畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

クラブ・サークルより

2019年7月31日(水)

私たち、バスケットボール部LOOSE」は2019年7月5日(金)から7月7日(日)に「Second Stage」という大会に参加するため滋賀県まで行ってきました!!男子7人、女子13人の計20人で参加してきました。この大会には、立命館大学や中京大学などの様々な大学が参加していました。

 

写真2

 

【男子バスケットボール部】

男子は、A~Dブロックある中のCブロックでした。男子の初戦は愛知大学のシルバームーンズ。7人中5人がはじめてのセカステで、朝が早かったと言うのもあってか思うように体が動かず、シュートも全然決まらないまま、何一つ良いところもなく負けてしまいました。このままでは…と昼寝を済ませ、万全のコンディションで迎えた第2試合。次の相手の「tkj」戦では、敵のセンターが怪我で出られないというハプニングによりなんとか勝利。ラッキー!意地で取った一勝でした。そして一勝一敗で3チームがならび、結果的に我らが畿央大学は得失点差で3位に。リーグ最下位です。気を落としながら宿へ戻り、全体ミーティングで話を聞いているとなぜか2位トーナメントに進出となりました。ラッキー!

 

バスケットボール部「LOOSE」滋賀県で開催された「Second Stage」に出場2-1

 

そんなこんなで迎えた2日目。時間を間違え、試合開始ギリギリに会場に着いた我々畿央大学はウォーミングアップも満足に済ませられないまま第1試合へ。相手は富山県立大学の「BLUE NIGHTS(B)」。アップ不足により前半は目も当てられないほど散漫な動きでしたが、後半に盛り返しなんとか逆転勝利を収め、決勝へ駒を進めました。決勝の相手はまたも「tkj」。初日はギリギリ勝てた相手だったので不安でいっぱいでした。ですが、試合が始まってみると驚くほどに畿央大学の調子が良く、とくに3ポイントの精度は凄まじいものでした。後半に追いつかれそうにもなりましたがなんとか逃げ切り、見事2位トーナメントで優勝を飾りました。ラッキー!各個人のスキルアップも見られ、チームとしての仲も深まった充実した三日間でした!

 

 健康栄養学科3回生 金川弦馬

 

バスケットボール部「LOOSE」滋賀県で開催された「Second Stage」に出場3-1

 

【女子バスケットボール部】

女子はa~cブロックある中のaブロックでした。1試合目は、6日土曜日の朝から始まりました。1日目の試合は、ブロック内4チームのうち2チームと試合をするというリーグ戦でした。初戦は、関西大学の「なんじゃもんじゃ」。前回のセカステで見た「なんじゃもんじゃ」はスピードとシュート力を兼ねそろえていて試合前から少し警戒していました。しかし、我ら畿央大学「LOOSE」は朝に強かったのでしょうか、みるみるうちに得点を重ね見事勝利しました。そして、2試合目の相手は愛知大学の「ゴールデンサンズ」でした。このチームに30点以上の差を開けて勝利すると1位通過できるということが分かり、チーム皆とても燃えていました。ですが、1試合目のように簡単に得点を重ねることができず、苦しい状態が続きました。その中でも、輝いていたのは2回生の岡所さんです。味方が外したシュートを一生懸命に身体を張ってリバウンドを取ってマイボールにし、まさに縁の下の力持ちとして戦ってくれました。そのおかげで、みんなは思いっきりシートを放つことができ、徐々にシュートも入ってきて得点を重ねていくことができました。そして、試合最後に2回生の三星さんのスリーポイントシュートが決まり、なんと、31点差で勝利しました!!

 

バスケットボール部「LOOSE」滋賀県で開催された「Second Stage」に出場4-1

 

2日目は1位トーナメントでした。1試合目は、近畿大学の「We wanna take drinking」との試合でした。身長の高い選手、シュート力のある選手に食らいついていた畿央でしたが、惜しくも負けてしまいました。最後は、立命館大学の「Bloom」との試合でした。これに勝ったら3位だ!!とチーム皆で一丸となり戦いました。試合は、終始接戦でどちらが勝つかわからないという状態で進んでいきました。後半では、畿央のディフェンスが効き、チーム全員出場し勝つことができました。結果は、全体の3位で皆とても嬉しそうでした。コートに立っている人だけが頑張るのではなく、ベンチにいる人もたくさん声を出し、チーム皆でつかんだ勝利になったと思います。次は、夏の大会に向けて頑張っていきたいです! 

