畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!
学生広報スタッフblog , 現代教育学科 , 畿央の学びと研究

英語スピーキング力向上事業「レアジョブチャレンジ」最終報告会編~現代教育学科

2019年3月22日(金)

こんにちは!現代教育学科4回生の下坊美月(レアジョブチャレンジ学生サポーター)です!

平成31年3月20日(水)、オンライン英会話を活用した英語スピーキング力向上事業、通称「レアジョブチャレンジ!」の参加者による最終報告会が行われました。その内容について報告させていただきます。

このプロジェクトは、2018年度畿央大学教育改革事業として大学からの支援を受けて行われており、教育学部現代教育学科の中学校・高等学校教諭一種免許状(英語)の取得を希望している1回生から3回生を対象に、オンライン英会話を使って英語スピーキング力の向上をめざすというものです。参加する学生は12月中旬からの3ヶ月間、毎日25分、英語講師とマンツーマンで株式会社レアジョブが提供するオンライン英会話を行います。

 

●過去にも関連記事をブログ投稿させていただいていますので、是非ご覧ください!

 

12月から始まったこのプロジェクトですが、3月15日(金)に全員が受講期間を終えました。今回の最終報告会では、3ヶ月間で感じた学生自身の成長や反省点などをプレゼンしてもらいました!

 

レアジョブチャレンジ1-1

 

参加した学生の発表を聞いていると、普段の学習では使えているはずの文法や単語が英会話だと出てこないという葛藤や、間違えることが怖いという語学を学ぶ上で誰もがぶつかる壁を話してくれる学生もいました。しかし、毎日英会話を続ける中で、あえて失敗を恐れずに話し続けることで話せる内容が増えていたことや、いつの間にか積極的に英語を話せたり、英会話を楽しいと思えるようになっていたりすることに気付けた学生も多くいました。

 

また、毎日25分のレッスンとポートフォリオの記入時間を考えると、1回の受講につき1時間ほどの時間を取る必要があります。この時間を確保することから、英語の勉強に関わらず、継続して学習を続けることの難しさと大切さを学ぶこともできたようです。

 

レアジョブチャレンジ2-1

▲なんとこの3人は全90回のレッスンのうち8割以上の受講回数を達成しました!

 

3ヶ月間のオンライン英会話で英語力が飛躍的に伸びることはありません。もしかしたら学生の中には、これだけしか変化がないのかと落ち込んだ人もいるかもしれません。しかし、参加者のみなさんがこの3ヶ月間で気付いた英語で会話する楽しさはこれからの英語力を伸ばすことに必ずつながると私は信じています!

このプロジェクトはもう終わってしまいますが、この機会を得たことでみなさんが英語を通してもっといろんなことにチャレンジしていけることを願っています!これからも頑張ってくださいね!

 

この取組は、2018年度畿央大学教育改革事業の助成を受けたものです。この場を借り関係の皆様に御礼申し上げます。

 

現代教育学科4回生 下坊美月

 

【関連記事】

英語スピーキング力向上事業「レアジョブチャレンジ」インタビュー編その2~現代教育学科

英語スピーキング力向上力事業「レアジョブチャレンジ」インタビュー編その1~現代教育学科

英語スピーキング力向上事業「レアジョブチャレンジ」中間報告会レポート~現代教育学科

英語スピーキング力向上事業「レアジョブチャレンジ」事前説明会レポート~現代教育学科

【所属カテゴリ】学生広報スタッフblog現代教育学科畿央の学びと研究

ブログトップへ