畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

2019年04月05日 一覧

2019年4月5日(金)

看護医療学科では、2019年4月4日(木)と5日(金)の2日間、今年度も弘法太子で有名な高野山の宿坊・別格本山普賢院にて宿泊研修を行いました。12期生である新入生95名、教員11名と11期生である2回生の支援学生10名の合計116名が参加した2日目のレポートです!

 

 

~2日目:4月5日(金)~

2日目もお天気で、すがすがしい1日の始まりとなりました。6時30分からの朝の勤行には20名が集まりました。そのあとは朝食です。

 

▼朝食会場の様子

2019年度 新入生宿泊研修レポートvol.1~看護医療学科~2日目1-1

 

 

セッションⅤ:グループワーク・発表資料作成

祐實先生のPCについての諸注意のあと、研修テーマ「いのちとこころ」について理解したことをディスカッションしました。また、ディスカッションを通して理解したことを各グループでまとめてもらいました。

 

▼グループワークの様子

2019年度 新入生宿泊研修レポートvol.1~看護医療学科~2日目2-1-down

 

セッションⅥ:グループワーク発表会と表彰

発表は、各クラス2グループの8グループが各7分で行いました。

昨日の高野山大学の山脇雅夫教授の講演と、大学のキャッチコピーである ”やさしさを「チカラ」に変える。” をキーワードに、グループそれぞれが「やさしさとは」「看護師とは」「いのちとは」「こころとは」や、報告・連絡・相談(ホウレンソウ)や時間厳守の大切さなどについても、しっかりと発表してくれました。また、新入生は、支援学生や普賢院の方々への感謝の気持ちや自己の現在における感謝まで話してくれて、私も大変感激してしまいました。

さらに、昨日の散策も様子も楽しそうに発表してくれました。世界遺産にも登録されている高野山の風景を探すことができ、満喫したようです。

 

最後は、全員の投票によって優秀なグループが選出され。支援学生は、1位「4B」、同2位「2A」「2B」の各グループを表彰してくれました。また、「チームワーク賞」「Near Time賞」「芸術点高め賞」「フォトジェニック賞」「パワーポイント賞」も設けてくれて、表彰してくれました。

 

▼ グループワーク発表会の様子

2019年度 新入生宿泊研修レポートvol.1~看護医療学科~2日目7-1-down

 

最後に、担任のコメントと河野学科長から総括していただき、新入生にとって門出にふさわしいお話となりました。

2019年度 新入生宿泊研修レポートvol.1~看護医療学科~2日目13-1

 

今回の研修が、これからの大学生活の一助になればと願っています。

 

全体写真のあと、昼食を食べて、ついに帰宅となりました。お味も美味で、大満足の2日間でした。

最後に、パチリ!!!

そして。バスに乗って、帰ります。

 

2019年度 新入生宿泊研修レポートvol.1~看護医療学科~2日目14-1

 

山脇先生の1つ1つのお言葉に私自身も感激しました。素直な感性を大切にして、山脇先生がおっしゃった言葉の意味を学生と一緒にこれからも考えたいと思いました。

2019年4月4日(木)と5日(金)の2日間にわたった新入生宿泊研修は、特に問題なく終了し安堵しています。この研修のセッションでのグループワークを通して、学生は、「いのちとこころ」について深く考え、看護師になるために、今から自分たちは何をすべきかということ、どんな看護師になるかということ、を語り合いました。そして、人にやさしくすること、人からのやさしさに気づくことを学び、また、支援学生からのサポートに感謝するとともに先輩との絆も深めていました。最後になりましたが、今回の研修に多大なるご理解とご協力を賜りました山脇先生、普賢院の皆様、支援学生さん、企画運営してくださった先生方に厚く御礼申し上げます。

 

看護医療学科 1年生担任代表(鷲尾弘枝)

 

【関連記事】

2019年度 新入生宿泊研修レポートvol.1~看護医療学科1日目

2019年4月5日(金)

看護医療学科では、2019年4月4日(木)と5日(金)の2日間、今年度も弘法太子で有名な高野山の宿坊・別格本山普賢院にて宿泊研修を行いました。12期生である新入生95名、教員11名と11期生である2回生の支援学生10名の合計116名が参加しました。

 

~1日目:4月4日(木)~

朝9時に大学に集合し、バスで高野山へ向けて出発!

 

セッションⅠ

支援学生の進行に沿って、バスごとにゲームを行いながら、和やかなムードで始まりました。途中、紀ノ川にある道の駅で休憩して、約2時間30分で世界遺産の高野山に到着しました!

 

表1

 

 

ひんやりと寒いですが、天気は良く、とてもすがすがしい日でした。そして、大広間に集合し、河野学科長と松本先生から挨拶と説明をいただきました。 

                                                                                                                             

▼写真左:河野学科長、写真右:松本先生

新入生宿泊研修レポートvol.1~看護医療学科2-1-side

 

セッションⅡ-part1:クラス会

その後、クラス会が行われました。クラス別に円陣になり、自己紹介や自己アピールを行って、一気に新しい元号である「和」やかな雰囲気になりました。

                                                                                             

 ▼クラス会の様子

新入生宿泊研修レポートvol.1~看護医療学科4-2-down

 

セッションⅡ-part:高野山散策

クラスでグループに分かれて、高野山マップを参照に自由に散策です。お土産をみたりアイスを食べてたりしている学生さんもちらほら…。満面の笑顔で帰ってきました。    

                                                                            

▼高野山を散策中の一コマ

ひょう4

 

セッション:講演会

最初の研修です。山崎学科主任の進行で始まりました。  

                                                                                                                                 

hyou66

 

今年は、“人と向き合うこと”がテーマで、高野山大学の山脇雅夫教授が、先生自身の肉親の病気や死を通して感じた物として扱われる悲しみや孤独、そして、人の悲しみの横にいるということ、気持ちを受け止めるということ、その「優しさ」の大切さをお伝えくださいました。そして、講演後は、講義をヒントに、2回生の支援学生が各グループに入って、

 

Q1 やさしさとは、共感することとは、それらにとって大事なことは何か?

Q2 プロフェッショナルとして、仕事をもって、やさしくするとは、どういうことか?

 

 

をテーマに、さまざまな意見を出し合いました。

 

▼公演中の山脇雅夫教授

333333

 

最後に、山脇先生は、愛の反対は憎しみではなく、無関心である。相手の立場に立つには、相手にとっていいこと、大切なことを見極めること、知っていることが大切であることをお伝えくださいました。続いて、河野学科長から、やさしさはいろいろあるが、自分なりの考えを持つことが大事であることをお話しくださいました。

 

こうえん

 

そして、昼食です。皆そろって食べました!なんとメンチカツが出ました!

 

ytu75685675

 

 

セッションⅣ:11期生の語り

夕食をはさんでまだ研修が続きます。司会は乾先生です。

支援学生さんの基礎看護学実習の体験談を聴いて、「いのちとこころ」について話しました。2回生の発表内容を、新入生は真剣に聴いていました。それぞれの支援学生が実習を通して成長している様子を知ることができ、その語りに、聴いていた教員も胸が熱くなりました。

 

▼司会の乾先生

4444

 

 

話題を提供してくれたのは、11期生の川原くん、岡原さん、大西くんです。セッション終了後にパチリ。

555

 

本日は、その後、「夢を力に」をテーマに作文を書いて、入浴・就寝となりました。学生は寝るのがもったいなく、長~い夜を満喫し、新しい学友と親交を深めたことと思います。

2日目の新入生宿泊研修レポートをお楽しみに!

 

看護医療学科講師 鷲尾弘枝

ブログトップへ