験です。畿央大学では様々な問題に対する解決能力を重視しながら、すべての面でバランスの良い対策を行っています。

学校インターンシップ

近隣12市町教育委員会と協定を結び、大学から近く、通いやすい幼稚園や小学校などで毎週1回、現場研修を行う取り組みです。

インターンシップ中は日誌をつけて担当教員に提出します。

「叱り方がわからない」「子ども同士のけんかに対してどうしたら」というような疑問には教員が丁寧なコメントを付けて返却。

現場のさまざまな課題に実際に直面し、その解決方法を知っていくことが成長につながっています。

学校IS

授業・保育実践演習

模擬授業・保育を通して指導力を高めることを目的に、先生役の学生が実際に教材や指導案づくりから45分間模擬授業を行い、その他の学生は児童役として参加する演習授業です。座学で学んできたことを本番さながらに実践し、終了後に先生や他の学生からの評価を聞くことで、教育実習に行く前に授業の組み立て方や改善点について考える貴重な機会になっています。

現代教育研究会1

採用試験対策講座・模擬試験

筆記試験は大きくは教養試験と専門試験に分かれます。

勉強会を1回生からスタートさせ、2回生からは対策講座を毎週行い、模擬試験を実施して自分の到達度をはかり弱点を克服します。

例えば、「~についてあなたの考えを述べよ」「~のような時、あなたはどうするか述べよ」などと問われる論作文対策には、添削指導も行います。

春季対策講座写真130313 005

実技試験・面接対策

受験する自治体によって種目は異なりますが、小学校教員の採用試験では水泳、マット運動、歌唱、楽器演奏などが課されます。幼稚園や保育士試験ではピアノ演奏の比重が高いことにも注意が必要です。

畿央大学では1回生からの個別指導を基本に、試験直前の対策指導にも力を入れています。また最近の教員採用試験では、教員としての意欲や問題意識、いろいろな場面での的確な判断力を個人面接や集団面接などで確かめる傾向が強まっています。

面接にのぞむための心構え、また意見の述べ方についても繰り返し実践的に学びます。

小・中・高校の教員経験者によるこれらの徹底したサポートは他に例がないと言えるでしょう。

集団面接

 

学生・教職員専用

畿央大学
twitteryoutube
〒635-0832 奈良県北葛城郡広陵町馬見中4-2-2 TEL.0745-54-1601 FAX.0745-54-1600

Copyright(c) Kio university All rights reserved.