畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

教育学研究科

2016年6月23日(木)

障害児教育実践研究会夏季研究 (2) (002)

 

障害児教育実践研究会夏季研究大会を下記のように開催します。

障害児教育にかかわる多くの皆さんとともに、実践課題を語り合いたいと考えています。

会場は奈良県奈良市の「かんぽの宿奈良」で、平城宮跡の西側に位置しています。
「大和は国のまほろば」といわれる奈良の魅力を存分に味わっていただくとともに、充実した研究大会にしていきたいと思います。多くの方のご参加をお待ちしています。

 

 日時  平成28年8月20日(土)13時~21日(日)正午
 会場  かんぽの宿奈良 TEL:0742-33-2351    ※駐車場は要予約
 会費  宿泊の方 1泊2食 ¥18000(会員には研究会より1000円補助)
 学生 ¥14000
 申込・連絡先  平成28年度夏合宿事務局 渡邉健治(畿央大学教育学部)
 渡邉携帯:090-6494-3561 メールアドレス:kjwata2437@msn.com

 

【2016年度障害児教育実践研究会夏季研究大会日程】

8/20(土)

 12:30  受付開始
 13:00  開会式
 13:05~14:25(80分) シンポジウム1 特別支援学級教育の実践
コーディネーター 高橋浩平(東京都杉並区立杉並第4小学校長)
座長 高橋浩平
報告1.荒井久恵(東京都文京区立柳町小学校)
報告2. 塚田倫子(東京都世田谷区立祖師谷小学校)
指定討論 鶴田菜穂子(東京都府中けあき学園教諭)
廣内絵美(京都教育大学附属特別支援学校教諭)
 14:30~15:50(80分) シンポジウム2 インクルーシブ教育の推進
コーディネーター 丹羽登(関西学院大学教授)
座長 奥住秀之(東京学芸大学准教授)
報告1.丹羽登
報告2.半澤嘉博(東京家政大学教授)
報告3.石坂光敏(東京都日野市東光寺小学校教諭)
指定討論 中西郁(都立北特別支援学校長)
田中謙(山梨県立大学専任講師)
 15:55~17:25(80分) シンポジウム3 「知的障害教育における学力問題Ⅲ」
コーディネーター 渡邉健治(畿央大学教授)
座長 岩井雄(十文字学園女子大学教授)
報告1.渡邉健治
報告2.日高浩一(都立水元特別支援学校主幹教諭)
報告3.明官 茂(国立特別支援教育総合研究所上席総括研究員)
指定討論 蓮香美園(東京学芸大学附属特別支援学校主任教諭)
大鹿綾(筑波技術大学講師)
 17:30~18:30(60分)  ポスター発表
 18:30~19:30  夕食
 19:30~20:30  入浴
 20:40~  懇親会

 

8/21(日)

 8:50  受付開始
 9:00~10:20(80分) シンポジウム4 各自治体における特別支援教育の現状と課題
コーディネーター 金澤貴之(群馬大学教授)
座長 金澤貴之
報告1.相沢雅文(京都教育大学教授)
京都について
報告2.金澤貴之
群馬県について
報告3.小林徹(郡山女子大学短期大学部准教授)
 10:35~11:55(80分) シンポジウム5 重度障害児の教育実践
コーディネーター 早川透(京都教育大学附属特別支援学校教諭)
司会 早川 透
報告1.早川透
報告2.石丸良成(都立府中けあきの森学園教諭)
報告3.後藤貴久(都立北特別支援学校教諭)
指定討論 堀口潤一郎
渡邉流理也(新潟大学准教授)
 11:55~  閉会式

 

障害児教育実践研究会夏季研究 (002)

2016年2月8日(月)

教育学部の大久保です。2015年の12月に刊行された畿央大学紀要第12巻2号に、同僚の渡邉健治先生、岡本啓子先生、古川恵美先生と執筆した「特別な配慮を必要とする児童への小学校における取り組みに関する調査」という論文が掲載されました。

 

1

 

全国の小学校を対象として、特別な配慮を必要とする児童への取り組みについて質問紙法による調査を行いました。

結果の一部を抜粋したものをいくつかご紹介します。

 

31

 

20

 

なお、調査で得られたデータが全て記載された論文は、PDFファイルで公開しております。ご高覧頂ければ幸甚に存じます。先生方のプロフィールによる回答傾向の違いなども分析しております。

 

これは畿央大学大学院教育学研究科のプロジェクト研究の一環として実施された研究であり、全国の公立小学校に勤務されている787名の先生方からのご協力をいただきました。お忙しいところご協力をいただきありがとうございました。この場をお借りしまして、共同研究者一同、厚く御礼申し上げます。

 

いよいよ2016年4月からは「障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律」(障害者差別解消法)が施行され、公立学校における障害のある児童生徒に対する「合理的配慮」の提供が義務化されます。本研究から得られた成果が、学校における合理的配慮について検討する際の一助となれば幸いに思います。

 

教育学部 准教授 大久保賢一

 

【関連リンク】

特別な配慮を必要とする児童への取り組みに関する調査(PDF)

教育学研究科

働きながら通える「畿央大学大学院」のヒミツって?

