畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

2017年2月23日(木)

平成28年度のスポーツ実習(冬期)が始まりました。1年生の受講生113人、アシスタントとして2年生・3年生の助力12人、教員10人、合計135人が、2月21日(火)~24日(金)まで、長野県北安曇郡白馬村の白馬五竜スキー場で「スポーツ実習」を行っています。

 

スポーツ実習(2日目)の様子を二人の学生からお伝えします。

 

223ji1

 

―――――――――――――――――――――

実習としては二日目ですが、初めて雪の上に立ちました。とてもいい天気で、歩くだけで汗ばむほどの陽気でした。

 

223ji2

 

私にとって、人生初のスノーボードで、右も左もわからない状態でした。それでも、インストラクターの方が丁寧に教えてくださり、すこしずつ滑ることができるようになりました。(森口)

 

223ji3

 

経験者のチームで頑張りましたが、まわりのレベルに驚き、上手くなりたいなと、強く思いました。また、いろいろなコースに挑戦することができ、急な斜面では、スピードのコントロールが難しく、こわごわ滑ることしかできませんでした。(岩井)

 

223ji4

 

フリー滑走の時間では、実習の時間に教えていただき、練習したことを復習し、活かして滑ることができました。自分の成長を実感することができました。

お昼ごはんは、いろいろな種類があって、どれも美味しそうに見えました。明日は、今日と違うものを食べて、実習の間に多くの種類を食べたいと思います。アイスがおいしそうでした。

レクリエーションでは、理学療法学科の助力の先輩方が少しでも疲労を減らすためにストレッチをしてくださいました。ストレッチも、自分達でできるよう、覚えておきたいと思いました。

 

223ji5

 

明日の筋肉痛が怖いですが、残り二日間、さらなる成長ができるよう、頑張りたいと思います!

 

教育学部現代教育学科1回生 森口渚月

健康科学部理学療法学科1回生 岩井佳穂

 

【関連記事】

冬のスポーツ実習2017(in 白馬村)レポート vol.1

 

【所属カテゴリ】イベントレポート人間環境デザイン学科健康栄養学科現代教育学科理学療法学科畿央の学びと研究看護医療学科

ブログトップへ