畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!
学生広報スタッフblog , 理学療法学科 , 畿央の学びと研究

学生広報スタッフblog vol.49~第3回日本理学療法学生交流会関西支部大会レポート!

2012年12月19日(水)

学生広報スタッフ、理学療法学科3回生の吉川です。

 

去る2012年12月9日(日)、 畿央大学にて『第3回日本理学療法学生交流会関西支部大会』が行われましたのでレポートします! この交流会の目的や、どのような団体なのかは、前回に書いたブログをご参照ください。

 

北は福井から南は鹿児島まで、理学療法士をめざす学生約200名(計22校)が畿央大学を訪れ、講演、ディスカッション、懇親会を通し、他大学も含めたくさんの人と交流する場となりました。

 

▼雪の中交通網が乱れ、開始時刻が遅れたり欠席を余儀なくされた方も…

 

りがく20121219-1.png

今回のテーマは「人生~人を支えて人になる~」です。
このテーマに沿って、プログラムとして、午前は日本笑い学会顧問でいらっしゃる井上宏先生に『笑いと人間関係~ユーモアを力に~』というテーマでご講演頂きました。人生において、またコミュニケ―ションをとる上で笑いの重要性について学びました。

 

りがく20121219-2page.jpg

午後には畿央大学の学生による発表を行い、さまざまな先生に伺った話や、施設見学や集めた資料などを通して、「Live Deep~深く生きる~」について学生の視点で考え感じたことを発表。生きるうえで大切なものを参加者それぞれが見つめなおすきっかけともなり、次のディスカッションでは一人ひとりが大切なものについて班で発表しました。

 

続いて、西大和リハビリテーション病院の生野公貴先生と東生駒病院の石垣智也先生に、『理学療法士という道に進んで…』について対談形式で、用意された小テーマについてお話し頂きました。それぞれの先生の臨床に対する熱い思いをお伺いすることができ、理学療法士という仕事に対してのモチベーションが上がりました!

 

▼会場の参加者からのたくさんの質問にも答えてくださいました。
理学療法学生交流会20121219-7.png

そのあと、ディスカッションを各グループで行い、フィードバックの場を設け、各学年で感じたことを発表し、互いに刺激し合いました。普段あまり深く考えない“人生”という壮大なテーマに基づいた意見を言い合うことで、いつもは気がつかなかった「自分がどんな人生を歩みたいか」を再確認するきっかけとなったのではないでしょうか?

 

さらにその後の懇親会では、他大学の学生や講演して頂いた先生とお話しする機会が設けられ、各々が垣根を越え積極的に交流することができました。

 

▼ディスカッションのテーマ”私の進む道”では、「キャリアアップできる人間とは?」と「これからの自分の人生を歩む上で、自分にとって必要なこと」について意見を出し合い、最後に参加者全員で各班の考えを発表しフィードバックしました。

理学療法学生交流会20121219-2-horz.jpg

テーマである「人生」についてさまざまな人の意見を聞き、また聞くだけでなく自分自身が考えたことを伝える機会をディスカッションとして設けました。参加者の方々からは「他の人の話を聞き、とても刺激になった」「普段は話せない人と将来について話すことができて、視野が広がり、自分の思いも再確認できた」「想像と違って楽しかった」などの意見・感想を多くいただきました。

 

この会が参加した学生にとって縦・横だけでなく斜めのつながりを作り、また自分たちがめざす理学療法士という職業について、人生について考えるひとつのきっかけとなれば幸いです。
遠方からお足元の悪い中、たくさんのご参加本当にありがとうございました!

 

▼懇親会にて

理学療法学生交流会20121219-10-horz.jpg

▼参加してくださった方々やたくさんの方のご協力のおかげで開催することができました。ありがとうございました!!

理学療法学生交流会20121219-12-horz.jpg

日本理学療法学生交流会 畿央大学運営委員一同
学生広報スタッフ 吉川歩実

 

【関連記事】

『第1回冬季日本理学療法学生交流会』
http://www.kio.ac.jp/information/2011/02/post-344.html

『学生広報スタッフblog vol.44~「日本理学療法学生交流会」のご紹介!』
http://www.kio.ac.jp/information/2012/12/blog-vol44.html

【所属カテゴリ】学生広報スタッフblog理学療法学科畿央の学びと研究

ブログトップへ