畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

2019年09月01日 一覧

2019年9月1日(日)

8月31日(土)から19日間

イギリスで行われる夏期短期語学留学プログラムに参加!

 

畿央大学の短期語学留学プログラムは、毎年夏休み期間中に行われます。英語学習はもちろんのこと、英国文化に触れることができ、博物館見学や美術館での美術鑑賞、サッカー観戦、コンサートなど課外アクティビティを自分で計画して、イギリスでの生活を満喫することもできます。

 

【畿央大学夏期短期語学留学プログラム2019概要】

場  所:イギリスのカンタベリー(ロンドンの南、車で2時間程の場所にあります)

研修場所:コンコルドインターナショナルスクール

期  間:2019年8月31日から19日間

内  容:2週間英語学習(ホームステイ滞在)、その後5日間のロンドン文化体験(観光等)

では、夏期短期語学留学の日々の様子を参加学生にリポートしていただきます。

 

 

こんにちは、教育学部1回生の小椋鈴音です。現在、イギリスのロンドンに留学中です。こちらの生活をリポートします。

イギリスにきて最初の朝を迎えました。朝食はホテルのバイキングで済ませ、チェックアウトをした後、全体の集合まで時間があったのでホテルの周りを散歩しました。昼間とは違い朝はとても冷えますが、森林が多いロンドンはとても気持ちがよかったです。開いているお店は少なかったですが、日本では見られないようなお店の壁の色、造りを見ることができ、散歩するだけでも十分楽しむことができました。全員集合するとホテルの近くの公園に向かいました。そしてイギリスで生活するうえでの注意事項を聞きました。日本とは違い、スリがとても多いイギリスでは最近スマートフォンを狙う人が多いそうです。写真を撮る時やマップを見るときは操作しない手でしっかりとスマートフォンを支える必要があります。ATMも室内ではなく、外にある場合が多いのでお金を引き出すときは要注意です。

 

畿央大学夏期短期語学留学プログラム2019現地リポートvol. 2 1-1

▲歩行者優先横断歩道(オレンジの丸い物が光る)

 

次に実際に外国の方に自己紹介をしました。しっかりと相手の目を見て話すことと、自信をもって話すことが大切です。ホストファミリーや実際に通う大学の友達とコミュニケーションをとるために今のうちから気を付けておこうと思いました。次に大英博物館に行き、そこでチームごとに分かれて展示品の発表を英語でする活動が行われました。各チームの発表を聞くことで改めて、イギリスに来た目的を再確認し、様々なことを吸収して日本に帰ろうと思いました。

 

その後、昼食を済ませロンドンから2時間ほどバスに乗り、2週間お世話になるホストファミリーに会うためカンタベリーというところに向かいました。ついにこれからホームステイが始まります。ホストファミリーはとても優しく私に声掛けをしてくれます。不安なこともありますがそれよりもわくわくした気持ちのほうが大きいです。たくさんのことを吸収してこようと思います!!

 

畿央大学夏期短期語学留学プログラム2019現地リポートvol. 2 2-1

▲大英博物館

 

現代教育学科1回生 小椋鈴音

 

【関連記事】

畿央大学夏期短期語学留学プログラム2019(イギリス)現地リポートvol. 1

ブログトップへ