畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

2013年10月02日 一覧

2013年10月2日(水)

今年の夏に開催された、被災地支援「のびのびキャンプ2013」。畿央大学の学生・教職員有志が、福島県の子どもたちと一緒に最高の夏の思い出を作りました!キャンプ中は5グループに分かれて寝食をともにしましたが、そのグループリーダーを務めた5人の畿央生が、現地の様子をフォトレポートします!

 

【8月13日(火):いよいよキャンプ初日!】

のびのびキャンプ20213の「ひがしグループ」グループリーダーを務めさせていただきました畿央大学教育学部3回生・東原康介です。今回は8月13日、キャンプ2日目の報告をさせていただきます。

新しい画像 (10)-horz

午前10時、子どもたちがキャンプ場に到着!

バスから荷物を降ろして、みんなで総合研修館へと移動して、キャンプの開会式を行いました。開会式ではキャンプ場のルールの説明や協力してくれる中高生サポーターの紹介をしました。

新しい画像 (12)-horz

▲開会式の様子                      ▲中高生サポーターの紹介。

 

中高生サポーターは過去ののびキャンに参加した福島の子どもたちが中心。「楽しかったのびキャンを、今度は自分が支えたい!」と参加してくれました!

 

開会式が終わり、難しい話はおしまい(笑)今度はみんなでゲームをして、緊張を解きほぐしていきます。手を上げたり、下ろしたり、集まったり、離れたりして遊んでいると、キャンプで活動するグループの発表が行われました。

そして、昼食の後はグループ初の活動となる「旗作り」に取り組みます。

 

新しい画像 (14)-horz

▲みんなでわいわいゲーム中                     ▲どんな旗ができるかな?

 

自分の名前(キャンプネーム)はもちろん、個人やグループの目標などを書き込みます。色とりどりの旗ができあがりました!

新しい画像 (5)-horz

▲あやちゃんグループ                   ▲みーグループ

 

新しい画像 (2)-horz

▲ほんちゃんグループ                   ▲ひがしグループ

 

新しい画像 (4)

▲ちぃグループ

 

旗をつくり終わった後にこのキャンプのテーマソング「がんがん」をみんなで練習しました。

新しい画像 (6)-horz

▲キャンプ中、何度も歌う「がんがん」          ▲元気君が演奏しながら歌ってくれました

 

そして、みんなが歌えるようになったら、キャンプ場の探検をかねてスタンプラリーを行いました。

 

新しい画像 (8)-horz

▲次のスタンプはどこかな?                   ▲みんなが立ち上がれたらスタンプGET!

 

新しい画像

▲せっかくのキャンプ!夜に眠ることすらもったいない!夜はみんなでかくれんぼ!

 

 

開会式の頃には緊張した顔つきだった子どもたちも、夜には緊張がほぐれて、笑顔になりました。この日は夜、テントに泊まるので、グループリーダーとしてはみんなが寝てくれるか心配・・・だったのですが、みんな疲れたようでぐっすり寝ていました。

かくれんぼの後の天体観測では幸運にもペルセウス座流星群を見ることができ、参加した全員にとって最高のキャンプ初日だったと思います。

 教育学部3回生

東原康介

■関連リンク

学生広報スタッフBlog vol.90~のびのびキャンプ2013参加レポート!

被災地支援「のびのびキャンプ2013」を福島県で開催!

畿央大学のびのびプロジェクトfacebookページ

学生広報スタッフblog vol.72~被災地支援「のびのびキャンプ2013」が始動!

2013年10月2日(水)

皆さん、こんにちは。教育学部3回生の畑中優作です。

僕は1年間休学して、カナダのバンクーバーに語学留学に行っていました。

この度は、その留学体験について、ブログを書きたいと思います。

カナダは、自然にあふれたとてもきれいな国です。

 

canada1

 

僕は、バンクーバーでKGICという語学学校に通っていました。

この学校では、常に何かのアクティビティがあり、1年間楽しく通うことができました。

また、学校の中では英語しか話してはいけないというルールがあり、自然と英語を話せるようになりました。

 

▼お菓子の家作り

canada2

 

▼ハロウィーーン

canada3

 

KGICには様々なコースがあり、目的に応じてコースを選ぶことができます。 僕はPMM(スピーキングコース)、TESOL(教育コース)を受けました。 PMMは週に1回のプレゼンテーションにより、人前で英語を話す力が身に付きます。 また、自分でアクティビティを作り、みんなと一緒にアクティビティをしたりしました。

 

canada4

 

TESOL(教育コース)では、日本の教育とは違った教育の方法について学びました。教えるのではなく、引き出す。

先生中心のクラスから生徒中心のクラスに。言うのは簡単だが、やるのはとても難しい!!笑

また、現地で1ヶ月の教育実習にも行かせていただき、TESOLでの経験は僕の教育への考え方を大きく変わるものになりました。

 

canada5

 

