畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!
イベントレポート , クラブ・サークルより , 理学療法学科 , 畿央の学びと研究

星城大学 機能形態研究会との合同研修会~理学療法学生研究会「SAPS」

2015年9月11日(金)

8月29日(土)・30日(日)に星城大学の機能形態研究会と畿央大学の理学療法学生研究会(SAPS)とで、毎年恒例で実施している合同研修会が今年も行われました。今や伝統となった行事を今年も行うことができ嬉しく思います。

 

1日目
久々に会う人、初対面の人とのアイスブレイキングから始まり、両大学のOBによる「普段の話題の見つけ方」「臨床面でイラッとしたこと」「患者とモティベーション」といった『理学療法士と患者さんとの関わり』を軸とした講演、学生同士のグループディスカッションを実施しました。実際の臨床で遭遇しうる状況を想定し、自分ならどうするかをそれぞれ考え、発表しました。発表後はOBの方より実際に取られた行動をお聞きして、その方法に皆ハッとしました。
講演のおかげで『相手への関心』『人によって“当たり前”が違う』『患者の希望は?』など理学療法士として大切なことを改めて感じることができ、本当に良かったです。

 

cats

 

 

勉強の後は、バーベキューをしながらお互い親睦を深め合いました。
普段あまり接することのない他大学の、理学療法士や作業療法士をめざす学生と食事を一緒にすることで、より良い関係を築くことができたと思います。

received_415310252007561

 

 

2日目
1日目の学びを活かした実践をメインで活動しました。
グループ内で患者さん役と療法士役になり、劇を通して臨床場面を想定し、声掛けや返事などコミュニケーションの工夫を話し合ったり実演したりしました。座学だけでは感じることのできない難しさを、実際に演じてみることで違った視点から感じることができたと思います。

 

研修会を通して、今年もOB・OGの皆さんの臨床でのお話や講演、星城大学の学生との交流からいろいろなことを学ぶことができて本当に嬉しく思います。

 

貴重なお話をしてくださった金子先生、渡辺先生、OB・OGの皆さん

参加してくださったメンバーの皆さん

そしてこんなに充実した会の企画をしてくれたSAPS企画部員の皆さんに、心より感謝しております。
また来年、集まって勉強したり交流したりできることを楽しみにしています(^^)

received_415310312007555

 

SAPS8期生代表
理学療法学科3回生 塩谷純朗

 

※SAPS(サップス)とは、Studying About Physical therapy by Studentsの略語で、学生による理学療法研究会を意味しています。「学生の間からでも何か患者さんのためにできることはあるはず」との想いで、2006年の夏に当時1回生の8人の学生で設立された研究会です。

【所属カテゴリ】イベントレポートクラブ・サークルより理学療法学科畿央の学びと研究

ブログトップへ