畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!
イベントレポート , 現代教育学科 , 畿央の学びと研究 , 畿央大学×地域連携 , 看護医療学科

キャンパスから”金環日食”がくっきり見えました!

2012年5月22日(火)

みんなで金環日食フィーバー!

2012(平成24)年5月21日(月)午前7時過ぎから、徐々に太陽が欠けだし7時29分頃には完全なリング状になった“金環日食”ショー。

金環日食1.JPG

この日、近隣小学校では登校時間を30分遅らせる学校がほとんどで、日本国民が空を見上げて大フィーバーしました。
畿央大学では理数系・情報系の専門家、現代教育学科奥田俊詞准教授と看護医療学科福森貢教授の指導のもとに天体観測チームが結成され、金環日食が始まってから終了するまでをネットで近隣小学校向けに配信しました。

金環日食3.JPG

日食は、木漏れ日などでも確認することが出来ます。
大学のアリーナ(体育館)には巨大な木漏れ日を作り、楽しみました!

金環日食7.JPG

観測中は一時厚い雲に覆われましたが、太陽は雲間からはっきり見える状態が長時間続いたおかげでほぼ完ぺきなリングをとらえることができました。

金環日食4.JPG

7時30分前後の動画は大学のホームページから見ることができます。

http://www.kio.ac.jp/topics_news/3496/

冬木学園は、5月21日は創立記念日で休講でしたが、補講などもあり約50人の学生が観測会に参加。近隣の小学生も来ていました。

金環日食5.JPG

リングがつながった瞬間、みんな大きな感動を覚え、歓声があがりました!

【所属カテゴリ】イベントレポート現代教育学科畿央の学びと研究畿央大学×地域連携看護医療学科

ブログトップへ