畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!
理学療法学科 , 畿央の学びと研究

理学療法学科教員がBest Basic Science Abstract Awardを受賞!~第5回International Fascia Research Congress

2018年12月26日(水)

2018年11月14日(水)~15日(木)にドイツのベルリンにて5International Fascia Research Congress が開催されました。初めて参加する学会で、今回はポスター発表で申し込んでいたのですが、口述発表に変更され、国際学会では初めてのOral Presentationとなりました。

 

第5回  International Fascia Research Congress で本学教員が発表&受賞!~理学療法学科1-1

 

Fasciaとは、身体中の組織を包み込んでいる膜構造の線維性結合組織で、内臓や骨格筋の相対的な位置を保持し、身体内部の枠組みを構成しています。

そのFasciaが近年、大きく注目されてきており、本学会はそこに焦点をあてた学術集会です。

 

 

第5回  International Fascia Research Congress で本学教員が発表&受賞!~理学療法学科2-1

▲会場前に設置されたFasciaをイメージしたモニュメント

 

参加者は、理学療法士だけでなく、解剖学者、生理学者、臨床医師、作業療法士、鍼灸師、柔道整復師など、世界中から医療関係者が集まっており、その中でOral Presentationが55演題、Poster Presentationが70演題ほどありました。学会の雰囲気は非常に活発で、どこの会場でも発表のあとにディスカッションが行われ、講演などではスタンディングオベーションが起こり、参加しているだけで楽しくなる学会でした。私は、基礎研究として、下腿前面を切開し、その後縫合し、治癒後4週間での瘢痕形成過程とその組織形成が皮下組織や骨格筋にどのような影響を与えるかを、組織学的に調べたものを発表しました。なぜか会場はほぼ満席で、かなり緊張しましたが、いくつか質問もいただき、よい経験が出来ました。

 

第5回  International Fascia Research Congress で本学教員が発表&受賞!~理学療法学科3-1-down

 

この経験だけで十分だったのですが、実はこの学会でAwardもいただきました!!

この学会には、Best Basic Science Abstract AwardFirst, second, and third place for the Best PostersというAwardが準備されており、そのうちのBest Basic Science Abstract Awardを受賞しました。初めて参加する国際学会で、かつ非会員だったのですが、このような素晴らしいAwardをいただき、大変光栄に思っております。

Influence of adhesion-related fascial gliding restrictions on dermal and articular movement

Hidetaka Imagita, Taiko Sukezane

 

第5回  International Fascia Research Congress で本学教員が発表&受賞!~理学療法学科5-1-down

 

さらには、受賞したことを受けて、日本の関連学会である整形内科学研究会でも表彰されました。

第5回  International Fascia Research Congress で本学教員が発表&受賞!~理学療法学科7-1-down

身の引き締まる想いですが、今後、Fascia に関する研究を精力的に進めていく決心にもなりました。FasciaやMyofasciaに関して興味をお持ちの方、お気軽にお声かけください。是非一緒に研究していきましょう!!

 

理学療法学科教授 今北英高

 

【関連記事】

日本理学療法士学会の平成29年度表彰で、本学関係者が受賞ラッシュ!

第23回日本基礎理学療法学会学術大会で大学院生が発表&修了生が奨励賞を受賞!

第5回日本地域理学療法学会学術大会で本学教員・客員講師が表彰されました!~理学療法学科

今北ゼミと福本ゼミが合同で同門会を開催!~理学療法学科・健康科学研究科

【所属カテゴリ】理学療法学科畿央の学びと研究

ブログトップへ