カナダにいる11か月間は、ホームステイをしていました。家には、僕の他にも3人の生徒がいて、みんなで楽しく英語を話しながら生活をしました。ホームステイ先の家族には、本当の家族のように接していただきました。

 

canada6

 

カナダでは、ボランティア活動にも積極的に参加してきました。 半年間、日本語学校で日本語を教えるお手伝いをさせていただきました。 子ども達は英語がペラペラですから、僕にとっては英語の先生みたいでした!笑

 

canada7

 

夏には5週間、子ども達のためのサマーキャンプのボランティアに参加してきました。 世界各国の子ども達がカナダに集まって、言葉の通じない友達と一緒に過ごすことは、本当にすごい経験だと思いました。日本では当たり前のことでも、他の国では違ったりして色々と面白い発見もありました。5週間一緒に働いたボランティア仲間や先生方とは、本当に家族のような仲になることができました。

 

canada8

 

長期留学をすることは、とても勇気のいる決断であり、不安も多々ありました。しかし、この1年間は僕にとって、とても大きな意味のある1年になりました。今、僕は、世界中に友達がいます。カナダには、家族のような存在の人達もいます。様々な資格や経験も得ることができました。僕にとってこの1年は、一生の宝物です。この1年で学んだこと、そして、成長したことをこれからの大学生活に活かせていきたいと思います。

留学についての話が聞きたい方は、いつでも声をかけてください!!(*^_^*)

Thank you for your reading and why don’t we speak English?

ありがとうございました!!

 

教育学部現代教育学科3回生 畑中優作

2013年10月2日(水)

今年の夏に開催された、被災地支援「のびのびキャンプ2013」。畿央大学の学生・教職員有志が、福島県の子どもたちと一緒に最高の夏の思い出を作りました!キャンプ中は5グループに分かれて寝食をともにしましたが、そのグループリーダーを務めた5人が現地の様子をフォトレポートします!

※企画の内容や趣旨については、学生代表ひちょりが書いた記事をご覧下さい。

被災地支援「のびのびキャンプ2013」を福島県で開催!

 

【8月12日(月):一路、福島県へ!】

 

こんにちは!教育学部3回生の森田彩香です。のびのびキャンプ2013は福島県での開催となりました。キャンプ開始前日に、のびキャンメンバーが現地入りした様子をお伝えします!

 

のびキャン2013のスタートは京都駅からでした。

 

新しい画像-horz

 

早朝集合でしたが、みんなこれからのキャンプにわくわく!

新幹線で東京駅に行き、東北新幹線に乗り換えて福島県の「郡山」駅に到着しました。

 

郡山駅では、福島大学といわき明星大学のメンバーと久しぶりに合流!

再会を喜びあい、ますますみんなのモチベーションも上がってきました!!

 

新しい画像 (2)-horz

 

郡山駅から今回のキャンプ開催地である「磐梯青少年交流の家」にバスで向かいました。バスの中ではキャンプソング「がんがん」を元気の指揮で歌ったり、ふくちゃんとちぃが考えてくれた「いただきます」と「ごちそうさま」の歌を歌ったりしました。

 

お昼過ぎに現地に到着!施設の方から歓迎の言葉と施設案内の説明をしていただきました。

 

P1460316-vert

 

その後レクリエーションのリハーサルや準備、吉藤先生のアイスブレイキングでメンバー同士の交流もできました。そして、グループメンバーでキャンプに使用する野外炊飯場や、テントの場所、キャンプファイヤー場などの下見に行き、危険物の有無や避難経路を確認しました。

 

P1460254

▲寝泊りするテント!

 

午後5時には「夕べの集い」という、施設で宿泊している各団体の紹介時間があります。さまざまな団体が来ており、各自の紹介もユニークでした。施設内で他の団体さんと出会うたびあいさつをし合い、「交流」もできました。

 

 

そして、待ちに待った夕ご飯!グループごとに席につき、いただきます!

 

P1460534

 

すごくおいしいご飯で、みんなたくさんおかわりしていました。おいしいのにヘルシーで、明日の朝ご飯も楽しみです♪

その後入浴し、全員でミーティングです。明日の予定や注意事項を確認して、各グループで子どもたちについても話し合いました。

 

P1460568

 

初日が肝心なので、子どもたちが寂しい思いをしないように、たくさん話しかけることや、しっかりと水分補給をすることなども確認し合いました。明日の子どもたちとの出会い、のびのびキャンプ2013の初日に胸がわくわくしますが、明日に備え今日は早めに就寝です。

 

明日からの3日間、1日を大切に過ごして今年の夏の思い出をつくります!

 

以上、あやちゃんグループリーダー、あやちゃんからでした(^^)!

教育学部3回生

森田彩香

■関連リンク

学生広報スタッフBlog vol.90~のびのびキャンプ2013参加レポート!

被災地支援「のびのびキャンプ2013」を福島県で開催!

畿央大学のびのびプロジェクトfacebookページ

学生広報スタッフblog vol.72~被災地支援「のびのびキャンプ2013」が始動!

 

ブログトップへ