畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

2018年09月13日 一覧

2018年9月13日(木)

本学には教育研究水準の向上および国際交流の進展に資するため、学術の研究・調査等のため外国に在外研究員を派遣する制度があります。平成30年4月1日から平成31年3月31日までの期間、スペインのUniversidad de Oviedo「内容言語統合学習法 (Content Language Intergrated Learning, CLIL)を用いた第二言語によるアイデンティティーの構築に関する研究」をテーマに研究を進めています。今回は、スペインから出張したペルーでの現地レポートをお届けします!

 

 

スペインの大学では、7月末から9月の頭まで夏休みで、大学は閉館でした。

私は8月7日(火)~23日(日)に科学研究費プロジェクトのフィルドワーク実施のため、ペルーのリマ市とチリのサンティアゴ市に出張に出かけました。このフィルドワークの内容は、科研プロジェクトの主体であるホセ・ワタナベという人物の自伝背景の情報を収集するため、ワタナベの親戚と、ワタナベについて研究している学者とのインタビューや、ワタナベの生まれ育ったラレード市とトルヒヨ市を訪問する事を目的としていました。

ワタナベ氏の親戚以外では、下記の先生方にインタビューを実施しました。

Dr. Jose Lin Ning Anticona

(精神学者、著者:Cosas de Familia: metáfora de la identidad en la poética de José Watanabe. Ediciones Murrup, 2014)

Dr. Camilo Fernandez Cozman

(サンマルコス大学、著者: Mito, cuerpo y modernidad en la poesía de José Watanabe. Universidad Nacional Federico Villareal, 2011)

Dr. Jose Canziani

(Ponitifica Universidad Catolica de Peru大学の考古学者、ワタナベ氏親友)

最終的にPonitifica Universidad Catolica de Peru、ペルーの一流大学で研究の経過を発表しました。また、このシンポジウムは大学の定期刊行物に取材されました(下記の写真)。

 

randy1-tile

 

ペルー国営テレビCanal 7、日本でいうNHKの文化番組が我々のプロジェクトを知り、その番組から私はインタビューの依頼を受け、8月21日(火)午前中にテレビ局でインタビューを受けました。そして、9月1日(土)の17:00(ペルー時間)に全国放送されました。

 

RandyPeru

(画像をクリックすると動画がご覧になれます)

 

9月は、スペインのオビエドでの研究を中心にする予定にしています。小学校における外国語教育のプロジェクトを進めるために学校訪問、現場の先生との面談や、実際の授業を見学させて頂く予定です。

 

現代教育学科 准教授 ムース・ランディ

【関連記事】

平成29年度在外研究報告会を開催しました。

2018年9月13日(木)

ジャグリング部「光幻華」です!

私たちは平成30年8月25日(土)に開催された香芝旭ヶ丘ニュータウン夏祭りに参加してきました。初めて依頼を受けたところで不安要素はありましたが、頑張ってきました!

初めてなので段取りとしては少々てこずりましたが、それぞれ臨機応変な対応ができました。当日に向けてある程度のことは想定していましたが、やはり実際行ってみて気付くこともあります。立ち位置や入れ替わり、演出などその場に応じて変更したりもしました。通常のボランティアとは異なり、ほとんど自らが主体となるところが、難しくもありやりがいがあるところです。今回は演技終了後にMCを入れて、畿央祭の宣伝をするなどの工夫もしてみました。

 

ジャグリング部1-1-down

 

本番ではアクシデントもありましたが、なんとか無事終えることができました。お客さんも楽しんでくれたようで、依頼をくださった方からも「是非来年もお願いします。」との嬉しいお言葉をいただきました!自分たちの活動が評価されると嬉しいですね。今後も頑張っていきたいと思います。以上ジャグリング部「光幻華」でした!

  

健康栄養学科2回生 横田美帆

 

【関連記事】

ボランティアレポート~病院からの依頼でジャグリング部が演技を披露!

広陵町立図書館でジャグリング講座を開催!~ジャグリングクラブ~

2018年9月13日(木)

こんにちは!ビーチラグビー部「Unlache」代表の新田裕樹です。

平成30年8月25日(土)・26日(日)の2日間にかけて新潟県上越市の谷浜海水浴場でビーチラグビーリベンジ上越大会に参加してきました。総勢64名と大人数での参加となりとても楽しい大会となりました。

今大会は普通の大会と違っていろいろチームの方とチームを組んだり、自分で好きなチームを作ったりと基本的に自由な大会でした。ちなみに私は九州大学の方々と一緒にチームを組んで試合に出させてもらいました。数少ない同じ大学生チームだったので、交流を深めることができて良かったです。

 

