畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

助産学専攻科

2019年5月16日(木)

2019年5月10日(金)に「乳幼児の成長・発達」の授業で、奈良県桜井市にある児童養護施設飛鳥学院の見学に行かせていただきました。

 

飛鳥学院では、様々な理由により家庭で生活ができない子どもたちが健やかに成長し、自立を支援することに重点をおき、子どもたちが希望をもてるよう愛情のこもった関わりを実践されています。

 

児童養護施設「飛鳥学院」を見学1-1

 

飛鳥学院は、あたたかく安心感を与えるような木造の建物でした。飛鳥学院理事長河村先生から、この建物が72年前にその当時の戦災孤児の方々のために建てられた建物であることをお聞きして歴史を感じました。

大学での講義の中では、児童虐待件数が増加していることや、育児不安を抱えている母親が増えていること、その支援には専門職の連携が必要なことを学んでいましたが、施設を見学させていただき、虐待を受けた子どもたちが元気に生活されている様子を知ることができました。そして、子どもたち自身がなりたい自分になれるような環境を整え、将来的な自立を願って児童相談員や臨床心理士、ソーシャルワーカー等のスタッフの方々がチームになって子どもたちと向き合っておられることを学びました。

 

また、児童家庭支援センターあすかでは、育児に対する不安をひとりで抱え込み困っている母親や苦しんでいる子どもたちを助けるためにフリースペースを設けるなど、地域に開かれたシステムがつくられていました。

助産師は命の誕生とともに育児の始まりにかかわる仕事です。児童虐待を予防するためには大きな役割があると思います。母親とその家族の育児に対する不安を軽減し、「育児を行う生活をポジティブに捉えられる」ように支援していきたいと思いました。

 

飛鳥学院理事長河村喜太郎先生、院長河村善一先生、副院長宮崎先生、児童相談員の清水先生、そして飛鳥学院の皆さま、貴重な時間をいただき、ありがとうございました。

 

                  助産学専攻科 佐田聖奈・大賀彩香

 

【関連記事】

近畿地区助産師学生交流会へ参加~助産学専攻科

2019年5月15日(水)

2019年4月27日(土)、甲南女子大学で行われた、近畿の助産学生が集う「平成31年度近畿地区助産師学生交流会」に助産学専攻科の学生8名が参加しました。

 

近畿地区助産師学生交流会1-1

 

前半は前日本助産師会会長の岡本喜代子先生から「助産師学生に必要な弁証法的な学習の仕方」について、講義をしていただきました。助産師学生として、アイデンティティを獲得し助産師になる志を持ち、ポジティブに物事を考え、専門職としての常識を身につけていくことが大切であると学びました。またこれらをもって、質を高めるためには量をこなさなければならないという量質転化の法則に沿って知識や技術を獲得していく必要性について知ることができました。

 

後半はグループに分かれて学生同士で意見交換や交流を行いました。交流することで、他の学校の特色や他の方の考えを知ることができ、考えの幅が広げることができ有意義な時間を過ごせました。

 

近畿地区助産師学生交流会2-1

 

今回の学びを踏まえ、全員で助産師になれるように頑張っていきたいと改めて思いました。

助産学専攻科 岡野葵・岸奈生

 

【関連記事】

新生児蘇生法(NCPR)Aコースを受講しました!~助産学専攻科

「周産期災害演習」を実施!~助産学専攻科

平成30年度 新生児蘇生法(NCPR)一次コースの講習会を受講!~看護医療学科

2019年3月20日(水)

2019年3月15日(金)、助産学専攻科を修了しました。

 

josangrad

 

助産師になるために不安と期待を抱きながら入学し、早1年が経ちました。

いざ卒業となると達成感もある一方でみんなとのお別れが寂しいです。

 

助産学専攻科7期生、修了・卒業レポート!1-1

 

前期は助産学の講義、分娩介助の技術演習を学び、後期は実習と卒業研究、国試勉強、NCPRの資格取得といった盛りだくさんの1年でした。互いに思いやり、信頼し合える仲間に出会え、助産師に必要な「自己を知ること」を学ぶことができ充実した1年でした。

 

▼熟練助産師による分娩介助の特別講演!~助産学専攻科

 

助産学専攻科7期生、修了・卒業レポート!2-1

 

▼新生児蘇生法(NCPR)Aコースを受講しました!~助産学専攻

 

助産学専攻科7期生、修了・卒業レポート!3-1

 

▼助産学専攻科の集大成「事例研究発表会」を開催しました~学生レポート

 

助産学専攻科7期生、修了・卒業レポート!4-1

 

卒業旅行では3泊4日で沖縄に行って来ました。

 

cats

 

あっという間の4日間で、4月からは離ればなれになりますが、学生として最後にみんなと楽しい思い出を作ることができました。

 

