畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

2018年06月22日 一覧

2018年6月22日(金)

畿央大学ニューロリハビリテーション研究センター長の森岡教授(理学療法学科教授)が執筆された「コミュニケーションを学ぶ -ひとの共生の生物学-」が出版されました!

 

無題

 

本書は、【社会人類学的視点からみた人間のコミュニケーション】【神経科学からみた人間のコミュニケーション】【人間のコミュニケーション行動】の3部構成になっており、人間のコミュニケーションを生物学的あるいは神経科学的に学べることはもちろんのこと、現代のコミュニケーション文化についても語られていますので、シンプルに楽しめる本です。最初のページをめくると、『人間はおしゃべり』とだけ綴られたページがあり、なんとも森岡教授らしい仕掛けとなっています。特に、コミュニケーションにおける“無駄”なことについても言及されており、我々のコミュニケーション行動の本質についても触れられているように思いました。

本書は、現代社会のコミュニケーションについて考える機会を与えてくれるものになっており、医療・教育・経営などの分野で幅広く読まれることになる一冊と思いますので、ご一読いただければ幸いです。

 

畿央大学ニューロリハビリテーション研究センター

助教 大住倫弘

 

【畿央大学教員執筆図書の紹介】

DVDで学ぶ助産師のわざ「母乳育児支援」に執筆協力!~助産学専攻科教員

書評~教育学部西端律子教授執筆「誰でも使える教材ボックス」

書評「看護学生のための疫学・保健統計」(看護医療学科松本泉美教授 編著)

書評『教育の質の平等を求めて―アメリカ・アディクアシー学校財政制度訴訟の動向と法理―』

『サルコペニアとフレイル』書評

書評:森岡周教授執筆「発達を学ぶ~人間発達学レクチャー」

「養護教諭のための発達障害児の学校生活を支える教育・保健マニュアル」をご紹介!

書評『リハビリテーションのための神経生物学入門』

書評「おいしさの科学シリーズ~生きていくための味覚の役割」

書評「Pain Rehabilitation(ペインリハビリテーション)」

石川裕之著『韓国の才能教育制度』を読む

ブログトップへ