 

バスケットボール部「LOOSE」滋賀県で開催された「Second Stage」に出場5-1

 

男女ともに、パワーアップできた大会となりました。まだまだパワーアップし、次のセカステでは、男女ともに優勝できたらいいなと思います。

 

現代教育学科3回生 松木真綺

 

【関連記事】

男子・女子バスケットボール部、滋賀県で開催された「Second Stage」に出場!

男子バスケットボール部「LOOSE」新チームが始動!

「SPALDING CAMP 2017 WINTER WEST」に出場!~バスケットボール部

2019年7月25日(木)

こんにちは!

ビーチラグビー部「Un lache」代表の直井魁杜(現代教育学科3回生)です。

 

僕たちビーチラグビー部は、令和元年6月29日(土)~30日(日)まで和歌山県白良浜海水浴場で行われた、「24th BEACH RUGBY JAPAN TOUR 2019 Round3白浜大会」に全6チーム、65人で参加しました!

 

ビーチラグビー部が白浜大会に参加!1-1

 

ここ数年、白浜大会は悪天候に見舞われているので、「今年こそは!」と好天を期待して参戦しました。

願いが届いたのか、1日目は雨も降らず、やや曇り空で、ビーチラグビーをするには最適の天気となりました。時折太陽も出て、真っ白な砂浜に青い海がとても綺麗で、最高のコンディションで試合をすることができました!

が、2日目…毎年恒例の雨と強風という悪天候になってしまいました。しかしながら、1回生をはじめ多くのチームが善戦を繰り広げ、精一杯トライを目指し協力する姿が見られました!!

 

多くの1回生が入部後はじめての公式大会、かつ先輩と遠征ということもあって、緊張や不安な中での参加だったと思います。しかし、最終日には上回生と仲良く話す様子や1回生同士が仲良く過ごす様子が見られ、本当に良かったと思います。

ビーチラグビー部のシーズンは6月〜8月と短期間で、大会も多くはありません。特に1回生には、一つ一つの大会で最高の思い出となりビーチラグビーを続けるきっかけにしてもらえるよう、僕たち上回生も頑張っていきたいと思います!

ビーチラグビーは、男女や体格差関係なく誰でも安全に楽しめるスポーツです!

僕たち畿央大学ビーチラグビー部も男女一緒に練習を行い、時には切磋琢磨しています。

まだまだ部員は大募集中です!

毎週月・金曜の18時から練習をしているので、少しでも興味がある方は第2キャンパスまでお越しください!プレーヤーだけでなく、マネージャーも大歓迎です!

 

 ビーチラグビー部が白浜大会に参加!2-1

 

最後になりましたが、いつも畿央大学ビーチラグビー部へのご支援・ご声援ありがとうございます。

これからもどうぞよろしくお願い致します。

 

 

ビーチラグビー部代表 直井魁杜

 

【関連記事】

ビーチラグビー部、第16回レディース全国大会で2年連続の準優勝!

ビーチラグビー部が「第18回リベンジ上越大会」に参加、敢闘賞に!

2019年7月5日(金)

初めまして!Smile Blogからこんにちは!手話サークルです!

令和元年6月29日(土)に奈良県の広陵中央公民館で小学5年生に対して手話を教えに行きました!奈良県で平成29年度に施行された「手話言語条例」、広陵町で平成31年度に制定された「ともにはぐくむ手話言語条例」から、小学生にも手話というものがどういうものなのかを実際に体験してもらえる時間を過ごしました。

 

初めに「手話ってどういうときに使うのだろう」「音が聞こえないってどういうことだろう」ということを一緒に考え、学びました。実際に観てもらって音が聞こえない世界を体験してもらいました。

 

次に手話表現を教えました。挨拶や指文字をみんなで手を使って勉強しました。また自己紹介や相手の名前を聞く練習も行い、グループで相手の名前を聞きあったり、自分の名前を手話で伝えることもしました。

 

▼「おはよう」の手話を練習中

手話サークル1-1

 

指文字に慣れてきたら今度は指文字ゲーム!私たちが何の言葉を手話で表しているのかを当てるゲームをしました。2文字、3文字、4文字と数が増えていくにもかかわらず、みんなすぐに分かって元気に手を挙げていました。

 

▼指文字を必死に確認して手を挙げていました。

手話サークル2-1

 

最後は歌に合わせて手話をしました。曲はFoorinさんの「パプリカ」という曲です。「知ってる人!」って聞くと全員が手を挙げて驚きました!知ってる曲だからこそみんなより一層楽しみながら手話を使って歌っていました。

 

▼みんな興味津々!私の後に続いて練習してくれました。

手話サークル3-1

 

さすがは小学生、みんな元気で大学生はへとへとでした(笑)でも元気いっぱいの小学生に囲まれて手話を教えることができたのでとっても楽しかったです!

