畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!
イベントレポート , ボランティア活動報告 , 畿央の学びと研究 , 畿央大学×地域連携

畿央大学協力による『第13回えほん展なら』が開催されています。

2012年8月24日(金)

畿央大学の学生多数がボランティアスタッフとして参加!

中南和における、幼児と保護者のための夏休み最後のビッグイベント「えほん展なら」も今回で13回目になり、2012(平成24)年8月24日(金)~26日(日)の3日間、畿央大学の学生食堂棟1階と地階を使って開催されています。

この「えほん展なら」は、(財)奈良県教職員互助組合が主催し、奈良新聞社が運営しているもので、畿央大学は会場提供とボランティア学生の応援で連携しています。
今年も畿央大学教育学部の学生を中心に約40名が受付や手作りコーナー、クイズコーナーなどのスタッフとして参加しました。

えほん展2012-1.jpg

▲幼稚園児による、くす玉割り                     ▲受付スタッフの畿央大生たち

えほん展2012-2.jpg

▲手作り絵本コーナー              ▲クイズコーナー

昔から人気のある絵本から、話題の新刊本まで、約2,000冊の絵本が期間中は常設されています。
「おはなしげきじょう」(11:30~、15:00~)では拍子木を合図にスタッフが読み聞かせや手あそびで童話の世界に連れていってくれたり、「手づくりコーナー」では世界にひとつしかない自分だけのオリジナル絵本の作り方を教えてくれます。
その他「えほん展クイズ」やひとりずつ「読み聞かせ」をやってくれます。
段ボール箱でつくった連結電車ごっこでトンネルをくぐったり幼い子どもたちはおおはしゃぎでした。
えほん展2012-3.jpg

8月26日(日)の17時まで開催されていますので、ぜひお越しください♪

第13回えほん展なら.pdf

【所属カテゴリ】イベントレポートボランティア活動報告畿央の学びと研究畿央大学×地域連携

ブログトップへ