健康科学専攻(修士課程)【健康科学研究科】

カリキュラム・シラバス

開設科目

健康科学研究科健康科学専攻では、人間の健康に関して生命医科学、リハビリテーション学、看護学、健康栄養学、人間環境学およびライフテクノロジー(生活支援技術)の6分野から専門的、総合的に取り組むことを特色としています。

 

共通科目

専門分野に関わらず共通して身につけておきたい科目群です。1年次の履修が基本ですが、社会人など履修するための条件が厳しい場合を想定して、1・2年次配当とし、2年次でも受講することができます。 共通科目はすべて「遠隔ライブ授業配信システム」によって自宅での受講も可能です。

 

科目名
科目の内容
美しく生きるための
健康科学総合特論(必修)
2 健康をQOL(生活の質)に関連付けて、人間にとっての理想である「美しいライフデザイン」を総合的に追究する科目です
健康科学特論I
(脳・神経・感覚・行動)
2 健康科学の基礎理論を分野別に学びます
健康科学特論II
(臓器・循環・代謝・運動)
2
健康科学特論III
(分子・栄養・遺伝子・生化学)
2
健康科学特論IV
(認知・学習・記憶・発達)
2
健康科学特論V
(看護学、ヒューマンケア学等)
2
先端バイオサイエンス
技術特論
2 先端技術や健康増進の実践的な方法論についての理解を深めます
健康増進医科学特論 2
臨床・社会調査研究法特論 2 研究活動を進めるうえで必要な調査や分析の手法を実践的に学びます
統計解析評価特論 2
スポーツ心理学特論 2 職業人、教員としてマスターしておきたい対人関係の理論を身につけます
ケアリング特論 2
カウンセリング特論 2
専門職教育方法特論 2
高齢社会科学特論 2 これから訪れる少子高齢化社会への対応を社会科学と人間工学、環境科学の観点から検討します
人間工学特論 2
環境科学特論 2
卒業要件 共通科目7科目14単位

 

専門科目

1年次前期の「特論」、1年次通年の「演習」、2年次通年の「特別研究」については同一の専任教員の指導を受けることを原則とします。2年間の系統的な学 びを通じて、リハビリテーション・運動行動学、健康栄養科学及び環境デザイン学の各専門分野の研究遂行能力を養成します。遠隔地の受講者の方については、 授業形態はテーマにもよるので事前に指導教員とご相談ください。

 

  科目名
指導教員 
生命医科学分野 生命医科学特論・演習 6

植田政嗣

金内雅夫

前原佳代子

乾富士男

祐實泰子

リハビリテーション学分野

神経リハビリテーション学特論・演習

(認知・行動/社会・コミュニケーション/発達・高次機能系)

6

森岡周

松尾篤

信迫悟志

運動制御・運動障害学特論・演習

(運動制御/心理・学習系)

6

岡田洋平

冷水誠

疼痛リハビリテーション学特論・演習

(基礎/臨床系)

6

大住倫弘

前岡浩

呼吸リハビリテーション学特論・演習 6

田平一行

宮本直美

物理医学系リハビリテーション学特論・演習 6 庄本康治
地域系リハビリテーション学特論・演習 6 高取克彦

運動器リハビリテーション学特論・演習

(筋・神経・Fascia/骨・関節/臨床/スポーツ系)

6

今北英高

峯松亮

瓜谷大輔

福本貴彦

看護学分野

看護関連科学特論・演習

(看護心理学/看護疫学・公衆衛生看護学/疫学・公衆衛生学)

6

河野由美

秋山明子 

堀江尚子 

文鐘聲

看護実践学特論・演習

(高齢者看護学/療養支援看護学/地域ヘルスプロモーション科学/健康発達支援看護学)

6

松本泉美

山崎尚美

山本裕子

廣金和枝

健康栄養学分野 食品機能科学特論・演習 6

小西洋太郎

栢野新市

味覚と食嗜好の科学特論・演習 6

山本隆

上地加容子

米田武志

運動・栄養生理学特論・演習 6 永澤健
食品栄養科学特論・演習 6 村木悦子
人間環境学分野 環境デザイン学特論・演習 6

三井田康記
東実千代

藤井豊史
西山紀子

李沅貞

清水裕子

インターンシップA (学内)※ 6 集中
270時間程度
本大学院が指導者としてふさわしいと認めた者
インターンシップB (学外)※ 6 集中
270時間程度
本大学院が指導者としてふさわしいと認めた者

ライフテクノロジー

(生活支援技術)

分野

次世代型生活支援技術学特論・演習 6 冬木正紀
 卒業要件 特論2単位+演習4単位
 分野共通 特別研究(必修) 10 上記の教員
 卒業要件 特別研究の論文審査及び最終試験合格で10単位

※インターンシップAもしくはBいずれかの単位を取得し、本大学院を修了することで、一級建築士受験資格に必要な実務経験2 年のうちの1年とみなされます。

 

シラバス

2019年度シラバスにリンクします。

卒業要件および履修方法

curri-img03

共通科目から14単位以上、専門科目から16単位以上を修得し、本大学院が 行う修士の論文審査および最終試験に合格することによって次の学位を取得することができます。

学位

修士(健康科学) Master of  Health Science

研究指導

本研究科では、進路は異なってもすべての学生が研究マインドを持ち研究活動を継続できるスキルを身につけることを目標としています。

研究指導は、学生の要望や希望する研究分野を考慮して、学生ごとに研究指導教員を決定します。研究指導教員は、学生が文献やその他の資料を収集して分析すること、必要に応じて学外アクティビティの活用・導入などについて学生に指示を出し主体的な研究活動ができるようにサポートします。

学生は入学後、指導教員と 相談しながら7月頃をめどに研究テーマを決定し、9月頃より研究を開始します。

2年次の9月には研究テーマ及び研究計画等の中間発表会を行い、翌年の1 月に論文を提出し、2月初旬から中旬に最終発表会及び論文審査会を行います。

審査の際には「研究遂行の基礎となる専門的知識・その他広範な知識」 「オリジナリティ」「論理的思考力・考察力」「表現力(プレゼンテーション)」「企画・実行・検証・展開・発展能力」などが評価の対象となります。

なお、院生一人当たり1年次は15万円、2年次は20万円の院生実習費を、研究のために使用することができます。

curri-img04

学生・教職員専用

畿央大学
twitteryoutube
〒635-0832 奈良県北葛城郡広陵町馬見中4-2-2 TEL.0745-54-1601 FAX.0745-54-1600

Copyright(c) Kio university All rights reserved.