今回、手話を教えた小学5年生は7月に福井県の美浜町に行くそうです。毎年交流があり一緒に釣りやバーベキューなどをするそうですが今年はさらに美浜町の小学生に手話を教えるそうです。今回学んだことを活かして手話を教えてもらえたらいいなと思います。パプリカも手話をしながら歌ってきてほしいな~

楽しんでいってらっしゃい!

 

 

現代教育学科3回生 播間あかね

2019年5月27日(月)

人間環境デザイン学科3回生、軟式野球部主将の海江田和輝です。

軟式野球部が2019年5月26日(日)に開催された第42回全日本学生軟式野球選手権大会関西予選(第4戦)に参加したので報告も兼ねてレポートさせて頂きます。

 

畿央大学は現在3勝0敗。この第4戦(対 宝塚医療大学)に勝つか引き分けるかで全国大会へ切符を手に入れることができます。

 

 

▼試合開始前に円陣を組み士気を高める部員たち

軟式野球部 本番1

 

今年のチームは昨年度から経験豊富な3回生が中心となり、チームを引っ張ります。第4戦のスターティングメンバーです。

 

1 セカンド   森田 (デザイン学科2回生)

2 ライト    海江田(デザイン学科3回生)

3 センター   楠(知)(デザイン学科3回生)

4 ショート   渡邊 (現代教育学科3回生)

5 ファースト  祷  (デザイン学科1回生)

6 キャッチャー 戸高 (現代教育学科3回生)

7 サード    楠(大)(現代教育学科2回生)

8 レフト    櫻井 (看護医療学科3回生)

9 ピッチャー  吉田 (健康栄養学科2回生)

 

畿央大学の後攻で試合が始まりました。

 

軟式野球部 本番2

 

試合が動いたのは2回。この回、先頭打者の戸高選手、続く楠(大)選手がデッドボールで出塁し、続く櫻井選手もフォアボールを選びノーアウト満塁のビッグチャンスを作ります。9番吉田選手が凡打に終わりますが、続く先頭打者の1番森田選手が右中間へ豪快な満塁ホームランを放ちました!この回、一挙4点を先制します。

 

▼先制の満塁ホームランを放った森田選手

軟式野球部 本番3

 

▼第4戦に先発した吉田投手。

軟式野球部 本番4

 

吉田投手も粘り強く投げ続け4回・5回と3点ずつ失点を許しますが、なんとかチーム全員でピンチを乗り切ります。

 

▼3回生が中心に2年生投手を盛り立てます。

軟式野球部 本番5

 

5回裏に畿央大学も反撃に出ます。

2番海江田選手、3番楠(知)選手、4番渡邊選手がそれぞれ出塁し、またもやノーアウト満塁のチャンスを作ります。ここで登場したのが代打、谷本選手(理学療法学科1回生)。谷本選手は期待に応えてセンター前ヒットを放ち、1点を追加します。

 

▼チャンスメイクで意地を見せた3回生たち。

軟式野球部 本番6

 

後続も倒れ、この回は1点のみで終わります。畿央大学は6回から櫻井選手がマウンドに上がりました。

 

▼リリーフとして登板した櫻井選手

軟式野球部 本番7

 

6回に2点を追加され6回裏が終了した時点で5対8と逆転されてしまいます。この試合を落とせば全国大会への道が遠のいてしまう畿央大学は最後の意地を見せます。

7回裏、1アウト後に3番楠(知)選手がデッドボールで出塁し、続く4番の渡邊選手が左中間へツーベースを放ちます。

 

▼チャンスを繋いだ渡邊選手

軟式野球部 本番8

 

続く途中出場の國頭選手(現代教育学科1回生)がフォアボールで出塁し、この日3度目の満塁のチャンスを作ります。このチャンスに6番の戸髙選手が期待に応え、右中間へタイムリツーベースを放ちました。

 

▼チャンスに応えた戸髙選手

軟式野球部 本番9

 

この回、更に1点を追加し土壇場で8対8の同点に追いつきます。8回表の守備も無失点で抑え、裏の攻撃は無得点に終わりました。

ここで時間制限となり、このゲームは引き分けとなり試合終了です。

 

畿央大学軟式野球部、見事全国大会への切符を手にしました!

