畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!
健康栄養学科 , 現代教育学科 , 畿央の学びと研究

畿央大学夏期短期語学留学プログラム2018 現地リポートvol. 1 (イギリス出発編)

2018年9月3日(月)

9月1日(土)から20日間、

イギリスで行われる夏期短期語学留学プログラムに参加!

 

畿央大学の短期語学留学プログラムは、毎年夏休み期間中に行われます。英語学習はもちろんのこと、英国文化に触れることができ、博物館見学や美術館での美術鑑賞、サッカー観戦、コンサートなど課外アクティビティを自分で計画して、イギリスでの生活を満喫することもできます。

 

【畿央大学夏期短期語学留学プログラム2018概要】

場  所:イギリスのカンタベリー(ロンドンの南、車で2時間程の場所にあります)

研修場所:コンコルドインターナショナルスクール

期  間:2018年9月1日から20日間

内  容:2週間英語学習(ホームステイ滞在)、その後5日間のロンドン文化体験(観光等)

では、夏期短期語学留学の日々の様子を参加学生にリポートしていただきます。

 

2018年9月1日(土)

多くの保護者の方々やJTBの方のお見送りのもと韓国行きの飛行機に乗り込みました。

台風の影響もあり雨風が強く、9時に出発するはずが11時出発になってしまいました。無事に韓国に着いたはいいものの、イギリス行きの飛行機への乗り継ぎ時間が少なく全力で走り、なんとか乗ることができました。韓国に行くときは、あまり海外に行っているという実感がなかったですが、イギリス行きの飛行機に乗ったときは、周りに外国人の方が多くなり、いよいよこれから始まるんだと緊張しました。

 

畿央大学夏季短期語学留学1-1

▲出発時の写真(関西空港にて)

 

イギリス行きの飛行機の中では、かなり揺れ、なかなかできない経験をすることができました。機内に赤ちゃんがいましたが、ずっと大きな声で泣いていました。大人には感じることのできない不安があるのかもしれないなと思いました。

機内食は、日本から韓国行きの時に軽食が一度、韓国からイギリス行きの時に昼食、間食、夕食と2時間おきに出てきました。気圧の関係で袋に詰められたものは、パンパンに膨れ上がり開けるときに中身が飛び出るといった苦労がありました(^-^;

機内食は、韓国料理が主で味付けが辛く、日本食よりも塩分が多めの料理が多かったです。でも美味しく最後のアジア料理を惜しみながら完食しました。

 

畿央大学夏季短期語学留学2-1

▲午後6時のイギリス(ロンドンヒースロー空港、夕焼け越しのユニオンジャック)

 

 

日本時間午前5時頃(現地21時頃)無事にロンドンに到着しました。

空港から出た時は少し肌寒く感じました。匂いも日本とは違い、海外に来たことを実感しました。空港からホテル行きバスの中ではイギリスの街並みを楽しみながらも、くたくたで寝ている方が多かったです。

日本との時差は8時間あり時差ぼけを感じますが、本日よりいよいよオリエンテーションなどがあり活動開始です!

 

健康栄養学科1回生 秋山愛奈

現代教育学科1回生 谷口由唯

 

【関連記事】

畿央大学夏期短期語学留学プログラム2018 現地リポートvol.0(事前オリエンテーション編)

【所属カテゴリ】健康栄養学科現代教育学科畿央の学びと研究

ブログトップへ