看護実践研究センター

センター長あいさつ

看護実践研究とあわせて地域の健康維持を推進します。

 

2019年4月1日に畿央大学の4つ目の付置研究機関となる「看護実践研究センター」を開設しました。看護実践研究センターは、認知症ケア部門、地域包括ケア部門、助産学部門、卒後教育部門、国際交流部門の5部門により構成され、「建学の精神」である「徳をのばす」「知をみがく」「美をつくる」を基本理念に置き、保健、医療または看護を専門とする職業人および研究者に対して、最新の看護実践に関する情報を提供し、看護実践研究を推進してまいります。

また、地域住民に対して、保健行動、認知症ケアおよび周産期に関する情報を提供し、研究活動と併せ、地域住民の健康維持に寄与できるよう様々な取り組みを展開してまいります。

086

 センター長

 看護医療学科 教授

 山崎 尚美

 

NPRC

研究センターの業務

(1)看護実践に関する調査、資料収集、研究
(2)看護実践に関連する講習会、研究会等の開催
(3)看護実践に関する刊行物の発刊
(4)地域住民の健康、保健行動、認知症ケアに関する支援活動
(5)地域包括ケアおよび助産学に関する専門的教育の提供
(6)看護実践に関する卒後教育の提供
(7)看護実践に関する国際交流の推進
(8)その他目的達成に必要な業務

 

学生・教職員専用

畿央大学
twitteryoutube
〒635-0832 奈良県北葛城郡広陵町馬見中4-2-2 TEL.0745-54-1601 FAX.0745-54-1600

Copyright(c) Kio university All rights reserved.