畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!
助産学専攻科 , 畿央の学びと研究 , 看護医療学科

助産学専攻科の集大成「事例研究発表会」を開催しました~学生レポート

2019年3月11日(月)

平成31年3月4日(月)に第7回助産学専攻科事例研究発表会が開催されました。1年間を過ごしてきた学生から、当日のレポートが届きました!

 

助産学専攻科の集大成である事例研究発表会1-1

 

助産学実習でご指導いただきました臨床指導者・臨床教授・講師の皆様にご参加いただきました。私たち学生8人は、妊娠期から産後1カ月健診まで受け持たせていただいた継続事例で自分たちが行った助産ケアについて、文献や理論を用いて助産診断やケアを振り返りました。8人8様の内容であり、それぞれの思いが溢れる発表となりました。

 

助産学専攻科の集大成である事例研究発表会2-1

 

今回の卒業研究発表会は、私たちの1年の集大成であり、それぞれの事例をまとめるだけでなく、どのように運営していくのかを何度も話し合い、より良い卒業研究発表会になるように試行錯誤しました。

発表当日は、緊張しながらも、一生懸命発表し自身の学びや思いが伝わるように心がけ、無事発表を終えることができました。発表会を通して、指導者さんや先生方から質問やご講評をいただくことで、自身の行った助産ケアを振り返りより深く理解することができたと感じました。

 

今日のように研究発表会を終えることができたのは、実習時よりご指導いただいた臨床指導者・臨床教授の皆様、また学内でもたくさん指導していただいた教員の皆様のおかげだと思います。

 

助産学専攻科の集大成である事例研究発表会3-1

 

これからもそれぞれに課題は残りますが、4月から助産師として働くにあたって忘れてはいけないことは、自分の助産ケアを振り返りより良いケアを行えるように心がけることだと考えました。このような機会を作ってくださったことに感謝いたします。 

 

助産学専攻科 建石一帆 田中来実

 

【関連記事】

新生児蘇生法(NCPR)Aコースを受講しました!~助産学専攻科

「周産期災害演習」を実施!~助産学専攻科

第57回大阪母性衛生学会学術集会 参加レポート~助産学専攻科

熟練助産師による分娩介助の特別講演!~助産学専攻科

フリースタイル分娩を学びました!~助産学専攻科 

【所属カテゴリ】助産学専攻科畿央の学びと研究看護医療学科

ブログトップへ