1日目はリーグ分けの予選が行われました。各チームとても良い雰囲気で、1回生の中には「大会で初のトライを取れてとても嬉しかった!」という声もあり、みんながみんな楽しんでいる様子でした。1日目の晩は砂浜にて大会参加者全員でバーベキューやキャンプファイヤーや花火などを行い、いろいろなチームの方と話し、たくさん交流しました。

 

ビーチラグビー上越大会1-1

 

2日目は決勝トーナメントとなりました。負けたら終わりという状況で、時には身内同士での戦いもありとても盛り上がりました。表彰式では畿央大学として敢闘賞をいただきました。

 

ビーチラグビー上越大会2-1

 

そして、今シーズンの大会ラウンドツアーが上越大会を持って終了しました。

1回生にとっては初めてのシーズン、上級生にとっては昨年とは全く異なったシーズンとなり、みんながそれぞれいろいろなことを感じることができたと思います。チームとして、また個人としてもそれぞれが出た課題をこれからのオフシーズンで克服し、また来年のシーズンを迎えたいと思います。大会もなくモチベーションも上がりにくくなってきますがみんなで切磋琢磨しながら勝てるように、一生懸命頑張って練習していきたいと思います!

 

ビーチラグビー上越大会3-1

 

健康栄養学科3回生 ビーチラグビー部代表 新田裕樹

 

【関連記事】

畿央大学ビーチラグビー部「Unlache」Twitter

ビーチラグビー部、「第17回リベンジ上越大会」に参加!

2018年9月13日(木)

畿央大学の短期語学留学プログラムは、毎年夏休み期間中に行われます。英語学習はもちろんのこと、英国文化に触れることができ、博物館見学や美術館での美術鑑賞、サッカー観戦、コンサートなど課外アクティビティを自分で計画して、イギリスでの生活を満喫することもできます。

【畿央大学夏期短期語学留学プログラム2018概要】

場  所:イギリスのカンタベリー(ロンドンの南、車で2時間程の場所にあります)

研修場所:コンコルドインターナショナルスクール

期  間:2018年9月1日から20日間

内  容:2週間英語学習(ホームステイ滞在)、その後5日間のロンドン文化体験(観光等)

では、夏期短期語学留学の日々の様子を参加学生にリポートしていただきます。

 

 

 

こんにちは、カンタベリーに留学中の現代教育学科1回生の横田香織です。

こちらでの生活についてリポートさせていただきます!

 

イギリスに到着してから1週間が経ちました!ホームステイを始めて、初めは全く聞き取れなかった英語も日常会話はスムーズに聞き取ることが少しずつできるようになり、また返事をすることができるようになってきました。日本とは全く違って、周囲から聞こえてくる言葉が全て「英語」である生活に慣れて来た頃であり、今まさに折り返しの地点です。

 

さて、話は変わりまして、9月8日(土曜日)には、終日観光で東京の大学の方達と一緒に「海沿いの町」と言われている「ブライトン」へ観光に行って来ました!その日の天気は曇っていましたが、それでも綺麗だ!写真を撮らずにはいられない!と断言できるぐらいとても綺麗な海でした。

 

夏期短期語学留学プログラム1-1

▲▼ブライトンに広がる海と畿央生たち

夏期短期語学留学プログラム2-1

 

夏期短期語学留学プログラム3-1

▲▼ブライトンの街並み

夏期短期語学留学プログラム4-1

 

お昼は、友達と海の近くのハンバーガー屋さんで食べました。そこのお店は、ハンバーガーの中身を自分でカスタマイズできる仕組みになっていて、好きな具材を入れることができます!店員さんもとても優しくて、「楽しんでね‼︎」「私もここのハンバーガー好きなの!」と私たちにたくさん話しかけてくれました。

そのお店、私たちが初めての日本人なのかどうかわからないですか、急にその店員さんから「あなたたちの写真を撮ってもいい?」と言われ、写真を撮られました。

そのお店は、ランチはそんなに高くないので、ランチタイムはとてもオススメだと思います!

お昼を食べ終わってから、近くのショッピングモール(チャーチル スクエア ショッピングモール)に行くことに決め、行き方をそのお店の店員さんに教えてもらいました。

Google mapを使いながらショッピングモールに向かいました。そのショッピングモールは、たくさんのアクセサリーショップ、服屋さん、メイク用品が売られていて、みんなが最も夢中だったのがアクセサリーショップでした。日本にはあまり馴染みのないことですが、

○つで○○ポンドというまとめ買いで安くなることがたくさんあります。

その○つで○○ポンドという言葉に惹かれてみんな夢中になって商品を選んでいました。

 

夏期短期語学留学プログラム5-1

▲ブライトンの海の近くのハンバーガー屋さんにて

 

とても充実した休日を過ごせて、私はすごく満足しています!

