畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!
イベントレポート , 人間環境デザイン学科 , 畿央の学びと研究 , 畿央大学×地域連携

2・3回生が靴下ファッションショーをプロデュース!~人間環境デザイン学科 村田ゼミ

2019年1月24日(木)

平成30年9月22日(土)、23日(日)に行われた「広陵町かぐや姫まつり」にて靴下デザインコンテストの授賞式が行われ、受賞された靴下を披露すべく、今年も靴下ファッションショーという形で村田ゼミも参加させていただきました!

 

「広陵町かぐや姫まつり」靴下デザインコンテスト1-1

 

広陵町は靴下生産高日本一の「靴下の街」です。広陵町の靴下産業が始まって100年が経過。靴下デザインコンテストは今年で5回目を迎えました。

今回は全国から2199点もの応募の中から、最優秀靴下組合長賞(1点)、広陵町長賞(1点)、広陵町商工会長賞(1点)、佳作(11点)、ユーモア賞(3点)、かぐやちゃん賞(1点)の全18点が選ばれました。

今年度は2回生8名、3回生13名、4回生10名、そして村田先生の総勢32名で夏休み前から靴下ファッションショーに向けて活動してきました。

今回のファッションショーでは【わ】をコンセプトに、和風の和、平和の和、友だちや恋人・人とのつながりの輪など、さまざまな【わ】を音楽や衣装に取り入れてショーを構成しました!

今回のファッションショーでこだわったのは、衣装!!!佳作のショーで着たつなぎは、2.3回生全員が作りました。

 

「広陵町かぐや姫まつり」靴下デザインコンテスト2-1

 

受賞された作品を目立たせるため、シンプルなデザインにし、背中に染まったショーのコンセプトである【わ】がワンポイントになっています。この【わ】の文字は、みんなで習字をしてその中から選りすぐり紙に写してから専用の紙に縁取り、切り抜いて型を作りました。

 

「広陵町かぐや姫まつり」靴下デザインコンテスト3-1

 

また、3回生はつなぎの他に陣羽織、各賞の衣装を製作しました!

 

ユーモア賞はポップで可愛らしいシャツとズボン。

かぐやちゃん賞は変身後シミラールックになるズボンとスカート。

上位賞は見た目にインパクトのある左右長さの違うスカート。

 

衣装デザイン・製作方法は衣装係が考え、製作は各自で行いました。

 

「広陵町かぐや姫まつり」靴下デザインコンテスト4-1

▲写真左:ユーモア賞 写真右:上位賞

 

「広陵町かぐや姫まつり」靴下デザインコンテスト5-1

▲写真左:かぐやちゃん賞(変身前) 写真右:かぐやちゃん賞(変身後)

 

2回生は縫製に慣れない中夏休みを返上して取り掛かり、3回生は製作物が多い中、後輩の手本となるよう指導も行いました。また、今回は広陵町で学ぶ学生と靴下の輪ということで、畿央生がデザインした「畿央靴下」を広陵町の靴下企業さんに作っていただきました!

 

▼畿央生がデザインした「畿央靴下」

「広陵町かぐや姫まつり」靴下デザインコンテスト6-1

 

3回生ははじめ、1からショーの構成について考え、後輩を引っ張っていかなければならないという不安もありました。しかし、昨年の経験を生かし、それぞれの役割に責任を持って、協力し合いながらショーを作り上げました。また、2回生はゼミが決まって早々の活動で分からないことだらけの中、しっかりと練習に取り組み、精一杯の笑顔でステージを明るく盛り上げてくれました!

このファッションショーを通じて学年ごとのつながり、ゼミ全体のつながりを深めることができました。この経験を後期のゼミ活動にもつなげていきたいと思います!!

 

最後になりますが、靴下ファッションショーを開催するにあたりお世話になりました、広陵町靴下組合の皆様、広陵町商工会の皆様、広陵町役場の皆様、その他 関係者の皆様、そしてファッションショーを見に来てくださった皆様に深く感謝致します。ありがとうございました。

人間環境デザイン学科 村田ゼミ3回生

菅野真奈・鴛海菜津子・中屋菜月

 

【関連記事】

広陵北小学校と連携してまちづくり調査!vol.1~人間環境デザイン学科清水ゼミ

「NARAソックス・プロジェクト」成果を発表!~人間環境デザイン学科 村田ゼミ

34名で靴下ファッションショーをプロデュース!~人間環境デザイン学科村田ゼミ

咲良史歌鹿(さくらしかじか)看護実習バッグを制作!~人間環境デザイン学科×看護医療学科

「NARAソックス・プロジェクト」に参加!~人間環境デザイン学科

【所属カテゴリ】イベントレポート人間環境デザイン学科畿央の学びと研究畿央大学×地域連携

ブログトップへ