 

軟式野球部 本番10

 

▼接戦を引き分けとし、安堵の表情を見せる畿央ナインたち。

 

軟式野球部 本番12

 

新チーム最初の目標としていた全国大会出場が決まりとても嬉しく思います。苦しい展開の中でも誰1人諦めずと勝ちにこだわり続けた結果だと思っています。全国大会では1人1人が自分に任される役割を果たし、全員が準備した上で試合に入っていけるような試合運びを出来るように頑張っていきたいと思います。そして、笑顔で楽しく野球を!をモットーに全国制覇をめざします!

 

軟式野球部 本番ラスト

 

全国大会の日程ですが、8月18日〜24日の7日間で佐藤薬品スタジアム・橿原市硬式野球場・名張市総合グランド・宇陀市室生球場に分かれて開催されます。

今後とも軟式野球部の活躍にご期待ください!

 

軟式野球部主将

人間環境デザイン学科3回生 海江田和輝

 

【関連記事】

春のオープン戦(対 天理高校)レポート!~軟式野球部

第8回夏のセンバツ全日本軟式野球大会へ出場!~軟式野球部

全国大会出場に望みをつなげるか!?第41回全日本学生軟式野球選手権大会関西予選 第3戦!~軟式野球部

2019年5月23日(木)

一昨年のビーチラクビー部の取材から2年、今年はアルティメット部の取材にお笑い芸人「コロコロチキチキペッパーズ」のナダルさん・西野創人さんと、「ヒガシ逢ウサカ」の高見雄登さんが、5月23日(木)に来学されました!

これは、ケーブルテレビ KCNファミリーチャンネル 毎週月曜9時放送「コロコロチキチキペッパーズのやっべぇぞ!!」という番組で、学校の部活動などに戦いを挑む…という企画です。

 

11-vert

 

【アルティメットとは】

1968年に高校生のジョエル・シルバーが考案し、アメリカ合衆国ニュージャージー州メイプルウッド市のコロンビア高校で最初のゲームが行われた7人制のチームスポーツで、100m×37mのフィールドでフライングディスクを落とさずにパスをして運び、コート両端のエンドゾーン内でディスクをキャッチすれば得点となるスポーツです。一般社団法人日本フライングディスク協会HPより引用)

 

次期キャプテンの理学療法学科2回生の江田朱里さんから、アルティメット部に入部したきっかけから、競技内容・ルール、フライングディスクの投げ方など説明がありました。江田さんのアルティメット愛があふれる説明は、丁寧かつ分かりやすく笑いを交えた説明で、撮影前の緊張感もなくなり、みんな笑顔で練習を開始しました!

 

▼試合前の練習風景

5555-vert

 

 

▼だんだんとうまくなるコロチキの2人。この後の試合に期待?

VFRESVREGVBWASVBcats

 

▼試合前には、キャプテンや遠くから通学している学生にインタビュー。

YOGREDFGBERGBERTGBERV-vert

 

練習が終わってからは、いよいよ「コロチキの2人を擁する男子チーム」対「女子チーム」とでガチンコ勝負へ!

 

 

▼試合前の両チーム

cats34gf4q32gteg3e

 

▼西野さんのスローイングでゲームスタート(スローオフ

catsdewqfdqefw

 

▼フライングディスクをキャッチした相手側の攻撃がスタート。パスを阻止するコロチキの2人。

catsghbtershge3hge

 

▼白熱したゲーム展開!

catsFGREGF3WE-vert

 

炎天下の暑さに負けないくらいに白熱した試合に!結果は果たして!?…6月の放送をご期待ください!

 

▼全員で記念撮影!!!

catsCEWFDCWEADC

 

▼撮影中、サインや写真撮影にも丁寧に対応いただきました。

 

P1800629

 

P1800641

 

IMG_0160

 

ナダルさん、西野さん、高見さん、畿央大学までお越しいただきありがとうございました!

畿央大学アルティメット部が登場するのは、6月2日(日)の放送からです。KCNに加入されていない方も、後日KCNホームページでご覧になれます。

 

番組タイトル:「コロコロチキチキペッパーズのやっべぇぞ!!」

【放送日時】

初回放送:6月2日(日)

再放送:6月14日(金)まで

 

【放送時間】

月曜日:21:00~21:30

火曜日:8:00~8:30、24:30~25:00

水曜日:19:30~20:00

木曜日:12:30~13:00

金曜日:22:30~23:00

日曜日:21:30~22:00

 

【放送チャンネル】

 KCNファミリーチャンネル(地上11) 

 Koma-TV(地上12)

※6月15日以降、ケーブルテレビの動画配信サイト「じもテレ」にて配信されます。

 

【関連リンク】
KCNホームページ
http://tv.kcn.jp/