英語ばかりの生活に触れ合って1週間が経ちましたが、言いたいこと、わからないこと、聞きたいことを全て英語で相手に伝えなければならないことがとても大変だと感じます。

残り少ない1週間という期間を大切にして、たくさんの外国の方と話していきたいと思いました。楽しんで1週間を乗り越えていきたいです!

 

現代教育学科1回生 横田香織

 

【関連記事】

畿央大学夏期短期語学留学プログラム2018 現地リポートvol.6 (WEEK1編2)

畿央大学夏期短期語学留学プログラム2018 現地リポートvol.5(Week1編)

畿央大学夏期短期語学留学プログラム2018 現地リポートvol. 4 (ホームステイ編2)

畿央大学夏期短期語学留学プログラム2018 現地リポートvol. 3 (ホームステイ編)

畿央大学夏期短期語学留学プログラム2018 現地リポートvol. 2(現地オリエンテーション編)

畿央大学夏期短期語学留学プログラム2018 現地リポートvol.1 (イギリス出発編)

畿央大学夏期短期語学留学プログラム2018 現地リポートvol.0(事前オリエンテーション編)

2018年9月13日(木)

畿央大学の短期語学留学プログラムは、毎年夏休み期間中に行われます。英語学習はもちろんのこと、英国文化に触れることができ、博物館見学や美術館での美術鑑賞、サッカー観戦、コンサートなど課外アクティビティを自分で計画して、イギリスでの生活を満喫することもできます。

【畿央大学夏期短期語学留学プログラム2018概要】

場  所:イギリスのカンタベリー(ロンドンの南、車で2時間程の場所にあります)

研修場所:コンコルドインターナショナルスクール

期  間:2018年9月1日から20日間

内  容:2週間英語学習(ホームステイ滞在)、その後5日間のロンドン文化体験(観光等)

では、夏期短期語学留学の日々の様子を参加学生にリポートしていただきます。

 

 

こんにちは、カンタベリーに留学中の人間環境デザイン学科1回生の豊島かれんです。

こちらでの生活についてリポートさせていただきます。

 

あっという間に語学学校に通い始め、ホームステイが始まってから1週間が経ちました。最初はイギリスの生活に慣れるまで日本の生活との違いの困惑もあり、大変でしたがはや1週間が経ち、慣れてきたように思います。

今回は語学学校のことや、課外での活動について話したいと思います!

私たちはConcorde Internationalという語学学校に通っていて、私は午前中のみ授業を受けています。

 

夏期短期語学留学1-1

 

クラスは少人数で先生はフレンドリーな方ばかりです。他の国の学生もいて一緒に英語でゲームをしたり、クイズもしたりしてとても楽しく授業を受けていて、たくさん発言をして楽しい会話をするような感覚です。理解できなかった英語は他の留学生が簡単にして絵やジェスチャー・単語で教えてくれ、そして先生が分かるまでしっかり教えてくれるのでとても助かります。

やはり自分で文章を考えて話すことはまだまだ難しいですが、1週間でリスニング力がかなり身についた気がします!

 

学校はカンタベリーのほぼ中心地にあるので、午後は昼食を食べ、観光・買い物をして過ごしています。カンタベリーはとても過ごしやすい街です。

 

▼カンタベリーのメインストリートから少し歩いて見つけたお気に入りの場所

夏期短期語学留学2-1

 

▼メインストリートでの路上ライブ

夏期短期語学留学3-1

 

そして、ホストファミリーはとても優しく、毎日たくさん話しかけてくれて本当の娘のように一緒に過ごしてくれます。またイタリア人留学生2人も一緒なので夕食後はゲームをしたり話したりします。ボードゲームやジェンガは言葉の壁があっても世界共通で楽しめるものなのでワイワイできて本当に楽しいです♪

 

カンタベリーでの生活は残りの1週間!ホストファミリーや他国の留学生との別れはとてもさみしいですが、たくさんのことを学んで吸収して、悔いのないよう頑張ります。

 

人間環境デザイン学科1回生 豊島かれん

 

 

【関連記事】

畿央大学夏期短期語学留学プログラム2018 現地リポートvol.5(Week1編)

畿央大学夏期短期語学留学プログラム2018 現地リポートvol. 4 (ホームステイ編2)

畿央大学夏期短期語学留学プログラム2018 現地リポートvol. 3 (ホームステイ編)

畿央大学夏期短期語学留学プログラム2018 現地リポートvol. 2(現地オリエンテーション編)

畿央大学夏期短期語学留学プログラム2018 現地リポートvol.1 (イギリス出発編)

畿央大学夏期短期語学留学プログラム2018 現地リポートvol.0(事前オリエンテーション編)

ブログトップへ