畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!
イベントレポート , 理学療法学科 , 畿央の学びと研究

ニューロリハビリテーションセミナー(実践編)を開講しました。

2012年2月28日(火)

平成24年2月25日(土)、26日(日)に「平成23年度畿央大学ニューロリハビリテーションセミナー -実践編-」が開講されました。
昨年度から始まりました畿央大学ニューロリハビリテーションセミナーも2年目となりましたが、今回の「実践編」はそれを締めくくるセミナーとなりました。

実践編1.jpg

これまでのセミナーと異なり、「実践編」では脳機能イメージング研究の実際について、講義に加え、実際の機器操作、測定、解析、結果の解釈、プレゼンテーションまでを受講生に経験していただきました。
昨年同様、本学にある機能的近赤外分光法(fNIRS)装置2台と(株)島津製作所のご協力のもとさらに2台を加えた合計4台を準備しました。

実践編3.jpg

そして今回は、昨年度に本学に導入された高機能デジタル脳波計Active Two system(BIOSEMI社製)の脳波計(EEG)も加え、電気生理学的側面からの脳機能測定も体験して頂きました。
「実践編」では少人数でのグループに分かれ、それぞれの装置を1日半存分に体験、装置の限界も含め理解していただけたでしょう。

実践編2.jpg

プレゼンテーションの準備では、考察についてグループ内で様々な議論がなされ、それによりさらに脳機能について理解が深められたことと思います。

また「実践編」はこれまでのセミナーに比べ少人数のため、セミナーおよび懇親会でも非常に距離が近く、良い雰囲気の中、新たな人のつながりもできたと考えます。

すでに、来年度の畿央大学ニューロリハビリテーションセミナーについては、日程の案内を畿央大学ホームページなどに掲載しております。

http://www.kio.ac.jp/event/120217.html

来年度は3年目となり、一つの区切りでもあります。さらに発展したセミナーとなるよう準備をしています。

最後に、今回の実践編を開催するにあたり、測定やデータ処理について島津製作所の皆様にもサポートしていただき、機器についてより詳細な説明を提供できたことを、この場をかりて感謝申し上げます。
畿央大学大学院健康科学研究科の皆様にも2日間、セミナーの運営にご協力いただき、あわせて感謝申し上げます。

 

【平成23年度畿央大学ニューロリハビリテーションセミナー関連記事】

■実践編に向けた「脳波の解析に関する技術指導セミナー」
http://www.kio.ac.jp/information/2011/08/post-396.html

■臨床編 http://www.kio.ac.jp/information/2011/12/23-3.html

■応用編 http://www.kio.ac.jp/information/2011/09/post-413.html

■基礎編 http://www.kio.ac.jp/information/2011/07/23-1.html

【所属カテゴリ】イベントレポート理学療法学科畿央の学びと研究

ブログトップへ