畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

2019年03月04日 一覧

2019年3月4日(月)

2019年2月16日(土)から3月7日(木)にかけて、1・2回生あわせて17名の畿央生がカナダのヴィクトリアでの短期語学留学プログラムに参加しています。2週間にわたりホームステイをしながら語学学校で過ごしたあと、3日間バンクーバーを観光して帰国する予定です。

参加学生からのレポート、第12弾をお届けします!

 

こんにちは。現代教育学科1回生の福田奈央です。現在、カナダのヴィクトリアに留学中です。カナダでの生活について報告します。

 

カナダに来て2週間が経ち、初めの1週間は初めてのことばかりで英語もうまく話せず、意思を伝えることが出来なかった私ですが2週目に入ると学校にも慣れてきて英語で会話ができるようになってきました。

27日にはPink Shirt Dayというイベントがありました。カナダの中学校で男子生徒がピンクのポロシャツを着て登校したことでホモセクシャルと間違われいじめが起き、それを知った人がたくさんの人にピンクのシャツを着ようと呼びかけたところ、生徒たちがピンクのものをたくさん身に着けて学校に登校し、以来いじめは起こってないそうです。

 

現地リポートvol.12~Pink Shirt Day!1-1

 

(上の写真のとおり)このイベントを通じて、壁にってあるピンクのTシャツの紙に自分の思いを込めて書き、この活動で違う国の人とも考え方の違いなどを英語で話し合いました。今はまだ自分の意見を正確に伝えることは難しいですが、これから勉強を続けて意思をきちんと伝えられるぐらいまで上手に話せるようになりたいです。

 

現地リポートvol.12~Pink Shirt Day!2-1

 

放課後には友達と人気のカフェを探して行ったり、観光やショッピングをしたりとても楽しい日々を送っています。

 

現地リポートvol.12~Pink Shirt Day!3-2

 

ホストマザーはとてもやさしく、カナダジョークを言ったりして面白く、いつも家に帰ると「Did you have nice day today?」 「What did you do today?」と聞いてくれ、とても話しやすいです。

また同じ留学生の人も自分が目指している職業についており、英語を話せたことで、国による教育内容の違いについて話す機会がありとても有意義な時間を過ごすことが出来ました。

明日ヴィクトリアを出発してバンクーバーに行きますが、この2週間で学んだことを活かしながら楽しく学びたいです。

 

現代教育学科1回生 福田奈央

 

 

【関連記事】

畿央大学短期留学プログラム2019(カナダ)現地リポートvol.11~授業レポート!その2

畿央大学短期留学プログラム2019(カナダ)現地リポートvol.10~授業レポート!

畿央大学短期留学プログラム2019(カナダ)現地リポートvol.9~ホームステイレポート!その3

畿央大学短期留学プログラム2019(カナダ)現地リポートvol.8~ホームステイレポート!その2

畿央大学短期留学プログラム2019(カナダ)現地リポートvol.7~ホームステイ&放課後レポート!

畿央大学短期留学プログラム2019(カナダ)現地リポートvol.6~ホームステイレポート!

畿央大学短期留学プログラム2019(カナダ)現地リポートvol.5~ホームステイ編!その2

畿央大学短期留学プログラム2019(カナダ)現地リポートvol.4~ホームステイ編!

畿央大学短期留学プログラム2019(カナダ)現地リポートvol.3~出発編!その3

畿央大学短期留学プログラム2019(カナダ)現地リポートvol.2~出発編!その2

畿央大学短期留学プログラム2019(カナダ)現地リポートvol.1~出発編!

2019年3月4日(月)

2019年2月16日(土)から3月7日(木)にかけて、1・2回生あわせて17名の畿央生がカナダのヴィクトリアでの短期語学留学プログラムに参加しています。2週間にわたりホームステイをしながら語学学校で過ごしたあと、3日間バンクーバーを観光して帰国する予定です。

参加学生からのレポート、第11弾をお届けします!

