畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

イベントレポート

2017年5月20日(土)

5月3日(水・祝)~5日(金・祝)の3日間にわたり、平城旧跡・大極殿で開催された「平城京天平祭」が開催されました。

天平祭初日に、畿央大学茶道部(指導顧問:健康栄養学科冬木啓子先生、部員、OB・OG、あわせて20名以上)が、「さくら茶会」に参加しました。畿央大学は、2011年から毎年参加しており、今回で7年目です。

 

sakuratyakai20172

sakuratyakai20173

 

今年も300名を超すお客様をお迎えし、お一人お一人に寄り添える心を大切にして、お茶席を務めさせて頂きました。普段の練習の成果をこのような機会に披露できることは、私たち学生にとって大きな励みになります。スタッフの皆様はじめ多くの方々にお見守り頂きながら、おもてなしの心の大切さを学ぶことができる貴重な体験ができましたことを感謝しております。

健康栄養学科2回生 井戸上優希

 

sakuratyakai2017

 

【関連記事】

平城京天平祭2017「天平行列」に参加!

2017年5月10日(水)

こんにちは、教育学部3回生の今井悠里乃、喜屋武礼香です!

私たちは5月3日(水)に平城宮跡で行われた「平城京天平祭」の天平行列に参加させていただきました!

当日はお天気も良く、最高のコンディションでした!天平行列では、平城宮跡の朝堂院基壇跡から大極殿まで伎楽隊を先頭に歴代天皇と貴族が練り歩き、大極殿前庭で「平城遷都之詔」を行います。

私たちは、光仁天皇の女官として、その時代の衣装を着て行列に参加しました。普段とは全く違う服装で、まるでその時代にタイムスリップしたようでした!

 

tenpyou2017-1

 

朝8時過ぎに奈良市役所に行き、受付をすると衣装が渡され、更衣室で着付けをしていただきました。なかなか着ることのできない煌びやかな衣装で、みなさんワクワクした様子でした。着付け、ヘアメイクはボランティアの方々に完璧にしていただきます!髪型も独特なものなので鏡を見るのもドキドキでした。

 

11時になり、順番に行列出発です!!畿央大学付属幼稚園の宮本園長が光仁天皇役を演じられ、私たちは光仁天皇の後ろに続いて女官として歩かせていただきました。

市役所から歩いて平城宮跡に向かう際に、一般道を走っている車などから写真を撮られたり、子どもに手を振られたりで、少し恥ずかしかったですが、女優になったような気分で楽しかったです!

平城宮跡に到着してから、時代順に天皇が入場していく際に各々の天皇の略歴や功績なども紹介されています。光仁天皇は天智天皇の孫で、62歳という高齢で第49代天皇として皇位を継承された方です。それぞれの天皇の時代の特色や政治情勢などについても知ることができました。

 

tenpyou2017-2

 

平城京での行列の間は、益々たくさんの方々に写真を撮っていただきました。普段はできない経験で、本当に素敵な時間を過ごすことができました!

 

また、この日は、畿央大学茶道部(指導教員:健康栄養学科冬木啓子教授)も、天平祭「さくら茶会」に協力し、部員・OGなど20名以上が参加して、野点で300名以上のお点前を披露されていました。

 

tenpyou2017-3

 

今回の天平行列に参加させていただけたことで、奈良の文化の素晴らしさや歴史の奥深さに気づくことができました。貴重な経験ができたゴールデンウィークでした。

 

現代教育学科3回生 今井悠里乃 喜屋武礼香

2017年4月18日(火)

こんにちは!理学療法学科2回生の松本滉平です! 

私は現在、全国の理学療法学科の学生によって構成されている団体「APTSA-Japan」の運営委員として、「日韓コラボレーションプロジェクト」に携わっています。このプロジェクトは日本と韓国の理学療法学生が主体の活動で、両国には3年生教育制度や人口の都市一極集中化・急速な高齢化など、理学療法士として考えるべき共通の課題が多くあります。これらの社会課題に対して、日韓の理学療法学生がどのように行動を起こしていくべきかを考え、将来にわたり協力していくことで社会にいい変化を生み出していく関係が必要であるという考えから、1年前にスタートしたものです。 

今回は第3回となる日韓コラボレーションプロジェクトに参加したので、レポートしたいと思います!

 

アジア1

 

会場は釜山で、2017年3月17日(金)の午後から3月18日(土)の午前の間で行われました。日本からは畿央大学1名、吉備国際大学1名、関西医療福祉大学1名、大阪府立大学1名。県立広島大学1名、国際医療福祉大学2名、鹿児島大学2名と教員1名を合わせた10名が参加しました。

 

1日目

関西空港に集合して釜山へ向かいました。現地に到着後、ホテルへ向かいチェックインを済ました後、お昼ご飯を食べに近くの韓国料理を食べに行きました。その後は、2日目のプレゼンに向けて準備を進めていきました。夜は現地の学生2人に案内してもらい、夕ご飯を含め観光をしました。

 

アジア2

 

2日目(コラボレーションプロジェクト初日)

