畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

イベントレポート

2019年9月19日(木)

こんにちは!第17回畿央祭の広報部署長の石橋愛と緒方優美子です!夏休みに入り、パンフレット作りが終盤を迎えています!

 

広報部署は畿央祭が始まる前の仕事が多いので、夏休みには部署長2人で4回集まりました!1回目の活動では、畿央祭パンフレットの紹介ページを作りました!広報部署の主な仕事は、パンフレットの作成です皆さんに畿央祭の詳しい情報や魅力を伝えられるパンフレットを作成したいと思います!広報部署は地味な仕事が多いですが、スタッフの方々や広報部署内でのつながりを深めることができるので、これからの広報部署の集まりが楽しみです!

 

▼去年のパンフレット

第17回畿央祭実行委員Blog vol.13~広報部署1-1

 

2回目には、パンフレットのMEMOページを作成し、イラストを添える活動をしました!去年のパンフレットと同様に、手書きイラストが可愛く仕上がっています。パンフレットを手にしたときは是非イラストにも注目してみて下さい!また、今年はMEMOページの一枚にクイズを入れているので、見つけて挑戦してください!

 

3回目の活動では、広告協賛店の紹介ページを作成し、ページ配分を決め、遂にパンフレット原稿が出来上がりました。原稿ができたのは、広報部署のみんなやスタッフの方々、そして広告協賛をしてくださったお店の皆様のおかげです。本当にありがとうございます!!

 

4回目の活動では、主にパンフレット原稿の最終チェックをしました。抜けているページや書き損じがないかを確認し、パンフレットを学生支援センターに提出しました。次の活動ではいよいよパンフレットの原稿を出稿します!どんなパンフレットが出来上がるのかとても楽しみです。

パンフレット原稿が仕上がったことで、畿央祭が近づいていることが感じられ、とてもドキドキしています!

畿央祭に来たときは、ぜひパンフレットをご覧ください!!

第17回畿央実行委員 広報部署長

現代教育学科2回生 石橋愛 緒方優美子

 

畿央祭『繋〜つながり〜』特設ページ

●これまでの実行委員Blogはこちらから!

2019年9月18日(水)

2019年9月9日(月)に西大寺北小学校で大阪ガスの出張授業の1つである「エコ・クッキング」が行われ、ヘルスチーム菜良として健康栄養学科の3回生1人、2回生3人、1回生4人が参加しました。

 

ヘルスチーム菜良…管理栄養士養成課程を持つ奈良県内4年制大学(畿央大学、近畿大学、帝塚山大学、奈良女子大学)で構成されており、食育啓蒙活動に取り組んでいます。

 

今回のテーマは「エコ・クッキング」ということで、まず初めに、大阪ガスの方から環境のことを考えた買い物の仕方や、無駄のない調理の工夫、片付けをするポイントを学びました。 

 

エコ・クッキング1-1

 

しっかり話を聞いた後は、調理実習を行いました。私たちは各班のサポートをしました。災害時に電気やガスが止まってもガスコンロで炊飯できるようにするため、炊飯器を使わず鍋でご飯を炊き、かつおだしの味噌汁を作り、だしをとった後のかつお節でふりかけを作りました。児童たちは「この鍋に合った火加減はこのくらいや!」「大根の葉っぱの部分も使えるかなぁ?」などエコについて一生懸命考えながら楽しそうに調理してくれました。

 

エコ・クッキング2-1

 

調理後、各班から出たゴミの量を調べると1番少ない班で5gでした!

この結果からもわかるように、どの班もゴミを減らす工夫ができました。

 

そして最後に、3回生の徳原有実さんが「今、起こっている地球環境問題」について講義を行いました。主に地球温暖化による影響についての話でした。児童たちは積極的に発言し、興味津々の様子で話を聞いていました。

 

エコ・クッキング3-1

 

今回、「エコ・クッキング」に参加して、私たち自身も調理や片付けの仕方を見直す良い機会になりました。また、実際に教育現場を見させてもらえたので、今後もこの経験を活かして食育の活動にもっと取り組んでいきたいです。

 

健康栄養学科1回生 松村拓奈

 

●ヘルスチーム菜良の情報はコチラからご覧になれます。

2019年9月17日(火)

8月31日(土)から19日間

イギリスで行われる夏期短期語学留学プログラムに参加!

 

畿央大学の短期語学留学プログラムは、毎年夏休み期間中に行われます。英語学習はもちろんのこと、英国文化に触れることができ、博物館見学や美術館での美術鑑賞、サッカー観戦、コンサートなど課外アクティビティを自分で計画して、イギリスでの生活を満喫することもできます。

【畿央大学夏期短期語学留学プログラム2019概要】

場  所:イギリスのカンタベリー(ロンドンの南、車で2時間程の場所にあります)

研修場所:コンコルドインターナショナルスクール

期  間:2019年8月31日から19日間

内  容:2週間英語学習(ホームステイ滞在)、その後5日間のロンドン文化体験(観光等)

では、夏期短期語学留学の日々の様子を参加学生にリポートしていただきます。

 

