畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

2019年02月04日 一覧

2019年2月4日(月)

オンライン英会話でスピーキング力をアップ!

-中間報告会編-

 

こんにちは、現代教育学科4回生の下坊美月(学生広報スタッフ)です。平成31年1月29日(火)、オンライン英会話を活用した英語スピーキング力向上事業、通称「レアジョブチャレンジ!」の参加者による中間報告会が行われました。その内容について報告させていただきます。

このプロジェクトは、2018年度畿央大学教育改革事業として大学からの支援を受けて行われており、教育学部現代教育学科の中学校・高等学校教諭一種免許状(英語)の取得を希望している1回生から3回生の学生を対象に、オンライン英会話を使って英語スピーキング力の向上をめざすというものです。参加する学生は12月中旬からの3ヶ月間、毎日25分、英語講師とマンツーマンで株式会社レアジョブが提供するオンライン英会話を行います。

●事前説明会レポートはコチラ

レアジョブチャレンジ1-1

▲中間報告会の様子

 

今回の中間報告会では、実施期間を半分終えた学生たちの気付いたことや悩みを共有するためにアンケートの記入と1~3回生混合のグループで意見交換をする時間を設けました。学生同士の話し合いではそれぞれ新しい発見や共感できるところがあったようです。それでは、実際の学生の声を紹介します!

 

〇学習したこと、気付いたこと

・普段英作文を書くときにはしない間違いに自分で気付くことができる。

・教科書では学ぶことができない初対面の人との会話のやり取りの仕方を知ることができる。

・日常会話でよく使う表現を学ぶことができる。

 

レアジョブチャレンジ2-1

▲各グループの代表者に発表もしてもらいました!

 

中には自分の学習についてだけでなく、英語の指導方法を考える機会になっていると答えた学生もおり、さすが教育学部だなぁと感じました。学生同士の近況報告のほかに、オンライン英会話のレッスンを受ける際の教材選びや予習の仕方などについても新たな発見ができたようです。

昨年12月から始動したこのプロジェクトですが、早くも折り返しを迎えました。参加者のみなさんにはできるようになったことに自信をもって、それぞれの目標に向けて最後まで頑張ってほしいなと思います!

 

現代教育学科4回生 下坊美月

【関連記事】

英語スピーキング力向上事業「レアジョブチャレンジ」事前説明会レポート~現代教育学科

 

ブログトップへ