 

こんにちは。人間環境デザイン学科2回生の岡田由希です。カナダ短期語学留学2週目の様子を報告します。

 

カナダでの留学が始まり、2週間が経ちました。1週目は、ホームステイ先からのバスでの通学や、英語のみで行われる授業、自分の言いたい事柄を英語で相手に伝えることに慣れず、余裕がありませんでした。学校では自分よりもレベルが高い、色々な国から来たクラスメイトに囲まれ、自分の語学力のなさを痛感し、心が折れそうでした。ですが2週目は、通学や英語に囲まれた生活にも慣れ、クラスメイトとの英語での会話も楽しめるようになりました。会話をする中で、様々な国と日本の文化の違いについてたくさん知れたのも、いい勉強になりました。

 

現地リポートvol.11~授業1-1

 

学校終わりは毎日のように友達と学校の周りを散策し、ヴィクトリアの素敵な街並みを存分に満喫しました。

 

現地リポートvol.11~授業2-2-down

 

ホストファミリーはとても優しく、「自分の家だと思ってね」と言ってくれました。海辺でピクニックをしたり、リビングで家族そろって映画を見たりと、日本とは少し違う生活を体験させてもらいました。学校でできた友達とも、ホストファミリーともお別れしないといけないのは寂しいですが、この留学中にたくさんの人と知り合うことができ、貴重な体験ができたことを嬉しく思います。この留学生活もあと数日になりましたが、1日1日を大切に、楽しんで過ごしたいと思います。

 

人間環境デザイン学科2回生 岡田由希

 

【関連記事】

畿央大学短期留学プログラム2019(カナダ)現地リポートvol.10~授業レポート!

畿央大学短期留学プログラム2019(カナダ)現地リポートvol.9~ホームステイレポート!その3

畿央大学短期留学プログラム2019(カナダ)現地リポートvol.8~ホームステイレポート!その2

畿央大学短期留学プログラム2019(カナダ)現地リポートvol.7~ホームステイ&放課後レポート!

畿央大学短期留学プログラム2019(カナダ)現地リポートvol.6~ホームステイレポート!

畿央大学短期留学プログラム2019(カナダ)現地リポートvol.5~ホームステイ編!その2

畿央大学短期留学プログラム2019(カナダ)現地リポートvol.4~ホームステイ編!

畿央大学短期留学プログラム2019(カナダ)現地リポートvol.3~出発編!その3

畿央大学短期留学プログラム2019(カナダ)現地リポートvol.2~出発編!その2

畿央大学短期留学プログラム2019(カナダ)現地リポートvol.1~出発編!

2019年3月4日(月)

2019年2月19日(火)~22日(金)まで、長野県北安曇郡白馬村の白馬五竜スキー場にて、「スポーツ実習B・Ⅱ」が開講されていました。受講する1回生116名、助力(2・3回生)24名、教員12名あわせて152名が参加しました。実習4日目の様子を学生目線でお届けします!!

 

4日目:2/22(金)

 

冬のスポーツ実習2019(in 白馬村)レポート vol.4 1-1

 

実習最終日がやってきました!

この日は実習で一番天気が良くきれいな景色を見納めることができました。

インストラクターの方に丁寧に教えてもらったおかげで私たちはリフトの乗り降りも緊張していた初日とは比べ物にならないぐらい上手にできるようになり、スキーやスノーボードを滑れるようになりました!

 

冬のスポーツ実習2019(in 白馬村)レポート vol.4 2-1

 

白馬五竜スキー場での最後のお昼ご飯を食べ、レンタルしていたスキーやスノーボードの板や小物を返し、宿に戻り帰りの準備をしました。

この4日間、お世話になったご主人や女将さんに全員でお礼の気持ちを伝え、バスに乗り込みました。ご主人や女将さんは、バスが出てもずっと私たちに手を振ってくれていました。旅館でのご飯は本当においしくて全員残さず食べていました。本当にありがとうございました

 

次の目的地に向かっている途中できれいな景色を見ました。

 

冬のスポーツ実習2019(in 白馬村)レポート vol.4 3-1

 

バスに乗っていた人みんながこの景色を携帯に収めました。大学の近くでは見ることができない景色に私たちは見とれていました。

 

スイス村に到着!

お土産を買ったり食べ物を食べたりしました。

私たちはいちごのソフトクリームを食べました!おいしかったです。

 

冬のスポーツ実習2019(in 白馬村)レポート vol.4 4-1

 

このスイス村の次の休憩場所はもう長野県ではないので、私たちは最後に長野のおいしい空気を吸いこんで帰りました。

 

冬のスポーツ実習2019(in 白馬村)レポート vol.4 5-1

 

スポーツ実習では学部関係なくたくさんの友達ができます。そして実習を通してとても仲良しになれます。サークル以外でこんなに他学部と触れ合う機会は少ないと思います。

また、こんなにも学べて楽しかったのはインストラクターのみなさん、旅館のご主人や女将さん、スキー場の方々、バスガイドさんや運転手さん、助力の先輩方、先生方のおかげです。

 

冬のスポーツ実習2019(in 白馬村)レポート vol.4 6-1-down

 

とても貴重な経験ができました。4日間ありがとうございました!!

