畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!
畿央の学びと研究 , 看護医療学科

海外インターンシップ2019 in オーストラリア報告会!~看護医療学科

2019年10月7日(月)

2019年10月5日(土)、看護医療学科の海外インターンシップ研修の成果発表会を行いました。

 

▼発表前の様子(午前中、河野学科長からの差し入れをいただきながら、パワーポイントの修正をしました。)

看護医療学科 海外インターンシップ2019 in オーストラリア 帰国後に報告会を開催!1-1

 

12時からL301講義室で、2019年海外インターンシップ研修報告会を行いました。

 

▼2019年海外インターンシップ研修報告会スタート

看護医療学科 海外インターンシップ2019 in オーストラリア 帰国後に報告会を開催!2-1

 

発表内容は、主に8日間で訪れた施設(Blue Cross Livingstone GardensLa Trobe大学BECCオースティン病院)やJulieさんの講義についての概要と学びについて発表を行いました。Blue Cross Livingstone Gardensでは、「個別性を大切にし、患者さんの生活や価値観を尊重すること、時代背景を捉えて支援すること、世代間交流について」、La Trobe大学では、「日本のような受け身という授業形態とは違い、学生が主体となった授業であるという違いについて」、BECCでは、「身体拘束や認知症の患者に対してのケアについて」、オースティン病院では、「多民族国家であることから、イスラム教徒の礼拝のためのスペースや、手を洗う場所が完備されているなど、スピリチュアルを大切にすることの取り組みについて」、Julieさんの講義では、「ACPや緩和ケア、終末期ケアについて」の学びを発表しました。

 

▼訪問先にて

看護医療学科 海外インターンシップ2019 in オーストラリア 帰国後に報告会を開催!3-1

 

この報告会に学長、学科長をはじめ、看護医療学科の先生方、昨年度に海外インターンシップ研修に参加した先輩を含む学部生、合計24名の方々にご参加いただきました。たくさんの方にご参加いただき、嬉しく思いました。発表は緊張しましたが、私たちが8日間で学んだことを伝えることができたと思います。

 

▼質疑応答の様子

看護医療学科 海外インターンシップ2019 in オーストラリア 帰国後に報告会を開催!4-1

 

発表終わりには、質疑応答の時間を設け、冬木学長を含む3人の先生方から質問・コメントをいただきました。学長から、「オーストラリアと日本の違いについて気づいたことは何か」という質問をいただき、その時は、気づいたことはいろいろあったけれど、言葉にすることがなかったため、改めて考えるきっかけになりました。一番驚いたことは、「オーストラリアでは、家族サービスを大切にしていることで、平日はスーパー以外の店は開店するのが遅く、閉店するのが早いこと」が日本とオーストラリアの生活スタイルの相違点だと回答しました。

 

この報告会をもって海外研修を無事終えることができました。

研修を通して、高齢者との世代間交流の実際と意義、メルボルンの高齢者ケアや緩和ケア、オーストラリアの保健・医療・福祉制度について学ぶことができました。

海外研修で学んだこと、経験したことをこれからの学習に活かしていきたいです。

 

                        看護医療学科2回生 胡内千智

 

【関連記事】

看護医療学科 海外インターンシップ2019 in オーストラリア 現地レポートvol.6(教員総括)

看護医療学科 海外インターンシップ2019 in オーストラリア 現地レポートvol.5

看護医療学科 海外インターンシップ2019 in オーストラリア 現地レポートvol.4

看護医療学科 海外インターンシップ2019 in オーストラリア 現地レポートvol.3

看護医療学科 海外インターンシップ2019 in オーストラリア 現地レポートvol.2

看護医療学科 海外インターンシップ2019 in オーストラリア 現地レポートvol.1

【所属カテゴリ】畿央の学びと研究看護医療学科

ブログトップへ