畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!
イベントレポート , 人間環境デザイン学科 , 畿央の学びと研究 , 畿央大学×地域連携

奈良・町家の芸術祭HANARART2012に協賛・参加しています。

2012年10月31日(水)

名柄神社に蝶々が、幾重にもはばたきました!

今年で2回目となる『奈良・町家の芸術祭HANARART2012(前期:御所市・五條市)が、2012(平成24)年10月27日~11月4日まで開催され、畿央大学は御所市名柄エリアの長柄神社境内を無数の風車と蝶々で飾りました。

HANARART(はならぁと)のイベントの目的は、歴史的な町家・町並みが残る奈良県の景観を残すことと、少子高齢化・人口減少による住民たちの問題意識・当事者意識が希薄となりコミュニティーが崩壊しつつあることから、歴史的な町並みに誇りをもって地域力向上を図ることです。
現在も住居として使用されている旧家の土間や離れをお借りして、そこに若き芸術家たちの作品を展示し多くの観光客を呼び込もうという新しい趣向です。

2012はならーと2.JPG

▲御所市名柄エリアでは、10月27日(土)14時からHARARART2012実行委員会により、名柄小学校でオープニングセレモニーが行われました。
御所市長(東川氏)の後ろにある、花瓶から舞い上がる蝶は本学学生たちの作品です。
ふだんは人通りの少ない名柄地区ですが、開催期間中は観光客に開放された町家の風情を楽しめるとあって多くの方々が訪れていました。

2012はならーと3.JPG2012はならーと.JPG

▲名柄エリアにおいては、人間環境デザイン学科の三井田ゼミが御所市と連携し改修図面を手掛けた明治時代の旧郵便局舎とその隣の池口邸(堺屋太一氏実家離れ)や国の重要文化財指定を受けている中村邸などに、現代アート作家の作品が町家の座敷や土間に展示され、独特の雰囲気を醸し出していました。

2012はならーと4.JPG

▲畿央大学人間環境デザイン学科三井田ゼミ生が手掛けた作品です。
長柄神社の境内を彩る風車と空に舞う蝶の群れが訪れる人々に心のやすらぎを提供してくれています。

御所市名柄エリアのHANARART(はならぁと)は、11月4日(日)まで。
ぜひ現地に行って、ご覧になってくださいね!!

 

【関連記事】

HANARART(奈良・町家の芸術祭)の準備に行ってきました!!
http://www.kio.ac.jp/information/2012/10/hanarart.html

奈良・町家の芸術祭HANARART2012に協賛・参加します。
http://www.kio.ac.jp/event/120912.html

【所属カテゴリ】イベントレポート人間環境デザイン学科畿央の学びと研究畿央大学×地域連携

ブログトップへ