2週目の授業の様子をお伝えします。

午前の授業では、主に文法事項や、一つのテーマに沿ってdiscussionをするという授業でした。僕のクラスは、8人中、2人が日本人で、他の6人は韓国、台湾、スペイン、サウジアラビアと色々な国な人達と一緒に授業を受けることができました。他の国の人たちは、すでにスピーキングとリスニングの能力が高くて、びっくりしました。それに、自分の意見を堂々と発言し、間違いも恐れずに発言する姿勢は尊敬できるところだと思いました。授業のテーマが毎回難しくて、何度かクラスを変えてもらおうかと考えました。ですが、こんなにいろんな国の人達と授業を受けられる機会は貴重だと考え、続けることにしました。そうして続けているうちに、クラスメイトの言っていることや、先生の言っていることが頭の中で文字として浮かび上がってくるように聞こえるようになってきました。クラスメイトも優しい人達ばかりで、いい環境で授業を受けることができていると思います。

畿央大学夏期短期語学留学プログラム2019(イギリス)現地リポートvol.14 1-1

午前の授業を受けた後はケント州の観光に出かけていました。その中で一番印象に残っている場所はリーズ城でした。敷地内に入ったところから、色んな種類の鳥たちが居て、警戒心を見せることなく、近寄ってきました。中でも、黒色の白鳥「ブラックスワン」は他の場所ではめったに見られない鳥らしく、見ものでした。

 

畿央大学夏期短期語学留学プログラム2019(イギリス)現地リポートvol.14 2-1

 

ホームステイ先の家族もすごく親切にしてくださり、快適に過ごさせてもらいました。家に帰ると、「今日は何したの?」と聞いてくれるので、自然とコミュニケーションを取る機会がありました。ファミリーの人たちから積極的にコミュニケーションを取ってくれるので、自分も自然と話しかけられるようにもなりました。Dinnerのあとは、9歳と4歳の娘と一緒に庭で遊ぶことが日課になっていました。すごく充実した毎日だったと思います。

 

畿央大学夏期短期語学留学プログラム2019(イギリス)現地リポートvol.14 3-1

 

現代教育学科2回生 中田陽平

 

【関連記事】

畿央大学夏期短期語学留学プログラム2019(イギリス)現地リポートvol.13

畿央大学夏期短期語学留学プログラム2019(イギリス)現地リポートvol.12

畿央大学夏期短期語学留学プログラム2019(イギリス)現地リポートvol.11

畿央大学夏期短期語学留学プログラム2019(イギリス)現地リポートvol.10

畿央大学夏期短期語学留学プログラム2019(イギリス)現地リポートvol.9

畿央大学夏期短期語学留学プログラム2019(イギリス)現地リポートvol.8

畿央大学夏期短期語学留学プログラム2019(イギリス)現地リポートvol.7

畿央大学夏期短期語学留学プログラム2019(イギリス)現地リポートvol.6

畿央大学夏期短期語学留学プログラム2019(イギリス)現地リポートvol.5

畿央大学夏期短期語学留学プログラム2019(イギリス)現地リポートvol.4

畿央大学夏期短期語学留学プログラム2019(イギリス)現地リポートvol.3

畿央大学夏期短期語学留学プログラム2019(イギリス)現地リポートvol.2

畿央大学夏期短期語学留学プログラム2019(イギリス)現地リポートvol.1

2019年9月13日(金)

8月31日(土)から19日間

イギリスで行われる夏期短期語学留学プログラムに参加!

 

畿央大学の短期語学留学プログラムは、毎年夏休み期間中に行われます。英語学習はもちろんのこと、英国文化に触れることができ、博物館見学や美術館での美術鑑賞、サッカー観戦、コンサートなど課外アクティビティを自分で計画して、イギリスでの生活を満喫することもできます。

 

【畿央大学夏期短期語学留学プログラム2019概要】

場  所:イギリスのカンタベリー(ロンドンの南、車で2時間程の場所にあります)

研修場所:コンコルドインターナショナルスクール

期  間:2019年8月31日から19日間

内  容:2週間英語学習(ホームステイ滞在)、その後5日間のロンドン文化体験(観光等)

では、夏期短期語学留学の日々の様子を参加学生にリポートしていただきます。

 

現代教育学部2回生の桐生尚輝です。学校のあるカンタベリーに着いて、2週間目のことについてお伝えします。

 

現地の学校での授業は、はじめは概要がつかめないし英語が聞き取れないので、難しかったです。しかし、2週間目にはもう、英語をある程度聞き取ることができ、授業を楽しめるようになっています。教室では日本人だけでなく色んな国の人たちがいるので、ディスカッションなどする際は皆英語で話しています。他の皆は英語で次々話していますが、僕は普段話し慣れていないので、なかなか言葉が出てきませんでした。話す場を作るためになるべく休み時間にクラスメートと英語で話すようにしました。

 

畿央大学夏期短期語学留学プログラム2019(イギリス)現地リポートvol. 13 1-1

午後の授業の先生

 

先生たちはフレンドリーな方が多く、一度他の学生と一緒にカレーレストランに連れて行ってもらいました。カレーは辛すぎず美味しかったです。

 

