畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

2015年04月20日 一覧

2015年4月20日(月)

マミポコ親子広場の現代教育学科3回生のゆっきーです!

3月25日(水)に五位堂幼稚園で行われた子育て支援イベント【ハッピースプリング】にボランティアとして参加させていただきました!

今回主催されたのは“かしまま”という自宅から歩いていける場所にママ&子どもたちのつながる場所づくりを進めていて、奈良県香芝市で子育てママたちが自主運営する子育て支援サークルです。

 

cats1

 

私たち畿央大学生はあらかじめ“花咲じいさん”というお題をいただいていたので、簡単な手遊びや絵本の読み聞かせ、そして親子の触れ合い遊びなどを花咲じいさんのイメージに絡めて、子ども達と楽しみました。

 

cats2

 

子ども達の年齢はさまざまでしたが、みんなとても楽しそうに伸び伸びと遊んでいました。

保護者の方々も普段このような機会がないようで、他の保護者の方々と育児について話し合ったり、共感されていたりする様子を見て、子ども達だけの憩いの場ではなく、保護者の方々にとっても有意義な時間だったのかなと思いました。

私たち「マミポコ親子広場」でも、子どもと学生の関わりはもちろん、保護者の方々同士の交流も充実してほしいなと思って活動しています!

現代教育学科 3回生 荒井章恵

2015年4月20日(月)

3月29日(日)に、畿央大学、近畿大学、帝塚山大学、奈良女子大学の地元4大学ヘルスチームの活動で、奈良公園の浮雲園地で開催された「うまし食彩博」というイベントに畿央大学からは健康科学部健康栄養学科の新2.3回生8人が参加させて頂きました。

今回のイベントは大和ちゃんこ春日餺飥(はくたく)うどんを食文化研究会の方々のお手伝いという形で参加させてもらいました!

私たちもこのイベントに参加するまで知らなかった大和ちゃんこ春日餺飥うどんについて実際に当日配布された資料用紙の内容です。

 

大和ちゃんこ

○大和は相撲発祥の地(「日本書紀」)

○「ゲン担ぎに二本足の若鶏」を入れるが、日本の若鶏の発祥の地は大和 (飛鳥時代の唐風若鶏料理とかしわの伝統)

○大和のきな粉雑煮にちなんだ丸もち仕立て(丸もちは勝ちの『白星』、きな粉にまぶすと横綱に勝った『金星』になる。)

○日本の豆腐発祥の地は奈良(1183年:春日大社の供物)、なら伝統の野菜など

○大和は鍋の具材には事欠かない地域

 

※ゲン担ぎの二本足の若鶏

相撲で四つんばいになるということは負けを意味する。そのため四足の牛や豚ではなく二本足の鶏がよいとされる

参考:NPO法人 奈良の食文化研究会  http://www.nara-yokubunnka.jp

 

餺飥うどん

○遣唐使の伝えた唐菓子の中の餺飥は、うどんの原型だと考えられている。

○藤原実資の「小右記」に989年天皇の春日詣でで餺飥が供された記録

○鎌倉期の「廚事類書」には『棒で押し広げて、刀で切りゆでる』と記載

○春日大社の記録から、現代に通じるものとして『春日餺飥うどん』を再現

 

1

10

 

今回イベントに参加した学生の感想です。

・今回初めて4大学合同のイベントに参加しました。高校の同期が他大学のメンバーとして参加していて、そのつながりもあり交流することが出来ました。『人とのつながりは大切だな』と実感した瞬間でした。イベントの仕事としてはパンフレットを配りながら、呼び込みをする仕事でした。なかなかもらってくれなかったりと大変でしたが、呼び込みを聞いて興味を持ちイベントに参加してくださる方もたくさんいて嬉しかったです。今回でイベントを運営する大変さなどがよく分かり、良い経験になりました。また、機会があれば参加したいと思いました。

 

・他大学のみなさんと交流するのが今回がはじめてだったけど、すごく楽しくて仲良くもなれたので参加できてよかったと思いました。天気はよくなかったけれど多くの人が来てくださってうれしかったです。私は本部の仕事をしていてパンフレットを配ったりしていましたが、観光の方が多く奈良のおいしいものを少しでも知ってもらえたらいいなと思い、呼び込みをがんばりました。大変だったけど良い経験になりました。

 

・私は午前のチームで、”大和ちゃんこ”の盛り付けを担当しました。当日は残念ながら雨が降っていましたが、お客さんが来てくれて嬉しかったです。また、食文化研究会の方々には本当にお世話になり、感謝の気持ちでいっぱいです。郷土料理の由来など今まで知らなかったことも教わり、とても勉強になりました。これからも色々なことに挑戦したいです。

 

・今回1日だけでしたがイベントのお手伝いとして参加し、奈良県の食文化を色んな都道府県や海外の方にも知ってもらったり、私自身も奈良県の伝統料理を知ったり、奈良県産の食材を使った商品をいっぱい知ることができいい経験になりました。

 

・4大学合同とのことで緊張していましたが楽しく過ごすことができました。普段、交流のない方とお話しする良い機会になったと思います。参加してよかったと思います。

 

