畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!
畿央の学びと研究

サマースクールがスタート~イギリス短期語学留学その2

2011年8月23日(火)

イギリスの留学先から、続報が届きました。

授業start.JPG

ご報告が遅くなりましたが、2011(H23)年8月15日より、サセックス大学でのサマースクールが始まっています。

9時15分にホームステイ先や寮から各自で大学に集合。ホームステイ先から大学まではバスで来る必要があります。初めて来た場所で、乗り方も知らないバスに乗って初めての通学です。バス停や乗るバスの番号などはホストファミリーに前日に訊いていますが、もちろん英語でのコミュニケーションです。無事に時間通りに着けるのか、それぞれ心配をしていたようですが、1名の遅刻はあったものの全員オリエンテーションの開始に間に合いました。バスに乗っての通学など、簡単なようですが、乗換えや降りる場所をどのように知るかなど、想像以上に難しいものです。

それ以外にも、ちょっとした日用品の買い物でも、日本と勝手の違うことがあり、思っていたようにうまくいかないのが、こちらでの生活です。それでも、ホストファミリーや、駅、スーパーやバスのドライバーなど、さまざまな場所でいろんな人を相手に、それぞれが英語でコミュニケーションをとりながら、少しずつこちらの生活に順応できるように知識を増やしていきます。慣れない状態では大変ですが、英語の勉強にとって大きなプラスになることは間違いありません。

サマースクールの初日は、1時間ほどのオリエンテーションから始まります。大学のスタッフが生活や授業での注意点を細かく説明します。シャワーや水の使い方など、ちょっとした点に日本との違いが見つけられます。サセックス大学での生活を充実させるために必要な情報が英語で伝えられるので、みんな必死で聞きとりメモをとります。安全面での情報や何かあった時の相談先、緊急時の連絡方法なども知らされます。

その後はプレイスメントテストが待っています。20分ほどの文法問題と先生とのインタビュー、短い英作文が課され、みんな真剣な顔つきに変わって試験に取り組んでいます。ここでいい結果を出すためには、日本でどれほど正確に英語を学んできたかが重要で、しっかりとした文法知識を渡英前に身につけておくことが大切です。

試験.JPG

試験の後、大学のスタッフに構内を案内してもらいます。大学内には、銀行、郵便局、病院を始めさまざまな施設がそろっており、生活に必要なものはすべて大学内で事足ります。また、学内にPubがあるのはいかにもイギリスといったところでしょうか。

キャンパスツアー.JPG

午後になってクラス分けの結果が貼り出され、早速、授業が始まります。3週間のサマースクールの開始です。英語の学習はもちろんのこと、多文化に触れることで、さまざまな経験をし、広い視野に立った考え方ができるように、多くのことを学んでほしいと期待しています。

サセックス大学.JPG

【所属カテゴリ】畿央の学びと研究

ブログトップへ