畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

2014年02月18日 一覧

2014年2月18日(火)

平成26年1月13日(月・祝)に、2014年の最初となる理学療法学科卒業生による勉強会KSM(Kio Study Meeting)が開催されました。

今回は畿央大学6期生の藤原がブログを担当させていただきます。

KSMは4期生を中心に作られた勉強会ですが、6期生で臨床2年目の私も参加させていただき、毎回視野が広がり、さっそく次の日の臨床にも違った視点で取り組むことができており、有意義な時間を過ごさせていただいています。

 

今回は松波さん、中谷さんによる「症例検討」、中田さんの「実技」の3本でした。

 

松波さんの症例検討は、若い整形疾患の患者様に関しての発表であり、身体機能面での評価の検討や退院後の患者様の今後の人生に関してなど、幅広い意見がでて多角的にディスカッションできました。

違う病院や施設で働いている人たちで、一人の患者さまに関してディスカッションすることで見る視点が広がります。

 

一方、中谷さんの症例検討は、神経疾患の患者様に関しての発表であり、最新の文献の知識や動作をみんなで確認して「ここはどうか、この評価をしたらいいのではないか」などディスカッションするなかで、みんなの中で新しい気づきが生まれていき勉強になりました。

 

新しい画像-horz

 

最後に、中田さんによる実技は臨床にて悩む立位時の重心移動訓練や股関節に対するアプローチをみんなに共有してくれました。

それぞれで実技練習をすることで細かい点やそれぞれの注意しているポイントなども共有でき、より実践的な技術を深めることができました。

 

新しい画像 (2)-horz

 

今回のKSMも症例検討から実技練習まで幅広いテーマを勉強することができました。

毎回感じますが、同じ大学で学んだ仲間が違う施設で働いてもそれぞれで学んだ知識や技術、考え方を共有することができる環境に本当に感謝です。

 

みなさん今年もよろしくお願いいたします。

 

 畿央大学6期生 藤原菜津

【過去のブログ】

第19回 KSM(Kio Study Meeting)を開催しました!

第18回KSM(Kio Study Meeting)を開催しました!

第17回KSM(Kio Study Meeting)を開催しました!

ブログトップへ