畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!
学生広報スタッフblog , 理学療法学科 , 畿央の学びと研究

学生広報スタッフblog vol.44~「日本理学療法学生交流会」のご紹介!

2012年12月5日(水)

学生広報スタッフ、理学療法学科3回生の吉川歩実です。
今回は私が所属する「日本理学療法学生交流会」と、今週日曜日12/9に迫った『第3回 理学療法学生交流会 関西支部大会』について紹介させていただきます!

この交流会は学会などとは異なり、理学療法士をめざす学生が主体となって企画運営を行なうことが一番の特徴です。視野の拡大や知識の充実を図る目的で講演者をお招きし、ディスカッションではさらに他大学と交流を広げる場となります。現在、運営委員として本学の理学療法学科の学生約30名が準備を進めています。

『第3回 理学療法学生交流会 関西支部大会』

【日時】 平成24年12月9日(日)10:00~(受付9:30~)
【場所】 畿央大学 冬木記念ホール
【内容】 講演、ディスカッション、学生発表、懇親会など
【会費】 1,500円

20121205理学療法学生交流.png

今回のテーマは「人生~人を支えて人になる~」です。

現在の4年制の大学教育システムでは学びきれないことを重視して、今学生が聞きたいことからテーマの選考を行っております。

同じ時代、同じ場所で生きている人はいっぱいいて、それぞれに人生があり、生活があります。私たちのめざす理学療法士はまさに、担当した患者さまの「人生」の中に必ず登場します。つまり、「人生」の一部となる職業です。そのひとの「人生」の中で自分は何ができるのか。自分の「人生」って何なのか。それらを考えるきっかけとなればと思い、このテーマと致しました。

プログラムとして関西大学名誉教授であり、日本笑い学会顧問である井上宏先生に『笑い』をメインに、笑いを取り入れたケアや人生における笑いの重要性などについての御講演を予定しております。また、理学療法士として働かれている生野先生、石垣先生のお二方には学生の抱く疑問や不安を解消していただくためにいくつかの質問に答えていただきます。これらの講演を拝聴した学生たちが、患者様の人生を尊重し、また理学療法士として、1人の人として充実した人生を送るための1つになればと思っております。

他にも、「横とのつながり」を大切にしこのことから、ディスカッションを重視したプログラム設定になっており、より親睦を深めていただくために懇親会の開催も予定しております。

一人でも多くの理学療法学生の参加していただきたいというのが運営委員皆の願いです。当日参加もOKです。お誘いあわせの上、皆様のご参加を心からお待ちしております!

日本理学療法学生交流会 畿央大学運営委員一同
学生広報スタッフ 吉川歩実

▼畿央祭(学園祭)では模擬店を出して、資金集め!

20121205KIOブログ 学祭.jpg

▼昼休みを利用して、各部署で打ち合わせ!

20121205KIOブログ 学生発表.JPG

▼会場となる冬木記念ホールでリハーサル!

20121205KIO.JPG

【過去の大会の様子】

『第1回冬季日本理学療法学生交流会』
http://www.kio.ac.jp/information/2011/02/post-344.html

【所属カテゴリ】学生広報スタッフblog理学療法学科畿央の学びと研究

ブログトップへ