畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!
イベントレポート , 現代教育学科 , 畿央の学びと研究

畿央大学夏期短期語学留学プログラム2018 現地リポートvol.3(ホームステイ編)

2018年9月10日(月)

9月1日(土)から20日間、

イギリスで行われる夏期短期語学留学プログラムに参加!

 

畿央大学の短期語学留学プログラムは、毎年夏休み期間中に行われます。英語学習はもちろんのこと、英国文化に触れることができ、博物館見学や美術館での美術鑑賞、サッカー観戦、コンサートなど課外アクティビティを自分で計画して、イギリスでの生活を満喫することもできます。

【畿央大学夏期短期語学留学プログラム2018概要】

場  所:イギリスのカンタベリー(ロンドンの南、車で2時間程の場所にあります)

研修場所:コンコルドインターナショナルスクール

期  間:2018年9月1日から20日間

内  容:2週間英語学習(ホームステイ滞在)、その後5日間のロンドン文化体験(観光等)

では、夏期短期語学留学の日々の様子を参加学生にリポートしていただきます。

 

 

こんにちは、現代教育学科2回生の國近良太郎です。今日実際にイギリスに足を踏み入れてから2日が経ちました。今日ロンドン市内のホテルからバスで約1時間のところに位置するカンタベリーという町に移動し、いよいよ明日から学校が始まります。

そして何より今日からはホームステイが始まりました。ホームステイ先の人はどんな人だろうとドキドキする中でホストファミリーと初めて対面した時、向こうから「コンニチハ」と挨拶をしてくださったので、自分の中にあった緊張少しほぐれた気がしました。しかし、挨拶時に向こうの方手を合わせていたので、それはタイのスタイルだと強く主張しました。その時に自分は、日本人としての自覚やアイデンティティのようなものを海外に来て初めて感じました。

また、夕食まで少し時間があったのでホームマザーやホームファザーと少し話そうと思い色々話しかけたり話しかけられたりしたのですが、ホームマザー・ファザーの話している英語が全く聞き取れなかったり、使っている単語が今まで勉強してきた英語の単語と全然違ったりしたので自分の実際英語力のなさ痛感し、心が折れることがありました。

しかし、このイギリスでの3週間での経験が自分のこれからのきっかけになり、目標への一歩になると信じれば、これから経験していくことがより一層大きなものに感じられ、日本では感じられなかったものも感じられると思います。

 

畿央大学夏期短期語学留学1-1

 

ルームメイトとして一緒になった2人のイタリア人の留学生とはすぐに親しくなり、共通の趣味の話で盛り上がりました。2週間はとても充実したものになると信じています!!

現代教育学科2回生 國近良太郎

 

【関連記事】

畿央大学夏期短期語学留学プログラム2018 現地リポートvol.2 (現地オリエンテーション編)

畿央大学夏期短期語学留学プログラム2018 現地リポートvol. 1(イギリス出発編)

畿央大学夏期短期語学留学プログラム2018 現地リポートvol.0(事前オリエンテーション編)

【所属カテゴリ】イベントレポート現代教育学科畿央の学びと研究

ブログトップへ