午前中はプレゼンの準備を進め、会場となる釜山のDong-eui University へ向かいました。到着すると日本と韓国の学生が混じった班に分かれ、互いに緊張していたこともありアイスブレーキングをしました。

 

3アジア

 

その後、準備を進めてきたプレゼンをしました。僕も初めて英語でプレゼンをしました。テーマは「ボランティア」だったので、障がい者スポーツであるボッチャと野球ひじについてのボランティアを例にして発表しました。

 

アジア4

 

韓国側のプレゼンでは韓国の現状やボランティア事情について今まであまり知らなかったことについて学ぶことが出来ました。その後、発表内容についてディスカッションを行い、学んだ内容をより深めていきました。夜は韓国の学生に釜山の街を案内してもらいました。

 

アジア5

 

3日目(コラボレーションプロジェクト2日目)

この日のプログラムはキネシオテーピングについてのケーススタディーでした。

 

アジア6

 

まず、キネシオテーピングについての説明を受け実践に移りました。テーピングには元から興味がありやってみたいと思っていましたが、実際にやってみると思うようにできず、骨や筋肉の触診ができないとテーピングもうまくできないと実感。これをきっかけに基礎を固めながら勉強していきたいなと思いました。これで、今回の日韓プロジェクトの全日程が終了となりました。

午後は紺国の学生たちに釜山の穴場スポットや有名な観光名所に連れて行ってもらいました。自分たちだけで観光していたら今回のように充実した観光にはなっていなかったと思います。

 

アジア7

 

4日目

この日は飛行機の時間まで自分たちで観光をしました。市場に行ったり、ショッピングモールに行き買い物をしたり、自分たちの行きたかったところに行きました。買いたいものが買えてよかったです。そして、とうとう帰国の時間となり釜山を出発しました。

 

この4日間を振り返るとたくさんの経験が出来たと思います。それ以上にこのプロジェクトに向けて事前準備を運営委員や参加者としてきたことは今後、こういうことがあっても生きてくると思います。

今回このような企画に携わらせていただきありがとうございました。次は自分の意見も含めながらより良いものにしていきたいです。

2017年4月17日(月)

2017年4月6日(木)と7日(金)の2日間にわたり、和歌山の白浜で教育学部現代教育学科の新入生宿泊研修が行われました。研修には新入生220名と3回生6名、2回生12名、教職員14名の総勢252名が参加しました。

 

宿泊研修の目的は下記3点です。

① 新入生同士や教職員との交流を通してよい人間関係を作ること。

② 造形活動や将来に向けた作文を書くことを通して学科の特徴に触れ、学科の一員となること。

③ 教職員や先輩から体験談やアドバイスを聞き、学業や学生生活のイメージを作ることで不安を解消すること。

 

現研1

 

【研修1日目】

朝9時にバス6台で畿央大学を出発し、白浜までの車内で自己紹介を行いました。

【バスレクリエーションでの一コマ】すぐに打ち解けて笑顔の学生たち!

 

現研2

 

【とれとれ市場で昼食をとる学生たち】

 

現研3

 

学生スタッフが恒例の元気な「いただきます」の手遊びを披露すると、新入生も驚きと笑いに包まれました。昼食後は2グループに分かれて千畳敷と三段壁を見学しました。風が強い中でも負けずにジャンプするなど、クラスごとの写真撮影を楽しみました。

 

【千畳敷と三段壁をバックに記念写真】強風での撮影でした良い思い出となりました!

 

現研4

現研5

 

宿泊先のホテルシーモアに到着後の開講式では、安井学科長からの話、教職員と上回生からの新入生へのメッセージが送られました。

 

【開校式】新入生に向けてスピーチされる安井学科長

 

現研6

 

その後、冬木学長からの新入生に向けたメッセージを読んで、自身の夢の実現に向けてこれから4年間の大学生活をどのように過ごしていくのかを考え、「夢をチカラに」というテーマの作文を作成しました。

 

【研修中の一コマ】大学生活に対してのそれぞれの思いを作文にしました。

 

現研8

 

夕食後には翌日の造形活動のためにコース別にグループ分けをして、グループごとに「なりきり自己紹介」を行いました。これは何か物に例えて自分を紹介するというワークで、新入生は自分をどのように表現し自己紹介するか頭を悩ませながらも一生懸命取り組んでいました。

 

【グループディスカッションでの一コマ】

 

現研7

 

【研修2日目】

晴天であれば白良浜で砂の造形活動の予定だったのですが、前日から降り続く雨のため、今年は体育館での段ボール造形です。西尾先生から段ボールの扱い方等について指導を受けた後、グループごとに造形活動の開始です。より高く組んでいくことを目指すグループもあれば、形にこだわって作成するグループもあり、グループごとの個性あふれる作品がたくさん出来上がりました。

 

【造形活動での一コマ】グループごとに協力し合い個性あふれる作品が出来上がりました!

