畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!
クラブ・サークルより , ボランティア活動報告 , 現代教育学科 , 畿央の学びと研究

平群町社会福祉協議会ボランティアスクールで講演!~災害復興ボランティア部HOPEFUL

2017年9月11日(月)

こんにちは。畿央大学災害復興ボランティアHOPEFULです。8月21日(月)平群町社会福祉協議会のボランティアスクールに参加させていただいたことを報告させていただきます。

 

HOPEFUL運営の中津と川端で小学生対象に「教えて☆ボランティア体験談」として45分講義をしてきました。

 

HOPEFUL1

 

内容としては、

・HOPEFULの説明

・これまでの活動内容

・ボランティアってなんだろう?

・私たちがボランティアを始めたきっかけ

・みんなにできるボランティア

を話しました。講義をする前にまず子どもたちに「ボランティアについて知っていますか?」という質問したところ、ほとんどの子が聞いたことはあるが、あまりどういうものか分からないという答えが多く返ってきました。

実際に私たちが去年の8月、熊本県に現地ボランティアに行った時の話を中心にお話ししました。現状の様子の写真を見ながら、現地の人から聞いた生の声を伝えると、子どもたちは想像していた様子と違うことに驚いているようでした。

次に、子どもたちによりボランティアを身近に感じてもらうため、小学生でもできることを2つ紹介しました。それは「学校や地域の清掃活動」「ニュースを見ること」です。

学校で掃除の時間というのは設けられていると思います。日常の生活の中の掃除から、ボランティアというものを意識できると考えました。掃除をすることで学校も綺麗になり、自分もみんなも気持ちよく生活することができる。ボランティアというのは、自分が何かをすることで、自分も相手も喜びにつながるということだと思い、清掃活動を取り上げました。

そして、ニュースを見るというのは、ボランティアに直接的には関わらないかもしれませんが、災害があれば、地域の現状に関心を持ってほしいということです。現地ボランティアに行けなくても、何かできることはないか考えることはできます。そして、募金などお家の人と相談してできる活動もあります。これらの2つのことを子どもたちに伝えました。

 

講義の最後にある問題を出しました。

 

ボランティア+人との出逢い+ありがとう=?

 

この?に入る言葉を考える問題です。この問題を小学6年生の女の子がズバリ答えてくれました!答えは『笑顔』です!!

私は大学に入って本格的にボランティアというものを始めましたが、ボランティアをするたびにたくさんの人と出逢い、そして、たくさんのありがとうを言ってもらいました。自分も周りの人も笑顔になるボランティアは素敵だと思い、今もなお続けています。すべての講義を終えたあと、子どもたちから、「ボランティアに興味を持った!」「大人になったらボランティアをしたい!」という嬉しい言葉をもらいました。

 

講義のあとは、子どもたちとベビーカステラを作り、楽しみました!色んな話をしながら作ったベビーカステラはとても美味しかったです(^^)

 

HOPEFUL2-horz

 

今回参加させていただき、私たちはもう一度ボランティアについて考えることができた良い機会になりました。そして、これからもボランティアを続けていくとともに、たくさんの人にボランティアの良さを知ってもらいたいです。

ボランティアを通して、人との出逢いを大切に、笑顔があふれる活動をしていきたいと思います。

 

HOPEFULT4

 

教育学部現代教育学科3回生 中津美穂

 

【関連記事】

学生広報スタッフBlog vol.219~熊本地震のための募金活動が終了!

『福島の子ども保養プロジェクト』に参加しました。

福島のための「ひまわりプロジェクト」第3弾!~災害復興ボランティア部HOPEFUL

その他 HOPEFULの記事一覧

【所属カテゴリ】クラブ・サークルよりボランティア活動報告現代教育学科畿央の学びと研究

ブログトップへ