・大和ちゃんこの試食販売のお手伝いをした。他大学の人や、奈良の食文化研究会の人との交流は楽しかった。観光でいらっしゃった方や、奈良市内の方など様々な人が訪れていた。ちゃんこのお餅を取りだして、きな粉をつけて食べるということに、驚いている方も多かった。私も今回参加させていただいて、初めて食べたがとても美味しかった。

 

・今回、食文化研究会のみなさんや他の大学の方と一緒に活動できてとても楽しかったです。餺飥うどんにはかつお節ではなく鶏節が使われていたり、ちゃんこの餅をきなこをつけて食べるなど、初めての食べ物や食べ方がありました。私達の参加した日はあいにくの雨でしたが、実際、給食施設で働いておられる方が買ってくださったり、様々な出会いがありとても良い1日でした。

・あまり交流することのない年代方と交流でき、奈良の郷土料理について学ぶことができ、勉強になりました。今後もこのような機会があれば積極的に参加していきたいと思いました。

それぞれがこの貴重な経験を今後の活動に活かしてくれると思います!

 

健康栄養学科3回生 篠田有希

2015年4月20日(月)

4月10日(金) 「金曜日カフェ~つどい~」(御所市連携コミュニティカフェの新名称)では認知症カフェが始まりました。認知症カフェは、認知症の方や介護をされている方がなかなか外出する機会や外出先がないことを受けて、気軽に集える場として始まっているものです。「金曜カフェ」では、先ずは認知症についの学ぶことを目的に、9月まで第二金曜日全5回(8月は休み)で開催する予定です。

1回目の今日のテーマは「認知症ってなに??」です。講師は、畿央大学看護医療学科教授の山崎尚美先生(奈良県認知症ケア専門士会会長)です。

1

 

2

 

みなさん、メモを取りながら熱心に聞いておられます。 映像での説明もあり、認知症の種類や症状について学びました。

 

30

 

当日は、御所市地域包括支援センター長にもご挨拶をいただきました。 認知症についての知識を深めることで、『たとえ認知症になったとしても地域で暮らし続けることが可能になれば』と願います。 毎週金曜日に”金曜日カフェ~つどい~”を開催しておりますので、是非一度お越しください。斎藤ゼミ一同皆様にお会いできるのを心からお待ちしております。

 

人間環境デザイン学科 4回生 志茂直樹

【これまでの活動と今後のスケジュール】

御所市連携コミュニティカフェ

2015年4月20日(月)

2014年より衣料品メーカー『株式会社バリュープランニング』と商品開発における共同研究を行っています。

バリュープランニングは私の地元、神戸に拠点を置き、国内外に250近い店舗を展開する、パンツに特化した衣料品メーカーです。

こんなディスプレイ、どこかで見たことありませんか?

1

 

我々はB-Threeという女性のパンツに特化したブランドで”ファッション””機能性”を両立させたパンツの開発に取り組んでいます。医療衣料の専門家で、【履きやすく】【動きやすく】かつ【ファッション性にも優れた】パンツの開発を目指して協働しています。すでにその第1弾は店頭に並んでいます。

 

2

 

我々の取り組む課題は決して簡単な課題ではないですが、バリュープランニングは社長様以下、みなさんが非常にcreativeでchallengingでinnovativeな方々ばかりで、こちらも非常にやりがいのあるコラボレーションです。商品に完成形はない!という考えのもと、チーム一丸となって取り組んでいます。今後も引き続き、よりよいパンツの開発に理学療法士としての知識を活かしていきたいと思います。

▼B-Threeホームページ

http://www.b-three.jp/index.htm

▼現在取り組んでいるプロジェクトが紹介されています。

http://www.b-three.jp/item/tokusyu/D-fitpants.html

理学療法学科 助教 瓜谷大輔

2015年4月20日(月)

0

 

4月15日~18日までオーストラリアのパースでADI国際会議が開催され、17日に「認知症高齢者グループホームの職員に対する終末期ケア研修会の有効性」について発表しました。発表内容は、愛知県と宮城県での行ったグループホーム職員に対する終末期ケア研修会の内容の妥当性を検証したものです。南オーストラリアから来た歯科衛生士やメルボルンの認知症コーディネーターから終末期ケアにおいては多職種との連携は重要であり、とても関心があるとの示唆を得ました。

 

1

 

また、世界の認知症ケアの傾向としては、BPSDなどの心理・行動障害に対するアセスメントや対応の教育、緩和ケアの教育の発表も多く、緩和ケアの教育、特に医師・看護師・介護職などの専門職や介護する家族への教育についてのシステムや教育ツールの開発が進んでいました。

当事者やその家族の参加も多く来られていて、自らの体験をプレゼンテーションし、認知症の人の世界(イメージ)を理解することへの促進がなされていました。日本からも認知症の当事者やご家族の方も来られていて、海外の認知症カフェの発表について大変興味深く聞いていました。

 

20

 

また、メルボルンで会う予定のアルツハイマー病協会(メルボルン支部)の方やLa.Trobe大学の教授とも会場で出会いしました。ADI国際会議はADI国際会議は2016年はブタペスト、2017年に日本で予定されています。

 

 

 

看護医療学科 教授 山崎 尚美

ブログトップへ