畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!
TASK(健康支援学生チーム)活動レポート , 理学療法学科 , 畿央の学びと研究

TASK(健康支援学生チーム)活動レポートvol.55~4月勉強会は「重心動揺」!

2018年4月27日(金)

こんにちは!健康支援学生チームTASK理学療法学科の礒兼実沙です。2018年4月25日(木)に重心動揺をテーマに勉強会を行いました。

 

TASKThink, Action, Support for Health by Kio Universityの略称で、学科の枠を越えて協力し合いながら、地域住民の方々や畿央生の健康支援を目的として活動しています。

 

ニューロリハビリテーション研究センターの施設を利用させていただき、重心動計を使って目を開けたときと閉じたときの重心の揺れ方を比較しました。

 

TASK4月勉強会1-1-down

 

また、椅子から立ち上がるときの重心の移動についても確かめました。ゆっくり立つときと早く立つときを実際にやってみて違いを感じたり、膝の角度でも立ちにくさが変わったりすることを体験しました。介助をするときに役立ててほしいですね。

 

支持基底面と重心線の関係を知ることができました。

 

TASK4月勉強会3-1

 

▼最後はみんなでTASKのT(^^)/

TASK4月勉強会4-1

 

 理学療法学科3回生 礒兼実沙

 

●TASK関連の情報はTASK(健康支援学生チーム)活動レポートで、詳しくご覧になれます。

【所属カテゴリ】TASK(健康支援学生チーム)活動レポート理学療法学科畿央の学びと研究

ブログトップへ