畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!
理学療法学科 , 畿央の学びと研究 , 畿桜会(卒業生)NEWS

第8回KSM(卒業生の理学療法勉強会)を開催しました!

2012年12月21日(金)

畿央大学理学療法学科4期生の熊本です。
12/16に第8回KSM(Kio Study Meeting)を開催しました。

KSMとは4期生が中心になって行っている「理学療法勉強会」です。普段様々な現場で理学療法士として働いているメンバーが月に一度集まり、講義・ディスカッションをしています。僕は岡山県の回復期リハビリテーション病院に勤務しており、月に一度このKSMに参加させてもらっていますが、いつもとても良い刺激をもらっています。KSM20121221-1.jpg

今回は急な勤務変更などにより、5人での開催となりました。
初めに今後のKSMを進めていくに当たって、個人の役割分担を話し合いました。今までは代表の中田君主体で進んでいた運営も、日程調整係、発表者管理係、会場係など各個人が担当を持つこととなり、それぞれがより主体的に取り組んで行く形へと変化していこうとしています。

さて、今回の講義内容としては、上田君が「呼吸筋に対するストレッチ(thixotropy stretch)」という内容で、呼吸困難感の改善を目的とした講義をしてくれました。彼は現在デイサービスで理学療法業務をしているということで、集団で行う治療体操という視点から話してくれました。その中でマンツーマンのリハビリテーションとは異なる利用者さんとの関わり方や、治療効果にまつわる話などのディスカッションが出来ました。少人数ということでより近い距離で、より密度のある話し合いになったと思います。

KSM20121221-7.jpg

後半は実技中心の内容となりました。メンバーの中に腰痛がある人がいたため、それを対象に様々な視点から動作観察、関節個別の評価などを行いました。病態解釈を話し合うことも出来、とても有意義な時間となりました。

今後は他のグループとコラボした勉強会の企画提案も出ています。別の学校出身の方々とディスカッションが出来るということで、より実りのあるものにしていければと思います。来春に一年を迎えるKSMですが、徐々に基礎が固まりまた新たなステップに進みつつあるように感じられました。

KSM20121221-9.jpg

【過去の勉強会の様子】
▼第1回勉強会
http://www.kio.ac.jp/information/2012/04/post-502.html
▼第2回勉強会
http://www.kio.ac.jp/information/2012/05/2ksm.html
▼第3回勉強会
http://www.kio.ac.jp/information/2012/06/3ksm.html
▼第4回勉強会
http://www.kio.ac.jp/information/2012/07/4ksm.html
▼第5回勉強会
http://www.kio.ac.jp/information/2012/08/4ksm-1.html
▼第6回勉強会
http://www.kio.ac.jp/information/2012/10/6ksm.html
▼第7回勉強会
http://www.kio.ac.jp/information/2012/11/7ksm.html

【所属カテゴリ】理学療法学科畿央の学びと研究畿桜会(卒業生)NEWS

ブログトップへ