畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!
イベントレポート , 助産学専攻科 , 畿央の学びと研究 , 看護医療学科

助産学専攻科5期生、修了&卒業式レポート!

2017年3月22日(水)

2017年3月15日(水)、助産学専攻科の課程を修了しました!

 

322so1

 

畿央大学の看護医療学科から助産学専攻科に進んだ学生もいれば、他大学から進学してきた学生、何年か看護師を経験してから助産師を目指しに来た学生など、様々な環境から助産師になるために不安と期待を抱きながら入学してから早1年!

あっという間に怒涛の1年が過ぎてしまい、寂しくもあり、嬉しくもある。そんな気持ちです。

前期は勉強と分娩介助の技術演習に明け暮れ、後期は助産学実習と卒業研究、国試勉強、NCPR(新生児蘇生法)の資格取得といった盛りだくさんの1年でした!

大変だったこの1年を乗り越えられたのは、支えてくださった先生方と仲間がいてくれたからこそ!

私たち5期生は、個性豊かで賑やかな学年で、年齢問わず仲良しで、いつも笑顔と笑い声が絶えませんでした!

 

322so2

 

卒業式では、頑張ってきた1年を振り返ると、思いが込み上げてきて思わず目頭が熱くなり、卒業パーティー、そのあとの謝恩会でも先生方とお酒を飲みながら、10年後の自分について一人ずつ語り、先生が今の私達ぐらいの時はどうだったかなど色んな話をして楽しく和気あいあいと時間を過ごしました。

 

この1年、先生からは、母子2人の命を担う責任感をしっかり持たなければならないという厳しさを教えていただきました。このことは、助産師になれば嫌というほど実感させられると思います。先生からのありがたく温かいメッセージをずっと忘れず心に留めておきたいと思っています。

これからは各々が授業、演習、実習で感じたこと経験したことの初心を忘れず、胸を張ってお産のケアに携わることが素晴らしい仕事と言えるような助産師になっていきたいです。

助産師として働きだしてからも、泣き、笑い、考え、悩み抜いたこの1年を思いだして、全身全霊をかけて頑張っていきたいと思います。

助産学専攻科 5期生 浅野友里

【関連記事】

「NCPR(新生児蘇生法)Aコース」講習会を開催!~助産学専攻科

第5回助産学専攻科卒業研究発表会を開催!~学生レポート

乳房マッサージでご活躍されている宮下美代子先生が来学!~助産学専攻科

【所属カテゴリ】イベントレポート助産学専攻科畿央の学びと研究看護医療学科

ブログトップへ