畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

2018年05月22日 一覧

2018年5月22日(火)

離島・へき地医療体験実習は看護医療学科4回生の必須科目です。今年は、宇陀市大宇陀、川上村、五條市大塔、野迫川村、山添村の5地域で91人が平成30年5月15日(火)~5月17日(木)の3日間にわたり実習をさせて頂いています。いずれの地域でも充実した内容の実習で終了しました。現在まとめが学内で行われています。野迫川村の実習報告第2弾、第2日目、第3日目の様子をお伝えします。

 

2日目(516日)

この日の目玉は、学内準備で最も時間をかけた「いきいき広場(健康チェック)」の開催でした。今回の主な活動地域である大股地区(全世帯数13、住民票上の住民数32名)生活改善センターをお借りしました。

朝7時、地区内に「畿央大学の看護学生による健康チェック“いきいき広場”が開催されます。」と放送が流れました。しかし、受け付け開始の9時になっても人の影がない・・・(汗) 「身体が動かない人以外は皆仕事をしているから家にはおらん」という事前情報のとおり、地区内は静かでした。さぁ、どうする?と話しているとポツポツと住民の方が会場に・・よかったぁ、受付をさせて頂きます!

 

離島・へき地医療体験実習~野迫川村1-1

 

血圧測定、「今日の体調はいかがですか?」と優しく声をかける看護師のたまご!なかなか様になっていました。奥は骨密度測定、こちらも手際よくできていました。

 

離島・へき地医療体験実習~野迫川村2-1

 

長坐位前屈、正しく測定できるように背中が壁に付いているか、膝は伸びているか、そして、その姿勢で苦痛はないか、尋ねました。

 

離島・へき地医療体験実習~野迫川村3-1

 

足趾握力「初めて見る測定器に住民の方も興味津々」

 

離島・へき地医療体験実習~野迫川村4-1

 

開眼片足立ち、万が一のために両横に学生が立って見守ります。

 

離島・へき地医療体験実習~野迫川村5-1

 

学内準備の間に、理学療法学科の松本大輔先生にご指導を頂いたイキイキ100歳体操!も住民の方々と一緒に行いました。昨年秋から大股地区と北股地区でモデル的に導入されており、週1回のペースで生活改善センターに集まって住民主体で実施しているとのことでした。

 

離島・へき地医療体験実習~野迫川村6-1

 

健康に関するアンケートでは、「整形的な健康問題が多い」とオリエンテーションで保健師さんから伺っていたとおり、「腰が痛くて」「足がなぁ」という声が聞かれました。健康チェックの結果を踏まえ、食事内容や運動習慣を住民の方々と一緒に振り返りました。

 

離島・へき地医療体験実習~野迫川村7-1

 

いきいき広場担当学生は、午前と午後で担当を入れ替わり、小中学校、保育園、診療所、高野豆腐伝承館、野川弁天、アマゴ養殖場、そうめん工場と住民の方々の生活や野迫川村を知るべく小グループで出かけていきました。

 

野迫川村の伝統的産業を2つ紹介します。ひとつはそうめんです。

長箸でそうめんを捌き乾燥させます。10分程度の作業でもかなり疲れました。壁に吹き付けた水で湿度を調整するなど職人技も拝見し、誰でも引き継げるわけではない伝統的産業をいかに守るか、高齢化の進む村の産業の後継者問題を考える機会となりました。

 

離島・へき地医療体験実習~野迫川村8-1

 

もうひとつは、アマゴの養殖です。

アマゴ養殖を支えているのも70歳を超える地元住民(大股地区で運営している)の皆さんです。水が命、台風や大雨では、土砂崩れで山水を引くパイプが詰まらないか、寝ずの番をするそうです。病気などにも弱い智魚は屋内で育てています。餌やりを体験しました。

 

離島・へき地医療体験実習~野迫川村9-1

 

2日目最後のイベントは、診療所の根津医師のご講義と、診療所看護師2人も交えた意見交換会でした。学生は2日間の学びも発表しコメントを頂きました。

 

離島・へき地医療体験実習~野迫川村10-1

 

3日目(最終日)

まず、廃校となった北今西小学校の校舎に本部を置くNPO法人結の森倶楽部の代表にお聞きしました。野迫川村を村外に広く知ってもらうための活動として、野迫川村特産品を宅配にして発送していることや、人が集まるイベントを企画運営していることなど、お話を頂きました。原木しいたけ、まつたけ、沢わさび、そうめん、アマゴの他にも、野迫川キュウリや野迫川まな、など、伝統野菜があることを知りました。

 