畿央大学夏期短期語学留学プログラム2019(イギリス)現地リポートvol. 13 2-1

 

学校の学生たちと一緒にパブに行ってバーベキューをしました。そこでは学校のスタッフが用意してくれたハンバーガーなどを食べることができました。

 

畿央大学夏期短期語学留学プログラム2019(イギリス)現地リポートvol. 13 3-1

 

学校での授業が終わり、最終日には、畿央大学の学生や他のクラスメートたちと写真を撮りました。2週間は短かったですが、皆仲良くしてくれたので楽しく過ごせました。

もっと英語など勉強してまた来たいと思いました。

 

現代教育学科2回生 桐生尚輝

 

                                                                                                                        【関連記事】

畿央大学夏期短期語学留学プログラム2019(イギリス)現地リポートvol. 12

畿央大学夏期短期語学留学プログラム2019(イギリス)現地リポートvol. 11

畿央大学夏期短期語学留学プログラム2019(イギリス)現地リポートvol. 10

畿央大学夏期短期語学留学プログラム2019(イギリス)現地リポートvol.9

畿央大学夏期短期語学留学プログラム2019(イギリス)現地リポートvol. 8

畿央大学夏期短期語学留学プログラム2019(イギリス)現地リポートvol. 7

畿央大学夏期短期語学留学プログラム2019(イギリス)現地リポートvol. 6

畿央大学夏期短期語学留学プログラム2019(イギリス)現地リポートvol. 5

畿央大学夏期短期語学留学プログラム2019(イギリス)現地リポートvol. 4

畿央大学夏期短期語学留学プログラム2019(イギリス)現地リポートvol. 3

畿央大学夏期短期語学留学プログラム2019(イギリス)現地リポートvol. 2

畿央大学夏期短期語学留学プログラム2019(イギリス)現地リポートvol. 1

2019年9月8日(日)

明日香村国際サマーワークショップ2019

International Summer Workshop in Asuka 2019

 

人間環境デザイン学科では2年次配当「海外インターンシップ」の一環として、ただ今『明日香村国際サマーワークショップ2019』を開催しています。畿央大学(人間環境デザイン学科)学生2・3回生22名と台湾の高雄大学の学生12名が明日香村に集い、空き家の利活用提案や町並み調査などを行っています。8月25日(日)から8月31日(土)まで、明日香村で約1週間過ごす中で、旧集落における課題に向き合い、地域活性化につながる提案を行います。

 

●5日目:8月29日(木)

前日同様、岡地区と栢森地区で合計6チームに分かれて作業をしました。分からないところは先生に質問しながら進めていきます。

 

明日香村国際サマーワークショップ5 1-1-down

▲先生に指導してもらいました。

 

明日香村国際サマーワークショップ5 4-1

▲発表用パース作成の様子。

 

発表を明後日に控え、提案作業も終盤に差しかかっています。細かいところの設定を決めたり、発表用のパースを描いていたりしました。

 

明日香村国際サマーワークショップ5 5-1

▲ディスカッションの様子。

 

言語が違い、ディスカッションではうまく意思が伝わらず戸惑うこともありました。しかし通訳だけに頼るのではなくて、漢字や英語・スケッチなどを用いて、自分のアイデアや意思を相手側に伝えようとする姿が多く見られました。とても集中していて、昼までの時間はとても短く感じました。

 

明日香村国際サマーワークショップ5 6-1-side

▲昼食のお弁当。

 

昼食のお弁当は今までで1番豪華で3色丼と味噌汁に餃子・バナナ・サラダがついたものでした。毎日のお昼ご飯が楽しみとなっています。

 

明日香村国際サマーワークショップ5 8-1

▲木造建築の講義の様子。

 

午後からは、台湾の陳先生と日本の奈良女子大学の瀧野先生に木造建築についての講義していただきました。陳先生には台湾の古くから伝わる木造建築や住宅について、瀧野先生には奈良の伝統木造建築や木構造の歴史などについて教えていただきました。台湾と日本の伝統的な工法の中には似ているものもありました。

 

明日香村国際サマーワークショップ5 9-1

▲講義後、学生からの質問に答えている様子。

 

疑問に思ったことを先生方に質問しました。講義終了後は、発表に向けて約1時間のグループワーク作業を行いました。作業は明日で終わりなので、少しでも進めようとみんな真剣に取り組んでいました。

明日1日で終われるのか…少し心配ですが、精一杯頑張ります!

 

人間環境デザイン学科4回生 外尾華奈子・3回生 阿部きらり

 

主催:畿央大学 

共催:国立高雄大学(台湾)、明日香村商工会、大和飛鳥ニューツーリズム

後援:明日香村役場

 

【関連記事】

明日香村国際サマーワークショップ2019を開催!vol.4~人間環境デザイン学科

明日香村国際サマーワークショップ2019を開催!vol.3~人間環境デザイン学科

明日香村国際サマーワークショップ2019を開催!vol.2~人間環境デザイン学科

明日香村国際サマーワークショップ2019を開催!vol.1~人間環境デザイン学科