畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

2018年09月21日 一覧

2018年9月21日(金)

理学療法学科では、台湾での海外インターンシップを実施しています。3年目となる2018年は台風21号で関西国際空港が使えなくなる波乱の幕開けでしたが、日程短縮をして3回生15名と教員4名が現地を訪問。現地からのレポート第3弾です!

 

9月12日(水)

台湾での滞在も、もう最終日を迎えました。

台中から台北の桃園国際空港へ向かう途中に、彩虹眷村(Rainbow village)に寄りました。

 

海外インターンシップvol.3 1-1

 

眷村は、以前、老兵が多く住宅も決して立派ではなかったので、再開発計画により取り壊される予定でした。しかし、そこに残っていた黄じいさんは、突然、ペンキで家の前の壁に絵を描き始め、当時の台中市の市長が黄じいさんの描いた絵で色彩豊かになった眷村に感動し、台中市の特徴ある公園として残すことになったそうです。

 

海外インターンシップvol.3 2-1

 

かわいい絵が多かったので、たくさん写真を撮り、台湾の最後の思い出にしました。

 

海外インターンシップvol.3 3-1

 

関西国際空港は使えないため、台湾から成田空港へ戻り、そこからシャトルバスで新宿のホテルへ向かって、宿泊しました。 

 

9月13日(木)

7時にはホテルを出て、新幹線で大阪へ!移動中の新幹線でも報告会の確認を行いました。

 

そのまま畿央大学に戻り、理学療法学科全学年が唯一集まる全体症例発表会へ参加し、4回生の実習での経験、学びを聞くことができました。そして、ようやく海外インターンシップ報告会です。

 

海外インターンシップvol.3 4-1

 

準備から台湾での4日間で感じたこと、得たことを先輩・後輩・先生方に伝えるため、報告会を行いました!

報告会では、英語力のなさを痛感した」「台湾学生たちの授業姿勢に刺激を受けた」「日本と海外の文化の違いを知ることができた、台湾の人々のあたたかみを感じた」などたくさんの思いを伝えました。

 

報告会には1回生から4回生まで想像より多くの方が来てくださり、この興奮が少しでも伝わっていれば嬉しいです!

台湾の学生とも仲良くなれましたが、参加したメンバー同士の仲も深められたと思います。

 

海外インターンシップvol.3 6-1

 

今回参加してみて、改めて、積極性や自分の気持ちを伝えることの大切さ・英語力不足を感じました。

インターンシップで得たことを授業や日常に生かし、より自分自身を高めていけるようにしたいと思います!

 

最後になりましたが、今回は台風の影響で中止になる可能性があったにもかかわらず、改めて予定を調整していただいた事務局の方々、先生方、JTBの方々に感謝申し上げます。本当にありがとうございました!

 

海外インターンシップvol.3 5-1

 

 

理学療法学科3回生 伊藤隼人・川上雅子

 

●過去の理学療法学科海外インターンシップ in 台湾の記事はコチラ

2018年9月21日(金)

2018年9月19日(水)、本学に大阪行岡医療大学准教授の池田耕二先生をお招きし、瓜谷ゼミの3年生を対象に「はじめての質的研究入門」というテーマでご講演いただきました。ゼミの3回生がこれから取り組んでいく研究で用いる手法について、基礎的な知識をご教示いただきました。

 

池田先生の専門は「質的研究」です。一般的に多くの人にもなじみのある研究は質的研究と対比させると「量的研究」と言われます。数量的なデータを測定してそのデータを統計学的に検定して変化や違いを確認するという手法をとる、いわゆる自然科学といえるものです。世の中で発生する事象、現象を対象としていると言えるかもしれません。

一方、質的研究は主に社会学の分野などで用いる手法で、特に池田先生がされている研究はインタビューや観察によって情報を収集し、それを手続きに従ってまとめていくという手法を取るものです。数値化できない(しにくい)ものを対象としており、人間科学、あるいは人そのものを対象としていると言えるかもしれません。

基礎的な内容とは言え、研究自体もスタートしたばかりで、しかも質的研究というこれまでにあまり馴染みのないテーマであったため、なかなか理解するには難しかったと思います。

 

瓜谷ゼミ1-1-down

 

今回は池田ゼミの3回生の方々も参加してくださり、瓜谷ゼミでは初めての他大学の研究室との合同ゼミになりました。私の専門と池田先生の専門は違うのですが、今回の3回生が私の研究テーマの一つである変形性膝関節症の患者さんにインタビューをして質的研究の手法を用いて、患者さんが疾病や障害をどのように体験しているのか、どのように向き合っているのかを明らかにしようと思っています。そのため、質的研究に詳しい池田先生をお招きして勉強会を開催していただきました。池田ゼミの学生さんは終末期理学療法に携わるセラピストを対象として卒業研究に取り組んでおり、卒業研究でどちらも質的研究の手法を使って取り組んでいるという意味で今後も交流を深めたいと思っています。

 

瓜谷ゼミ3-1

 

ゼミ終了後は場所を大阪に移し、瓜谷ゼミの卒業生も参加しての懇親会を行いました。はじめはお互いによそよそしかった学生たちも時間が経つにつれて非常に打ち解け合い、あっという間の楽しい時間となりました。今後も継続して研究室間での交流を続けていきたいと思います。

 

瓜谷ゼミ4-1

 

理学療法学科 准教授 瓜谷大輔

【関連記事】

理学療法学科卒業生の卒業研究が国際学術雑誌に掲載!~理学療法学科

環境省「エコチル調査」の一環で運動教室を開催!~理学療法学科瓜谷ゼミ

メルボルン大学の研究チームとしてイギリスへ!~理学療法学科瓜谷准教授

瓜谷准教授の在外研究報告会兼同窓会レポート!~理学療法学科「運動器ラボ」

毎年恒例の沖縄ゼミ旅行!~理学療法学科 瓜谷ゼミ

ブログトップへ