 

現代教育学科1回生 谷田沙有加、谷口由唯、谷野仁美

健康栄養学科1回生 三角遥菜

 

【関連記事】

冬のスポーツ実習2019(in 白馬村)レポート vol.3

冬のスポーツ実習2019(in 白馬村)レポート vol.2

冬のスポーツ実習2019(in 白馬村)レポート vol.1

2019年3月4日(月)

2019年2月16日(土)から3月7日(木)にかけて、1・2回生あわせて17名の畿央生がカナダのヴィクトリアでの短期語学留学プログラムに参加しています。2週間にわたりホームステイをしながら語学学校で過ごしたあと、3日間バンクーバーを観光して帰国する予定です。

参加学生からのレポート、第10弾をお届けします!

 

こんにちは!健康栄養学科1回生の西沙耶香です。

カナダでの留学生活が始まり、2週間が経ちました。初めての経験の日々ですが、不安・緊張の連続だった1週目が終わり、2週目はホームステイ・バス通学・学校生活にも慣れてきて、楽しく過ごしています。

 

今週私のクラスではプレゼンテーションが行われました。与えられた熟語について正しい答え、誤った答えを書き、どちらが正しいかを尋ね、例文をあげるというものでした。英語での発表は緊張しましたが、自分も学べて良い経験でした。授業を受けていて、(文法も重要ですが)世界の人々と話すには正しい発音と積極的に会話をすることが何よりも重要だと感じました。

 

現地リポートvol.10~授業1-1

 

放課後にはヴィクトリアの街を散策しました。2週目には、ソフトクリームをチョコレートに入れて固まらせたアイスクリーム屋さん「CHOCOLATS FAVORIS」、チャイナタウンの「BubbleTea」、ケーキ屋さん、お寿司屋さん「AZUMASUSHI」などに行き、とても充実した日々を過ごしました。

 

現地リポートvol.10~授業2-1

 

しかし、金曜日には「Global village Victoria校」を卒業です。最初は緊張をしたり、慌てたりとあまり話せなかったのですが、クラスメイトと毎日話すことで最初より話したり、聞き取ることができるようになり、会話をすることが楽しくなりました。また、国籍・年齢を問わず仲良くなれたので卒業がとても寂しいです。国籍が違っても、英語を共通語にすると会話できるので、もっと英語を学んで様々な国の人々と流暢に話せるようになりたいと思いました。

 

現地リポートvol.10~授業3-1

 

また、金曜日は学校でのお別れでもあり、2週間お世話になったホストファミリーともお別れです。

ホストファミリーは美味しいご飯を食べさせてくれたり、休日や夕食後にボーリングや買い物、教会などに連れて行ってくれたり、聞き取れなかったら分かりやすいように言い換えてくれたりしました。ホストファミリーのおかげで学べたこともたくさんあるので、感謝の気持ちでいっぱいです。学校でもホームステイでも素敵な出会いができて、あっという間の2週間でしたが、とても濃い時間を過ごせました。

 

バンクーバーに移動して、残りの留学生活も楽しみながら学んでいきたいと思います。

 

健康栄養学科1回生 西沙耶香

 

【関連記事】

畿央大学短期留学プログラム2019(カナダ)現地リポートvol.9~ホームステイレポート!その3

畿央大学短期留学プログラム2019(カナダ)現地リポートvol.8~ホームステイレポート!その2

畿央大学短期留学プログラム2019(カナダ)現地リポートvol.7~ホームステイ&放課後レポート!

畿央大学短期留学プログラム2019(カナダ)現地リポートvol.6~ホームステイレポート!

畿央大学短期留学プログラム2019(カナダ)現地リポートvol.5~ホームステイ編!その2

畿央大学短期留学プログラム2019(カナダ)現地リポートvol.4~ホームステイ編!

畿央大学短期留学プログラム2019(カナダ)現地リポートvol.3~出発編!その3

畿央大学短期留学プログラム2019(カナダ)現地リポートvol.2~出発編!その2

畿央大学短期留学プログラム2019(カナダ)現地リポートvol.1~出発編!

ブログトップへ