畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!
イベントレポート , 人間環境デザイン学科 , 畿央の学びと研究

平成28年度 冬季エコパトロールを行いました~エコキャンパス推進委員会

2017年2月8日(水)

日頃はエコキャンパス推進活動にご協力いただきありがとうございます。

畿央大学では、エコキャンパス推進方針を掲げ、冬季にはウォームビズを推奨し、エアコン20℃設定をお願いしています。今回の巡回の結果では、設定温度は20℃~30℃と教室によってばらつきがありました。各教室の温湿度計を確認しながら、適切な温度設定にご協力をお願いしています。

 

エコキャンパス推進委員会委員の教職員と学生有志が、恒例のエコパトロールを、1月16日(月)、17日(火)、18日(水)、20日(金)、26日(木)に実施し、各教室のエアコン設定温度と温湿度計の温度をチェックしました。

エントランスホールに隣接した教育学習基盤センターの掲示板には、電気使用量がリアルタイムにわかるグラフが表示されています。ウォームビズ期間中(12月から3月)は、表示される時間をやや長く設定していますので、是非ご覧下さい。

 

 

▼エコパトロール時の様子(電気使用量表示の掲示板前にて)現代教育学科八木先生&深田先生、教育学習基盤センター関さん、人間環境デザイン学科4回生吉川君&東本さん

201e1

 

 

▼(左)エコパトロール時の様子 現代教育学科永渕先生、総務部金澤さん、学生支援センター小松さん

(右)エアコン設定温度と教室の温度を確認中

201e2

 

健康支援センターの山根先生に、巡回の結果をみてもらい、健康面からのコメントをいただきましたので紹介します。

体の調子が悪くなって健康支援センターに休みにくる学生さんのなかに、「教室が暑すぎる」という人も多いそうです。寒い日が続いているので、ついつい冷えた体を早く温めたいと設定温度を高めにしてしまいがちですが、しばらくすると室温が上がりすぎてしまい、のぼせてしまうことがあります。そこでおすすめしたいのが、首を温めることだそうです。「手首、足首、首回り」を着衣の工夫で暖かく保つと、20℃程度の適切な設定温度でも暖かく感じられ、室外との極端な温度差による体の負担を低減させる効果も大きいそうです。まさに、ウォームビズですね。皆さんも是非試してみてください。

 

▼インタビュー時の山根先生。エアコンの設定温度は20℃、首元の詰まったフリース素材を着用されていて、体感的にちょうどよいとおっしゃっていました。

201e3

 

人間環境デザイン学科の学生有志が作成してくれたエコキャンポスターは、エコキャンパス推進委員会の委員が投票して選定しました。力作揃いで悩みましたが、わかりやすいデザインという視点で決めさせていただきました。学生の皆さん、ありがとうございました。

 

▼エコキャンポスター選定の様子 健康栄養学科中橋先生、金澤さん、関さん

201e4

 

 

▼エコキャンポスター Designed by A.H.さん S.K.さん、C.N.さん(人間環境デザイン学科)

201e5

 

最後に、レポート作成時のミスプリントや不要な資料等をゴミ箱に捨てていませんか?それらは、是非、学内に設置してある回収ボックスに入れてください。捨てればゴミですがリサイクルに回せば、貴重な資源です。(ただし、個人情報が記載されている資料等は、シュレッダーで処理してくださいね。)

エコへの意識をはぐくみ、エコキャンパスの推進に向けて今後ともご協力をお願い致します。

 

▼リサイクルペーパー回収BOX

201e6

畿央大学エコキャンパス推進委員会

【関連記事】

夏季エコパトロールを実施しました。

 

 

【所属カテゴリ】イベントレポート人間環境デザイン学科畿央の学びと研究

ブログトップへ