畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!
イベントレポート , 人間環境デザイン学科 , 畿央の学びと研究

畿央祭・ウェルカムキャンパス企画展示「紐庵」~人間環境デザイン学科

2017年11月7日(火)

人間環境デザイン加藤プロジェクトゼミで、畿央祭にて行う「茶室づくり」は今年で7年目となります。

毎年、学生主導で茶室の「テーマ」を設定することになっています。

今年は「紐」を使ってつくる茶室「紐庵(ひもあん)」になりました。

 

_C6I7448

 

2つのグループ(各約10名)に分かれ、それぞれ違ったデザインで制作しました。

「紐」という漢字は糸偏に丑と書きます。

1つめのグループは、木製の「丑」という字を骨組にして、その骨組に糸が巻き付くことで「紐庵」になるというアイデアです。紐の素材に紅白の毛糸を用い、和の空間をつくりました。

紐庵6-horz

 

▼製作メンバー

 

hi1

 

 

2つめのグループの紐庵は、細い棒をアーチ状にして構造を組み立て、荷造り用ひもで全体を覆うというものです。

少し丸みを持たせ、ドリームキャッチャーのような神秘的な茶室をめざしました。

紐庵7-horz

 

▼製作メンバー

 

hi2

 

 

毎回悩まされる条件の1つが、<プレハブ(あらかじめ工作されたもの)>でなければならないという点です。

元来、茶室は仮設的な要素が強いのですが、プロゼミでつくる茶室も保管場所等の問題から、畿央祭前日に1日で作り上げ1週間後には跡形もなく解体される運命にあります。

 

紐庵5-horz

 

昨年の紙庵は制作に手間取り夜遅くまで時間がかかりましたが、今年は両庵とも順調に作業が進み、夕方には完成しました。畿央祭では決まって子どもたちが中に入って遊びまわります。今年は破壊されることもなく無事に終了し、ホッとしています。

 

紐庵9

人間環境デザイン学科 准教授 加藤 信喜

 

 

【過去の茶室記事】

2011年 ~浮游庵 fu-you-an(浮く茶室)

2012年 PET庵(ペットボトル茶室)

2013年 「段庵」(ダンボール茶室)

2014年 「蹴鞠庵」(サッカーボール型茶室)

2015年 「ゲル庵」(モンゴル移住民の移動式住居)

2016年 「紙庵」(トイレットペーパーと古新聞の茶室)

【所属カテゴリ】イベントレポート人間環境デザイン学科畿央の学びと研究

ブログトップへ