 

9.10

 

ホテルに戻って昼食を食べた後は閉講式が行われました。盛りだくさんの内容の宿泊研修ですが、2回生・3回生の学生スタッフ・サポーターのしっかりとした適切なサポートなしに語ることはできません。新入生もぜひ来年度はスタッフとして参加して、今後も宿泊研修を盛り上げてほしいと思います。

 

【全員で記念撮影!】

現研11

 

現代教育学科 講師 大城愛子

 

 

【関連記事】

平成29年度 新入生宿泊研修レポートvol.5~人間環境デザイン学科

平成29年度 新入生宿泊研修レポートvol.4~健康栄養学科

平成29年度 新入生宿泊研修レポートvol.3~看護医療学科2回生レポート

平成29年度 新入生宿泊研修レポートvol.2~理学療法学科

平成29年度 新入生宿泊研修レポートvol.1~看護医療学科

2017年4月12日(水)

平成29年4月6日(木)と7日(金)の2日間にわたり、愛知県犬山市にある博物館明治村にて新入生宿泊研修が行われました。研修には新入生68名、学科長の三井田先生を始め、1組担任の東先生、2組担任の西山先生、陳先生、中井先生が参加し、研修の進行をサポートするデザイン学科4回生4名の総勢77名の参加となりました。

 

20170412 デザイン学科 新入生研修12

 

博物館明治村とは、戦災や震災で取り壊される運命にあった明治建築を保存展示している野外博物館です。全国各地からこの場所へ移築されており、重要文化財10棟を含む60数棟の歴史的建築物が現在も保存されています。人間環境デザイン学科では今後、建築・インテリア・アパレルに関する「デザイン」を学んでいきます。その最初の基盤として、毎年豊かな環境や歴史的建造物が存在する地域を訪ねます。

 

【研修1日目】

明治村へ到着し昼食のカレーを食した後、明治村館内へ。館内では8班のグループに分かれ、それぞれ好きなルート辿って3時間ほど見学しました。

▼見学時の様子:新入生各々が、見て・聞いて・触れて感じたことをまとめました。

 

デザイン 新入生研修 写真

 

 

▼聖ヨハネ教会堂(1907年建設)

 

20170412 デザイン学科 新入生研修5

 

明治建築の石造・煉瓦造りが特徴的です。なんと天井には竹が使われており、なんともいえない落ち着いた空間となっていました。

 

 

▼宇治山田郵便局舎(1909年建設)をバックに記念撮影

 

20170412 デザイン学科 新入生研修6

 

建存する郵便局庁舎の中では日本最古です。中に入ると円形のホールがあり、天井はまわりの事務室部分より一段高くされ、高窓から光が入るようになっています。

 

 

▼聖ザビエル天主堂(1890年建設)

 

20170412 デザイン学科 新入生研修7

 

ステンドグラスからの光がとてもきれいでした。フランス人の設計原案に基づき、日本人の手で造られたもので、柱や天井など職人の繊細な技術が見られます。

 

▼帝国ホテル (写真左)内観 (写真右)外観

 

帝国ホテル内観・外観

 

アメリカの有名建築家フランク・ロイド・ライトによって設計されました。建物内外は幾何学模様に彫刻された大谷石や櫛目を入れた煉瓦で装飾され、柔らかで華麗な空間となっています。

これらの他にも、森鴎外と夏目漱石が住んでいた住宅や、西園寺公望の別荘など、数多くの建築物がありました。新入生のみなさんにとっては、初めて知ることばかりで質問が多く飛び交っていました。

 

▼館内見学前の昼食時。入学して間もない時期でも、すっかり仲良くなっている様子!

 

20170412 デザイン学科 新入生研修15

 

新入生は建物を見て「感動したこと」「不思議に思ったこと」「感心したこと」などを各々でまとめ、1日目の研修が終了しました。

 

 

【研修2日目】

2日目午前中は、班ごとにわかれグループワークをしました。明治村でまとめたものをグループ内で模造紙にまとめ、「明治村内で一番好きな建物」「今と昔の違い」「特徴」など、各班それぞれ違った発表を行いました。新入生各々が各観点から建物を観察するため、色んな意見が飛び交い、非常に充実した貴重なグループワークとなりました。

 

▼新入生のグループワークに耳を傾ける三井田学科長

 

20170412 デザイン学科 新入生研修10

 

 

▼グループワーク:入学後の初めての発表ということもあり、すこし緊張している様子。

 

20170412 デザイン学科 新入生研修11

 

▼グループワーク後の昼食:緊張もほぐれ終始リラックスした様子。長良川沿いにあるホテルで、桜が満開で綺麗でした。

 

20170412 デザイン学科 新入生研修13

 

 

▼最後は全員で記念撮影!

 

20170412 デザイン学科 新入生研修14

 

今回の宿泊研修では、明治建築の特徴やデザインなどをたくさん学ぶことができました。これからそれぞれの夢に向かってみんなで頑張りましょう!!(^^)/

 

人間環境デザイン学科 助手 中井千織

【関連記事】

平成29年度 新入生宿泊研修レポートvol.4~健康栄養学科

平成29年度 新入生宿泊研修レポートvol.3~看護医療学科2回生レポート

平成29年度 新入生宿泊研修レポートvol.2~理学療法学科

平成29年度 新入生宿泊研修レポートvol.1~看護医療学科