畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!
イベントレポート , 現代教育学科 , 畿央の学びと研究

平成29年度 新入生宿泊研修レポートvol.6~現代教育学科

2017年4月17日(月)

2017年4月6日(木)と7日(金)の2日間にわたり、和歌山の白浜で教育学部現代教育学科の新入生宿泊研修が行われました。研修には新入生220名と3回生6名、2回生12名、教職員14名の総勢252名が参加しました。

 

宿泊研修の目的は下記3点です。

① 新入生同士や教職員との交流を通してよい人間関係を作ること。

② 造形活動や将来に向けた作文を書くことを通して学科の特徴に触れ、学科の一員となること。

③ 教職員や先輩から体験談やアドバイスを聞き、学業や学生生活のイメージを作ることで不安を解消すること。

 

現研1

 

【研修1日目】

朝9時にバス6台で畿央大学を出発し、白浜までの車内で自己紹介を行いました。

【バスレクリエーションでの一コマ】すぐに打ち解けて笑顔の学生たち!

 

現研2

 

【とれとれ市場で昼食をとる学生たち】

 

現研3

 

学生スタッフが恒例の元気な「いただきます」の手遊びを披露すると、新入生も驚きと笑いに包まれました。昼食後は2グループに分かれて千畳敷と三段壁を見学しました。風が強い中でも負けずにジャンプするなど、クラスごとの写真撮影を楽しみました。

 

【千畳敷と三段壁をバックに記念写真】強風での撮影でした良い思い出となりました!

 

現研4

現研5

 

宿泊先のホテルシーモアに到着後の開講式では、安井学科長からの話、教職員と上回生からの新入生へのメッセージが送られました。

 

【開校式】新入生に向けてスピーチされる安井学科長

 

現研6

 

その後、冬木学長からの新入生に向けたメッセージを読んで、自身の夢の実現に向けてこれから4年間の大学生活をどのように過ごしていくのかを考え、「夢をチカラに」というテーマの作文を作成しました。

 

【研修中の一コマ】大学生活に対してのそれぞれの思いを作文にしました。

 

現研8

 

夕食後には翌日の造形活動のためにコース別にグループ分けをして、グループごとに「なりきり自己紹介」を行いました。これは何か物に例えて自分を紹介するというワークで、新入生は自分をどのように表現し自己紹介するか頭を悩ませながらも一生懸命取り組んでいました。

 

【グループディスカッションでの一コマ】

 

現研7

 

【研修2日目】

晴天であれば白良浜で砂の造形活動の予定だったのですが、前日から降り続く雨のため、今年は体育館での段ボール造形です。西尾先生から段ボールの扱い方等について指導を受けた後、グループごとに造形活動の開始です。より高く組んでいくことを目指すグループもあれば、形にこだわって作成するグループもあり、グループごとの個性あふれる作品がたくさん出来上がりました。

 

【造形活動での一コマ】グループごとに協力し合い個性あふれる作品が出来上がりました!

 

9.10

 

ホテルに戻って昼食を食べた後は閉講式が行われました。盛りだくさんの内容の宿泊研修ですが、2回生・3回生の学生スタッフ・サポーターのしっかりとした適切なサポートなしに語ることはできません。新入生もぜひ来年度はスタッフとして参加して、今後も宿泊研修を盛り上げてほしいと思います。

 

【全員で記念撮影!】

現研11

 

現代教育学科 講師 大城愛子

 

 

【関連記事】

平成29年度 新入生宿泊研修レポートvol.5~人間環境デザイン学科

平成29年度 新入生宿泊研修レポートvol.4~健康栄養学科

平成29年度 新入生宿泊研修レポートvol.3~看護医療学科2回生レポート

平成29年度 新入生宿泊研修レポートvol.2~理学療法学科

平成29年度 新入生宿泊研修レポートvol.1~看護医療学科

【所属カテゴリ】イベントレポート現代教育学科畿央の学びと研究

ブログトップへ