2016年1月27日(水)

畿央大学大学院教育学研究科長の白石裕教授は2014年10月、協同出版から本書を出版されました。

 

1

 

本書は白石先生の前著、1996年の『教育の平等と財政保障―アメリカ学校財政制度訴訟の動向と法理』の続編というべきものであり、前著では、このことに関する訴訟の生成期(1971年~73年)と展開期(1973年~80年代半ば)に特徴的な相対的公平(equity)の法理の析出に主力が注がれていました。

一方、本書では、それに続く新展開期(1989年以降)に焦点が当てられています。新展開期で特徴的な事柄は、「教育費等の相対的条件」が公平(equity)なものとなっているかどうかという問題ではなく、「教育の質」が平等なもの、つまり適切・妥当(adequacy)なものになっているかどうかが法理を解く鍵概念となったことです。先生は、教育の質の平等が具体的・現実的にどのように訴訟や判決の中で理解され解釈されていったかということを、丹念な判決文や証言内容の精査により執筆されています。それは、教育の質の平等を追及するという人間の最重要課題の地平で、アディクアシーを議論することの意義と課題を追求することでもあります。

この一連の研究は、先生が日頃から心がけておられるグローバルで高度な研究、教育実践の理論的科学的な裏づけ、現代の教育課題や教育ニーズに応える教育研究の促進、地域の教育の発展等々の文脈の中で創出された精力的な研究であろうと考えられます。そしてこの「量的相対的平等」から「質的適切妥当性追求」へのこの転換は、教育上のアディクアシーがエクイティーを考慮したものでなければならないということから考えても、真に意義深い発展的転換期の研究といえるものであろうと思います。

 

先生は、「おわりに」で「アディクアシーの概念が多義的で際限のない解釈論に陥る可能性があるとすれば、裁判所はアディクアシーの問題に踏み込むのを躊躇するということがあるであろう」と将来の危惧を表明されておられます。確かに、教育の目的・価値観やアウトプットに関する概念は多義的であることには間違いないところであって、アディクアシーの議論は司法判断にはなじまず議会や行政の役割であるという考え方も成り立つと思われます。しかし、この問題は教育学の自律性に関わる問題であり、教育の専門性に関わる課題であると考えられます。何よりも問題なのは、教育のプロセスや目的に、議会や行政という教育外の領域からの判断がわがもの顔に導入されてしまうところにあると思います。法理の哲学と哲学の法理で教育の目的やプロセスを研究するものにとっては、訴訟や裁判の根拠となりうる理論と科学的実証的な成果を確立し共有することが課題であろうと思われます。そうした観点からも、先生のこの研究は、哲学的な世界にも強いインパクトを与えるものと考えられます。

 

畿央大学大学院特任教授(教育学研究科)杉峰英憲

2015年11月18日(水)

はじめまして、教育学研究科修士課程1年生であり、Microsoftが表彰するMVPでもある廣瀬です。11月の初めに「MVP グローバルサミット 2015」に参加する為に、アメリカ合衆国はワシントン州のシアトル・ベルビュー・レドモンドへ行ってきましたので、その雰囲気をお伝えします。

 

2

 

 

Microsoft MVPとは

少しばかり、Microsoft MVPの話をしましょう。Microsoft MVP表彰制度は、マイクロソフトが個人の活動を直接評価して、表彰する特別な賞です。この制度は、マイクロソフトの製品や技術に関する豊富な知識と経験を持っており、インターネットでの活動や日頃の登壇での活動や、メディアや執筆などを通じて、その能力を幅広いユーザーと共有している個人を表彰しているものです。MVP アワードの表彰は、全世界で行われており、世界 90か国以上、4,000名を超える人々が日々MVP としての精力的な活動を続けているそうです。
MVPには、表彰する分野があり、私は「クラウド」と呼ばれる技術の分野で4年連続の受賞をしています。また、弊学で師事している西端教授「Surface」の分野での貢献を評価され、今年から受賞しています。

関連記事:教育学部 西端律子教授が「Microsoft MVP for Surface」を受賞しました。

 

MVP グローバルサミットとは

そのMVPが年に一度、世界中からマイクロソフト本社のレドモンドに集まり、MVP受賞者のみが参加できる限定イベントが「MVP グローバルサミット」です。
このイベントの内容は、マイクロソフトの最新技術と情報をインプットしたり、実際の製品開発へのフィードバックなどを行います。とっても刺激的な内容なのですが・・・厳しい機密保持契約が課せられており、残念ながら一切のお話しする事ができません。という訳ですので、その雰囲気だけでもお伝えできればと思います。

 

cats1

 

巨大なマイクロソフトの本社

ワシントン州レドモンドにあるマイクロソフトの本社オフィス群は、通称「キャンパス」と呼ばれています。500エーカー(東京ドームおよそ43個分)の敷地には、125もの建物が立ち並び、全世界の従業員のおよそ半数弱となる約41,000人が働いているそうです。グローバルサミットは、この中の一つの建物で行われています。

 

cats3

 