 

cats

 

この1年で学んできたことを忘れずに母子を尊重する助産師になりたいと思います。

先生方からは、厳しいご指導を受けたこともありました。でもそれは助産師の後輩を育てるための温かいご指導であり、常に私たちのことを考えたご指導ばかりでした。

先生方や臨床指導者様から頂いた言葉を糧に、そして、出会った妊産婦さんやその御家族、先生方や家族への感謝の気持ちを忘れず、今後も精進していきます。

 

54432877_2835106596714761_145848765725540352_n

 

助産学専攻科 英美帆・西口理美

●大学公式facebookページで卒業式のフォトレポート!
(facebookアカウントをお持ちでない方もご覧になれます)

2019年3月11日(月)

平成31年3月4日(月)に第7回助産学専攻科事例研究発表会が開催されました。1年間を過ごしてきた学生から、当日のレポートが届きました!

 

助産学専攻科の集大成である事例研究発表会1-1

 

助産学実習でご指導いただきました臨床指導者・臨床教授・講師の皆様にご参加いただきました。私たち学生8人は、妊娠期から産後1カ月健診まで受け持たせていただいた継続事例で自分たちが行った助産ケアについて、文献や理論を用いて助産診断やケアを振り返りました。8人8様の内容であり、それぞれの思いが溢れる発表となりました。

 

助産学専攻科の集大成である事例研究発表会2-1

 

今回の卒業研究発表会は、私たちの1年の集大成であり、それぞれの事例をまとめるだけでなく、どのように運営していくのかを何度も話し合い、より良い卒業研究発表会になるように試行錯誤しました。

発表当日は、緊張しながらも、一生懸命発表し自身の学びや思いが伝わるように心がけ、無事発表を終えることができました。発表会を通して、指導者さんや先生方から質問やご講評をいただくことで、自身の行った助産ケアを振り返りより深く理解することができたと感じました。

 

今日のように研究発表会を終えることができたのは、実習時よりご指導いただいた臨床指導者・臨床教授の皆様、また学内でもたくさん指導していただいた教員の皆様のおかげだと思います。

 

助産学専攻科の集大成である事例研究発表会3-1

 

これからもそれぞれに課題は残りますが、4月から助産師として働くにあたって忘れてはいけないことは、自分の助産ケアを振り返りより良いケアを行えるように心がけることだと考えました。このような機会を作ってくださったことに感謝いたします。 

 

助産学専攻科 建石一帆 田中来実

 

【関連記事】

新生児蘇生法(NCPR)Aコースを受講しました!~助産学専攻科

「周産期災害演習」を実施!~助産学専攻科

第57回大阪母性衛生学会学術集会 参加レポート~助産学専攻科

熟練助産師による分娩介助の特別講演!~助産学専攻科

フリースタイル分娩を学びました!~助産学専攻科 

2019年3月11日(月)

平成31年2月19日に岩田塔子先生にお越しいただき、「安産のための助産ケア」についてご講義いただきました。

 

安産にむけての準備とケア1-1

 

実習前にもご講義いただきましたが、実習で分娩介助を経験してからご講義を再度聞くことで、実習で行った助産ケアとエビデンスを結びつけることができました。また、分娩期だけでなく妊娠期からの助産診断に必要な視点をたくさんご指導いただき、新たな視点を得ることができ学びがさらに深まりました。

 

安産にむけての準備とケア2-1-tile-down

 

実習で10例のお産を経験してから、分娩介助で岩田先生に手添えしてもらうことで、左右の手の細かい力加減を感じることができました。また、実習で困ったことなどについても手取り足取り教えていただき、実習での分娩介助の振り返りにつなげるとともに、さらに発展した学びにつなげることができました。

 

安産にむけての準備とケア7-1

 

岩田先生に実際に分娩介助を実演していただくことで、私たち初学者にはない熟練の技を間近で学ぶことができました。岩田先生は、呼吸法の声かけひとつでも、産婦さんの力を引き出せるような声かけをされており、産婦さん自身の力や呼吸を意識した分娩介助が重要であると改めて体感することができました。

 

安産にむけての準備とケア8-1

 

就職に向けて、医療機器に頼るのではなく、自分自身の助産技術を向上させていきたいという思いが強くなりました。この経験を糧とし、4月からよりよい助産ケアができるよう頑張りたいと思います。ご講義いただきました岩田先生ならびに、臨床から来てくださいました2名の指導者様に感謝いたします。

 

助産学専攻科 赤木円、瀬川文穂

 

【関連記事】

「周産期災害演習」を実施!~助産学専攻科

熟練助産師による分娩介助の特別講演!~助産学専攻科

フリースタイル分娩を学びました!~助産学専攻科 

ベビーマッサージ・マタニティヨガを体験!~助産学専攻科