畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

2016年02月03日 一覧

2016年2月3日(水)

好奇心が人を育てることを学びました

~日本マイクロソフト社業務執行役員・エバンジェリストの西脇資哲氏の特別講義~

 

「情報処理演習Ⅱ」(教育学部1年生対象)及び「情報と社会」(教育学部3年生対象)の特別講義に、日本マイクロソフトの西脇資哲(にしわき もとあき)さんにお越しいただきました。西脇さんは、製品やサービスなどをわかりやすく伝える「エバンジェリスト」として全国でご講演されるなど、ご活躍されています。

 

講義に先立ち、「情報と社会」を受講している学生数名がドローンの操作を実際に体験しました。初めての操作にドキドキでしたが、西脇さんが後ろに立ち、方向や動かす速さなど、操作の仕方をていねいに教えて下さいました。ドローンは、上下、左右、旋回の動きが可能で、リモコン(プロポ)のボタンを動かしたい方向に押すという単純な操作方法でしたが、動かす速度を調整するのがとても難しかったです。

 

1

 

最初は低い位置でドローンを操作し、最後は高い位置までドローンを飛ばし、畿央大学の上空からの風景を撮影することに成功しました。ドローンの飛ぶ姿には迫力があり、動きが滑らかなので、上空から撮影した映像は安定感がありとても綺麗でした。

 

2-vert

 

ドローンは、災害救助、危険な場所や人間の立ち入ることのできない場所の安全確認や、野生動物のドキュメンタリー映像の撮影など、様々な面で活躍しています。

これからも、ドローンの技術が発展していくことが期待されます。

 

午後からはホールにて特別講義がありました。

初めに、西脇さんの自己紹介があり、次にわかりやすく、印象に残るプレゼンをするために大切なことについて教えていただきました。最後に「好奇心こそが人を育てる」「色々な人たちとかかわりを持つことが大切である」というお話をしてくださいました。

教師を目指す私たちにとって、西脇さんのお言葉は心を打たれるものばかりでした。

 

4-vert

 

この講義で学んだことを活かしてこれからの学生生活を送り、将来に役立てたいと思います。

西脇さん、貴重な体験、講義をありがとうございました!

 

教育学部 現代教育学科

3回生 中村円香

松野桃子

【関連記事】

マイクロソフト「MVPグローバルサミット2015」参加レポート~大学院教育学研究科

マイクロソフト コーポレーションのステファン・ショストローム氏が本学を訪問しました。

教育学部 西端律子教授が「Microsoft MVP for Surface」を受賞しました

ゲスト講師による「教育×ICT」~教育学部キャリア形成セミナー

ブログトップへ