離島・へき地医療体験実習~野迫川村11-1

 

村における女性の役割や、子育て育児、女性の健康、「食」についてお話を伺うため、婦人部の方々との伝統料理を作って食べるという企画をしました。

そうめんの「節」(竿に干すので上の部分はU字になります。そこを節と言います)でサラダを作っています。

 

離島・へき地医療体験実習~野迫川村12-1

 

▼野迫川産 沢わさびのすりおろし,とても香りがいい

離島・へき地医療体験実習~野迫川村13-1

 

離島・へき地医療体験実習~野迫川村14-2

 

昨年出産された女性から妊婦・出産・子育てのお話を伺いました。

「平成23年の水害後ボランティアに来ていて野迫川村が好きになった」と話してくださいました。その後、ご主人(野迫川村の方)と知り合い結婚。大股地区にご主人のご実家の隣に住んでおられるそうです。子育ての大変さは、お姑さんのサポートもあり今のところあまり感じない、集落の方々に見守られている感じだそうです。

 

離島・へき地医療体験実習~野迫川村16-1

 

みんなで作ったものを頂きながら、80代の方の嫁いできたころの話、50代の女性の嫁いできたときの話を伺いました。男性が強いというわけではないけれど、村の伝統的な行事(例えば集会や餅つきなど)は、男性が中心という風習はしっかり残っていることもお聞きしました。

 

離島・へき地医療体験実習~野迫川村17-1

 

さらなる詳細は、実習発表会で!

5月23日(水曜日)13:00から冬木記念ホールで報告会をさせて頂きます。

他学科の先生方、職員の皆様、ぜひ、発表会にお越しください。

 

実習に協力いただきました野迫川村の皆様に感謝申し上げます。

 

                          看護医療学科教授 堀内美由紀

【関連記事】

平成30年度離島・へき地医療体験実習(宇陀市大宇陀地区)レポートvol.2~看護医療学科

平成30年度離島・へき地医療体験実習(宇陀市大宇陀地区)レポートvol.1~看護医療学科

平成30年度離島・へき地医療体験実習(野迫川村)レポートvol.1~看護医療学科

学生広報スタッフblog vol.225~看護医療学科「離島・へき地医療体験実習」レポート!

2018年5月22日(火)

平成30年5月21日(日)、平成30年度「畿央大学運動器リハビリテーションセミナー(エビデンス編)」が開催されました。

 

運動器リハビリテーションセミナー1-1

 

今年のエビデンス編は『バイオメカニクスからみたリハビリテーション』『骨と振動刺激』『下肢関節へのメカニカルストレス』『免疫系への理学療法アプローチ』という4つのタイトルで9時から16時まで講師陣の熱い講義がありました。

私は1限目のバイオメカニクスを担当しました。

 

運動器リハビリテーションセミナー2-1

 

臨床の先生方から「節の運動軸の論文を読んでも臨床応用できない」「三次元動作解析の文献は意味不明」などの声を聞くことがあります。正常関節の動きを知ることで、変形性関節症者の異常な関節運動を知ることができます。また、三次元空間の表現には国際基準でのルールがあり、「論文にはその基準に従いますよ~」と書いてあるだけで一般的に詳細は表記しません。このようなちょっとしたコツでバイオメカニクスという難解な分野もぐっと臨床に近づいてきます。

他の3つの講義に関してもなかなか壮大なテーマですが、わかりやすくご講義いただきました。

 

2限目の峯松先生には、臨床では目にすることのない骨のミクロ構造を図や画像を用いてご講義いただきました。

 

運動器リハビリテーションセミナー3-1

 

3限目の瓜谷先生は昨年のオーストラリア在外研究で得た知識をご披露いただきました。

 

運動器リハビリテーションセミナー4-1

 

4限目の免疫に関しては、今北先生のアメリカ留学での実験をもとに、実際に唾液を用いたストレスと免疫の関係について受講者の唾液から簡単な実験をしていただきました。

 

運動器リハビリテーションセミナー5-1

 

今後の運動器セミナーは臨床編、臨床実践編、臨床研究編と続きます。

今年で7年目を迎える運動器セミナー、今年の臨床実践編では動物標本を用いた解剖実習や超音波エコーの使用について。臨床研究編では本学の理学療法学科に所属する統計関連ソフトの開発がご専門の福森先生にご登壇いただきます。

リカレントを主眼に置き、明日の臨床に活かせるコンテンツを揃えて各教員お待ちしておりますので今後の運動器リハビリテーションセミナーにもぜひお越しください。

 

理学療法学科 准教授 福本貴彦

ブログトップへ