畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!
イベントレポート , 畿央の学びと研究 , 看護医療学科

第2回「戴帽式」にご参加ください!~看護医療学科5期生

2016年2月5日(金)

平成27年度看護医療学科5期生による「戴帽式」!

 

2016年2月21日(日)に、看護医療学科としては第2回目となる「戴帽式」が開催されます。国家試験を控えて多忙な中、企画した代表学生から戴帽式にかける「思い」を語って頂きました!

 

10334396_450545705102492_9121386219908109543_n1-vert

 

第2回戴帽式実行委員の利田と浅井です。

 

聞いたことがない方もいらっしゃると思いますが、看護師をめざす学生たちが初めての病院実習に臨む直前に、初めてナースキャップを被るのが「戴帽式」です。近年では、戴帽式を行う看護学校は減少していて、畿央大学も同じく、一昨年まで行っていませんでした。

 

しかし、私たちの一つ上にあたる4期生の先輩が企画して、看護医療学科としては初めて戴帽式を行いました。開催時期は国家試験が終了して、卒業する直前の3月1日(日)。先輩たちは「命に携わる責任」「看護を学び続ける意欲」を再確認する機会として企画されたそうです。去年の今ごろ、私たちは縁あって受付や司会、照明などといった式進行のお手伝いをさせていただきました。看護医療学科の3回生後期と言えば・・・まさに長期にわたる学外実習の真っ只中。心身ともに大変な時期の開催に、正直なところ「ちょっとめんどくさいな…」という思いも抱きながら、そして翌日からの実習のことがちらつきながら、大学に向かいました。

 

そして迎えた本番。

 

P1640763-horz-vert

 

そこには、今まさに私たちが苦労している実習はもちろん、国家試験の勉強を乗り越えた、晴れやかな先輩たちの姿がありました。先生からキャップを被せてもらって、さまざまな感情が入り混じって涙を流す先輩たちを、私たちも涙なくして見ることはできませんでした。「臨床に出る覚悟」みたいなものを感じることができて、自分も「もっとがんばらなきゃ!」と、とても大きな刺激と感動をいただき、「1年後には自分も同じ場所に立ちたい!」と、その後の実習にも大いに力が入りました!

 

そして、今。第2回戴帽式には看護医療学科5期生から70名超の学生が参加予定です。

 

「入学から4年間寄り添ってきた同期全員と一緒に絆と意思を確認したい!」

「できるだけ多くの後輩(特に3回生)に見てもらいたい!そして戴帽式を伝統にしていってもらいたい!」

「看護医療学科はもちろん、私たちの決意をいろんな教員・学生・職員の皆さんに見てもらいたい!」

 

というのが私たち代表の想いです。

 

同期の皆さん! ぜひ全員そろって門出を祝いましょう!全員が集まる機会は、もうそんなに残されていません。

 

先生方! ぜひ出席をお願いします!他学科の先生方にも、ぜひ参加していただきたいです。

 

後輩の皆さん! 私たちが昨年感じたことを、皆さんにも感じていただきたいです。

 

畿央大学に関係する方なら、どなたでも参加していただけます。

予約は不要ですので、当日、冬木記念ホールでお待ちしています!

 

【日時】2016年2月21日(日)13:30開式(開場12:50)

【会場】畿央大学冬木記念ホール

 

taibousiki

 

第2回戴帽式実行委員 看護医療学科4回生

利田納都美・浅井雅子

▼昨年の様子

初めての「戴帽式」を行いました~看護医療学科4期生

【所属カテゴリ】イベントレポート畿央の学びと研究看護医療学科

ブログトップへ