そのほかには、参加者が行動して回れる場所があり、一般のお客様も迎えるビルディン92という場所があります。中には、Microsoftのグッズをお土産として購入できる「カンパニーストア」や「ビジターセンター」などがあり、マイクロソフトの歴史や製品を体験する事ができます。

 

5 6 7 8

 

その裏には、Microsoft Commonsと呼ばれる、社員向けの店舗や飲食店が入った建物があります。

 

9 10 11

 

とにかく広大なマイクロソフトの敷地

さて、これほど広大な敷地をどのようにして、社員の人たちは移動して回るのでしょうか?その謎を解く物が走って回っていました。キャンパスの中ではConnectと呼ばれる、タクシーや乗り合いバスが走って回っているのです。とはいっても、それでも結構な距離になりますし、時間もかかります、会議一つのために移動していたのでは話になりませんよね?

そこで、Microsoftでは「Skype for Business」という、パソコンから使える会議システムでコミュニケーションをとる事が多いようです。このシステムは、畿央大学の授業の遠隔配信にも使われており、僕自身も場所や時差を超えて、東京や海外から受講の際に利用しています。

 

cats6

 

この時期のシアトルは緯度が北海道の稚内よりも高いにも関わらず、海流の影響も受ける為もあり、思っている程は寒くありません、7度から10度くらいです。11月初旬のこの時期は、紅葉の時期が少し過ぎた位でしょうか、キャンパスの中で色づく葉がとてもきれいでした。

 

cats7

 

最後に

旅は人を成長させるといいます、その理由は経験と文化を理解するという過程である事は述べるまでも無いでしょう。37歳の社会人学生の僕も、10代には経済成長期を迎えた「上海」、20代には「シンガポール」へ、30代には「シアトル」、「シカゴ」、「ラスベガス」と、いつでも一人でその場所まで赴き、旅と共に経験を重ねてきました。

是非、20代から行ってみたい場所を頭に思い浮かべ、その為に必要な行動を続けてください。パスポートと飛行機に10時間も乗れば、地球は半周できてしまうのです。様々な場所へ趣き、季節、土地、文化、民族、考え方、そして言葉を楽しみ、自分の経験に取り込んでみてください。

その経験は正に「建学の精神」であり、みなさんの人生において、豊かな未来を約束してくれるに違いありません。

 

教育学研究科修士課程 廣瀬一海

3

 

【その他関連記事】

畿央大学大学院教育学研究科紹介ページ

【1分でわかる畿央大学vol.4】働きながら通える「畿央大学大学院」のヒミツって?

マイクロソフト コーポレーションのステファン・ショストローム氏が本学を訪問しました。

ゲスト講師による「教育×ICT」~教育学部キャリア形成セミナー

2015年2月12日(木)

本学教育学部の古川恵美先生が編著者を務められ、そして岡本啓子先生と小野尚香先生が分担執筆されている「養護教諭のための発達障害児の学校生活を支える教育・保健マニュアル」という本を読ませていただきました。

 

発達障害児の学校生活

 

昨今、特別支援教育や発達障害支援に関わる書籍はそれこそ無数に出版されているのですが、本書には大きな特色があります。それは学校における「養護教諭」の役割や機能にフォーカスされていることです。

 

平成19年度からスタートした特別支援教育ですが、当初は学習障害(LD)、注意欠陥多動性障害(ADHD)、自閉症スペクトラム障害(ASD)といったいわゆる発達障害のある子どもたちをいかに理解し、支援するかということに大きな注目が注がれました。また、そのような時勢の中で特別支援学級や特別支援学校の在り方、そして特別支援教育コーディネーターの役割についても検討が深められてきました。さらに近年では、発達障害特性に配慮した通常学級における授業づくりや学級経営を見直そうとする「ユニバーサル・デザイン」を志向する言説も現れてきています。しかし、間違いなく重要なキーパーソンとなる養護教諭を、発達障害支援と直接結びつけて解説する書籍はこれまでほとんどなかったのです。

 

本書においては、養護教諭の職責である保健管理、保健教育、健康相談、保健室経営、保健組織活動を通して、「保健室登校」、「虐待」、「いじめ」、「給食場面における配慮」、「席替え」、「修学旅行・遠足」、「運動会」、「クラブ活動」などの発達障害特性のある児童生徒の困難性と密接に関連する具体例について実践的な解説が行われています。

 

また、発達障害者支援法の施行、障害者権利条約への批准、障害者差別解消法の成立と合理的配慮、アメリカ精神医学会の診断マニュアルであるDSM(Diagnostic and Statistical Manual of Mental Disorders)の第5版への改訂など、現在まさに発達障害支援の重要事項となっている話題についても解説されています。

 

本書は現在養護教諭として仕事をされている先生方や養護教諭を志す学生さんには必読の書であるといえます。また、今や発達障害支援に無関係でいられる教師はいないという実情においては、本書は管理職も含めた全ての先生方に是非ともお勧めしたい一冊です。

 

学校における養護教諭の専門性やコーディネート機能がますます発揮され、困難性を抱える児童生徒の支援が充実されていくことを願っています。

 

教育学部現代教育学科 准教授 大久保 賢一