畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

2019年02月26日 一覧

2019年2月26日(火)

大学近隣の地域と連携して課題解決に取り組む、人間環境デザイン学科2・3回生合同の「プロジェクトゼミ」。

陳ゼミでは2018年5月より、広陵町箸尾の教行寺に設置する縁台・屏風の作成を行ってきました。このプロジェクトは、「近隣住民のコミュニティの場として縁台を提案し、箸尾の地域を活性化させたい」という思いから始まりました。縁台の座面と屏風に広陵町の竹を使用し、地域に馴染むとともに住民の方に愛されるデザインをめざしました。

 

箸尾縁台プロジェクト1-1-side

 

▼教行寺で現地を測量している様子です。暑い日でしたが、協力して行いました。

 

箸尾縁台プロジェクト3-1

 

▼奈良県産の桧の部材が届き、防腐剤を塗装するところから縁台の制作が始まりました。

 

箸尾縁台プロジェクト4-1

 

▼無事に塗装が終わり、乾燥させました。

 

箸尾縁台プロジェクト5-1

 

▼竹の座面をのせる部材を加工し、土台に固定しています。木材が割れないように慎重に作業しました。

 

箸尾縁台プロジェクト6-1-side

 

▼座面を紐で土台に固定します。竹の太さにばらつきがあり、枠にピッタリはまる組み合わせを考えるのに苦労しました。

 

箸尾縁台プロジェクト8-1

 

▼縁台が完成しました!

 

箸尾縁台プロジェクト9-1

 

▼竹の屏風を製作しています。竹を斜めにカットして、やすり掛けを行いました。その後、穴を開けて横紐を通し、結んで固定。微妙に長さの違う竹を組み合わせることに苦戦しました。

 

箸尾縁台プロジェクト10-1-side

 

▼7月になり、縁台5台と屏風3台が完成しました!

 

箸尾縁台プロジェクト12-1

 

▼当初設置予定だった7月28日(土)大和鉄道開通100周年イベントは残念ながら台風の影響で中止になりましたが、9月22日(土)~23日(日)に開催された広陵かぐや姫まつりに出展することができました。

 

箸尾縁台プロジェクト13-1-side

 

2018年11月から教行寺に設置スタートしました。

門前の縁台は、近隣の住民や通りすがりの人が少し休憩する場として利用できるように設置しました。門の横のコーナーに置くことで、前面道路との距離を取ることができ、視線も遮られるのでゆっくり落ち着いて座ることができます。

境内の縁台は、遊具で遊ぶ子供を見守る保護者の利用を想定して設置しました。腰掛けるだけでなく、子供たちの荷物置き場として活用することもできます。カウンターに見立ててままごと遊びをする子供の姿も見られたようです。

 

箸尾縁台プロジェクト15-1-side

 

箸尾の縁台作りを通して、ものづくりの楽しさを感じることができました。景観に馴染むように試行錯誤してデザインしたものを形にすることができ、さらに実際に利用されている様子を見ることができ、達成感があり嬉しかったです。

また、意匠だけでなく構造による強度や接合部、組み立て方を考えながら設計することの大切さを学びました。竹の加工や麻紐を使用した固定が難しかったので、今後も研究をすすめていきたいです。

 

箸尾縁台プロジェクト17-1-side

 

 

人間環境デザイン学科3回生 梅野奈々・外尾華奈子・古市桃子

              藤江誠・石田蓮貴・荒木智哉

 

【関連記事】

今井町“みんなでつくろう!”床几プロジェクト~人間環境デザイン学科

「バーンデザイン」農家小屋アート!第3弾~人間環境デザイン学科加藤ゼミ

竹取公園ツリーハウス『みんなのひみつきち』披露式典~人間環境デザイン学科プロジェクトゼミ~

2019年2月26日(火)

2019年2月16日(土)から3月7日(木)にかけて、1・2回生あわせて17名の畿央生がカナダのヴィクトリアでの短期語学留学プログラムに参加しています。2週間にわたりホームステイをしながら語学学校で過ごしたあと、3日間バンクーバーを観光して帰国する予定です。

参加学生からのレポート、第9弾をお届けします!

 

こんにちは、現代教育学科2回生の清水亜美です。この1週間の出来事を3つ報告します。

 

 

まず1つ目は学校についてです。

私が通学に使うバスは、自主休講ならぬ自主運休することがあり、バスが来ないかもしれない恐怖と闘いつつ学校に向かう日々です。学校には韓国、ブラジル、コロンビア、台湾など様々な国の人がいます。日本人が多いですが、会話はEnglish onlyです。人生の中で一番真剣に授業を聞いていると言っても過言ではないほど真剣に聞いているのに先生の指示が分からず、いつも周りの人に助けてもらっています。みんなものすごく優しいです。

 

2つ目はハンバーガーについてです。

私は欧米のマクドナルドのハンバーガーは大きいものだと思って20年間生きてきました。そして今回嬉々としてマクドナルドに向かいチーズバーガーを頼みました。

しかしいざ包みを開けると、日本と変わらないサイズと日本の方がジューシーなハンバーガーが鎮座していました。私はすごく悲しかったです。ドリンクは自分で入られて飲み放題でした。他のハンバーガー屋さんに食べに行ったら、ちゃんと大きくてジューシーなハンバーガーが食べられたので、良かったです。

 

短期語学留学vol.9 1-1-down

 

3つ目は週末のことです。

この週末はホストファミリーの兄弟のホッケーの試合と乗馬を見に行き、ダウンタウンを散策しました。韓国の友達とも遊びました。

ホストファミリーは私のことを「家族だと思っているから、何でも自由にしてね」と言ってくれます。家族のイベントにも誘ってくれて、私はとても幸せです。拙い私の英語も理解してくれます。それは友達も一緒で、お互いに理解できるまで、様々な言い方で伝え合っています。

 

短期語学留学vol.9 3-1-down

 

私はこの留学で、臆さずに英語を話し自分の気持ちを伝えることの大切さを感じています。私は英語が得意ではないです。それでも言葉にすることで、正しい言い方を教えてもらえたり、分かりあえたりします。通じあった時の喜びは格別です。あと一週間しかないことが本当に辛いですが、残り時間を大切に楽しく過ごしていこうと思います。

 

現代教育学科2回生 清水亜美

 

【関連記事】

畿央大学短期留学プログラム2019(カナダ)現地リポートvol.8~ホームステイレポート!その2

畿央大学短期留学プログラム2019(カナダ)現地リポートvol.7~ホームステイ&放課後レポート!

畿央大学短期留学プログラム2019(カナダ)現地リポートvol.6~ホームステイレポート!

畿央大学短期留学プログラム2019(カナダ)現地リポートvol.5~ホームステイ編!その2

畿央大学短期留学プログラム2019(カナダ)現地リポートvol.4~ホームステイ編!

畿央大学短期留学プログラム2019(カナダ)現地リポートvol.3~出発編!その3

畿央大学短期留学プログラム2019(カナダ)現地リポートvol.2~出発編!その2

畿央大学短期留学プログラム2019(カナダ)現地リポートvol.1~出発編!

ブログトップへ