畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

2017年10月03日 一覧

2017年10月3日(火)

こんにちは!軟式野球部主将の本田(健康科学部理学療法学科3年)です。

2017年8月11日(金)~8月13日(日)に滋賀県今津市で開催された第7回夏のセンバツ全日本軟式野球大会に参加してきました。今回の大会は昨年度初出場し、準優勝した大会であるため、今年は優勝をめざして参加してきました!!

 

▼開会式

 

野球部1

 

▼準優勝カップ返還  主将本田

 

野球部2

 

1回戦の相手は昨年度東日本優勝チームである名古屋商科大学でした。テスト明けで体力に心配が残る中、試合が行われました。

 

▼先発  理学療法学科3回生の吉歳君

 

野球部3

 

何度もピンチを迎えましたが、吉歳君の力投もあり何とか0点でしのぎました。打撃陣はテスト明けということもあって沈黙状態が続き、両チーム点数が入らないまま9回が終了してしまい、特別延長へ…特別延長ルールは、1アウト1,2塁からスタート。先攻である畿央大学は3番城君(健康栄養学科3年生)からの好打順でしたが、ランナーミスで無得点(;_:)しかし、守備では吉歳君が粘りのピッチングを見せてくれ、そのまま両者1点が遠く延長12回に入りました。

12回、畿央大学の打者は4番築山君(現代教育学科3回生)。副キャプテン兼指揮官でもある築山君の執念のバッティングで1点をもぎ取りました!最後の守備も吉歳君の力投で見事勝利を収めることが出来ました!!

 

▼1回戦 VS 名古屋商科大学

畿央大学 1-0 名古屋商科大学

 

野球部4

 

大会2日目。対戦相手は職業能力開発総合大学校。天候が悪く、雨が降り続き延期が心配されるなか続行された第2回戦。予定時刻より1時間遅れで始まりました。2回戦の先発は理学療法学科2年生の佐々木君。ベスト4を決める大切な一戦を彼に任せました。

 

▼先発 理学療法学科2回生 佐々木君

 

野球部5

 

先発佐々木君は力投をみせ相手打線を抑えてくれました。しかし、2回戦も打撃陣は沈黙で点が入らず…そのまま9回へ。2回戦も特別延長かと思われた中、9回表に1点を先制!!あとは守るだけ!9回のマウンドも佐々木君に任せました。しかし、9イニングの疲れもあり、甘く入った球を先頭バッターに打たれ同点のランナーが出てしまい、そのまま止めることができず連打を浴び同点に。最少失点で切り抜けたかったのですが、その後も止めることが出来ずサヨナラ負けをしてしまい、2回戦敗退という結果になりました。

 

▼2回戦 VS職業能力開発総合大学校 

畿央大学 1-2職業能力開発総合大学

 

野球部6

 

目前にして勝利を逃し優勝も逃してしまい、とても悔しい思いが残る大会となりました。3回生は、残す大会があと一つになりました。今大会で学んだチームの課題、各自の課題に残りの期間に詰めていき、最後の大会で結果を残せるように頑張っていきたいと思います!

 

最後まで悔いを残さないように頑張っていきたいと思いますので、軟式野球部の応援をよろしくお願いします!!

 

野球部7

 

軟式野球部主将 理学療法学科3回生 本田竜也

【関連記事】

軟式野球部、新人戦が開幕!!

第6回夏のセンバツ全日本軟式野球大会で準優勝!~軟式野球部

軟式野球部がカレッジ兵庫加東市リーグに参加!

ブログトップへ