畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!
イベントレポート , 畿央の学びと研究

短期語学留学プログラム2014 現地リポートvol.1

2014年8月20日(水)

8月15日(金)~9月13日(土)本学の学生8名がイギリスのカンタベリーに語学留学中です。

 

短期語学留学は、毎年夏休み期間中に行われるもので、今年はカンタベリーのコンコルドインターナショナル校での3週間のサマースクールと1週間のロンドン滞在が予定されています。語学(英語)のみならずホームステイ体験、文化体験等ができる内容が充実した留学プログラムです。
現地よりレポートが届きましたのでご紹介します。

 

8月15日(金)夜、関空を出発して、ドバイを経由した約20時間のフライトの後、現地時間16日のお昼過ぎに、ようやくロンドンに到着しました。これから毎夏恒例の4週間に及ぶ、短期語学留学の始まりです。

 

tannkigogaku2014-1-1

 

長旅の疲れもなく、全員元気で、ロンドンのホテルにチェックインした後、早速、街の見学に出かけました。
ロンドンは気温17℃。暑かった日本に比べて、寒いくらいの気候です。ホテルの周辺や大英博物館などを見ながら、街中に歩いて、コヴェントガーデンへ。

 

tannkigogaku2014-3

 

その後、トラファルガースクエアを見学した後、パブで夕食を取りました。この日は長旅の疲れがでないように、早めに休みました。

 

tannkigogaku2014-4

 

16日(土)は、在英18年の日本人の田代さんとご主人のアランさんに、「英国生活の心得講座」を開講していただきました。

アランさんご夫婦には7月3日(木)に大学の授業(合同ゼミ)でもお世話になっています。

何より大事な安全面の話やコミュニケーションの取り方、イギリス人の気質や生活上のちょっとしたコツなど、現地在住の方でないとわからない内容を教えて頂き、これから4週間の生活にかかわる重要な内容だけに、受講する学生も真剣なまなざしでした。
例年行っているこの講座ですが、今年は、公園や大英博物館などを歩きながら、実際に経験を交えての学びになりました。

現地に来たからこそできる学びだといえます。

 

tannkigogaku2014-5

 

その後、滞在先のCanterbury Internationalが用意してくれたバスに乗って、語学研修を行うカンタベリーへ移動。

この日の夜からは、学生たちは、ぞれぞれホームステイ先に滞在し、月曜からの授業の開始に備えます。

これからもレポートを楽しみにしていてください。

教育学部現代教育学科准教授 竹下幸男

【関連記事】

在英日本人とイギリス人の外部講師を招いて講演会を行いました。~教育学部

【所属カテゴリ】イベントレポート畿央の学びと研究

ブログトップへ